平成16年から皮革製品(特に靴)が自由化にねると言われておりますが、詳しく調べたいと思います、よい方法を教えて下さい

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/02/13 10:17:24
  • 終了:--

回答(2件)

id:watal No.1

watal回答回数130ベストアンサー獲得回数02003/02/13 12:13:06

ポイント60pt

http://www.tcj.jibasan.or.jp/index.html

日本タンナーズ協会 Web Site

日本タンナーズ協会のページです。

残念ながら平成16年に関する資料は見当たりませんでしたが、皮革・靴業界の自由化に対しての取り組みが「協会年表」に詳しく記されています。

http://www.meti.go.jp/policy/tariff/page1.htm

平成18年度関税割当の概要

経済産業省関税割当制度(TQ)のページです。

今後の税率引き下げスケジュールも掲載されていますが、平成16年度は出ていないようですね。

本年度の割り当てについては、

「平成14年度の皮革および革靴の関税割当てについて」(PDF)が詳しいです。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/wto/

外務省: 世界貿易機関(WTO)

おそらく「自由化」はWTO新ラウンドによる

TQ枠の存続問題なのではないでしょうか。

WTO新ラウンドに対する情報(外務省)。

他に、経済産業省

もありました。

革靴のセーフガード発動云々については

日本共産党が積極的なようですね。

id:haruomi

ありがとうございました。

2003/02/13 17:14:17
id:myucline No.2

myucline回答回数421ベストアンサー獲得回数02003/02/13 17:09:59

ポイント60pt

http://www.mof.go.jp/singikai/kanzegaita/giziroku/kana141202.htm

関税・外国為替等審議会関税分科会(14.12.2)議事録

平成12年には加工再輸入減税制度の対象品目から外されていた靴が(閣法第22号)平成16年からは対象品目になるということなんですね。

どういった事をお調べになりたいのでしょうか。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません