柿本人麿の「ひんがしの野にかぎろいの・・」という有名な歌の「野」の読みについて、ずっと「ぬ」と覚えていたのですが、今では「の」と読むのが正しいそうです。一体、いつから、どういう根拠にそのようにそのようになったのか教えていただきたい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2002/05/03 16:01:40
  • 終了:--

回答(1件)

id:yusuke No.1

yusuke回答回数911ベストアンサー獲得回数02002/05/07 17:55:29

ポイント40pt

Infoseek の国語辞典で「野」で検索してみてください。

377件Hitしますが 3件目に 「ぬ(野)」とあります。

そこの説明では、

「の」を表す万葉仮名「努」「怒」「弩」などを、近世の国学者が「ぬ」を表すものと誤解してできた語。

万葉集の訓読や和歌などに用いられた。

例えば、「東の野にかぎろひの/万葉 48」

とあります。

一体いつから 「の」と読むようになったのかは分かりませんが、

「ぬ」と読んでいたのは国学者の誤解から生まれたという ことでしょうか。

答えになってます?

id:axwgt

国学者もとんだことをしてくれるものですね。いずれにしても決定的とは言えないまでも長年の疑問が氷解しました。枕を高くして寝ましょう。

2002/05/07 19:05:25

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません