甘い物を食べるとどうして罪悪感があるのでしょう。そのへんが解説されているサイトがありましたら、教えてください。よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2002/09/12 16:46:46
  • 終了:--

回答(2件)

id:opponent No.1

opponent回答回数1876ベストアンサー獲得回数72002/09/12 17:06:15

ポイント25pt

カロリー計算によるダイエットの落し穴

「しかし、もっと怖いのは、栄養失調の状態のままで、錠剤に加工されたダイエット薬、サプリメントなどの高カロリー、高糖分の食事を続けることです。逆に肥満を招くだけでなく、ビタミンやミネラル、ミネラルでも超微量なミネラルが極端に不足しがちになります。ミネラルが不足すると、ストレスに弱くなり、精神的に不安定になります。この不安を解消するために、無意識に甘いものや、酒を口にしようとする悪循環に陥るのです」

やけ食い・気晴らし食い

「イライラすると無意識に甘いものに手が伸びたり、やけになったり、たまの気晴らしに死ぬほど食べたり飲んだりしてしまうあなた!ストレス社会を生きている以上、何かにはけ口を求めてしまうのは当然の事です。ただ、食べ過ぎてしまった事が、またストレスになっていませんか?」

食欲調節機構の乱れ/過食の陰に食欲中枢の異状あり

「また、ストレスが加わると満腹中枢に何らかの影響をきたし過食になることも、様々な研究から報告されています。

さらに満腹感を感じているのに、つい食べ物を口にする人がいますが、これは満腹感という信号を無視することになります。

こんな状態を続けていると、食欲中枢が狂ってしまい、いくら食べても満腹感を感じられない体になってしまいます」

 これが原因? 罪悪感というより、イライラして無意識に甘いものを食べてしまった自分に対する嫌悪感とか。

 ちなみに、食後、すこし甘いものを食べたい気分になりますね。そんなときビタミンCがたくさん含まれている果物を食べてみて下さい。たちまち甘いものを食べたい気分が収まります。それは昔、甘いものというと果物くらいしかなかったからなんです。実は、体は果物の方を求めているんです。

 ビタミンCが含まれない甘いものを食べてしまったら、何の意味もないどころか、体に余計な負担がかかってしまいます。

id:usako No.2

usako回答回数113ベストアンサー獲得回数02002/09/12 17:06:24

ポイント25pt

罪悪感

甘いもの、っていうのでもないんですけど、この方の説明にはフムフムと思いました。

「罪悪感

 食べて罪悪感を感じるものには2つの種類が有って、

 -食べるものに愛着が有るために食べて罪悪感を感じる(自分で育てた野菜とか、目の前でさばかれた生きた魚とか)。

 -食べると自分の身体に悪いので、罪悪感を感じる(高カロリーの物とか、添加物が沢山は言っている物とか)。」

 甘いものの場合は後者でしょうね。

「彼女たちの多くは食べることに罪悪感があって、自分はもっと理性的なはずなのに、どうしてこんなに食べてしまったんだろうと、自分を罰して、鬱病になり、そしてまた食べてしまうんです。」だそうです。

「チョコは太る!」「チョコを食べるとニキビが出来る!」

「虫歯になる。」

ゆえに、食べたいけれど…なにか罪悪感が付きまとう…

それがチョコレート。

結局、自分の体にとって悪いことをしている…という罪悪感なんでしょうか?

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません