会社の肩書きで下級の人が上の人の代理をする時、「心得」というのを使うそうですが、なぜこの言葉が使われるようになったのか知りたいです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2001/09/11 08:49:38
  • 終了:--

回答(1件)

id:immigrate No.1

immigrate回答回数498ベストアンサー獲得回数02001/09/11 10:42:09

国語辞典からの抜粋です。残念ながら肩書の由来そのものはなかったのですが、おそらく役職について多少のたしなみ、技術、考えを身に付けている者=心得ている者が代わりを務めるという意味で、このような肩書きになったのではないでしょうか。

こちらの文章内に「例えば「課長心得」といえば、名刺に刷る肩書きは課長ですが待遇は課長代理、つまり給料は課長代理だが課長の仕事をしなさいというものです」とあります。詳しいルーツまで紹介されていませんがご参考になればと思います。

id:honeycomb

ありがとうございます。先日の我が社の人事異動でこの言葉が使われ、気になっていました。由来はおそらく「心得ているから」でしょうね。就職セミナーも参考になりました。

2001/09/11 22:53:12

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません