低音体質です、いかにして体温を上げたらよいのですか、体験者のコメント聞かせてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/02/17 23:55:03
  • 終了:--

回答(3件)

id:sakurasaka_y No.1

sakurasaka回答回数12ベストアンサー獲得回数02003/02/18 00:12:30

ポイント40pt

私としては半身浴がお勧めです。

ポイントは、ぬるめのお湯に長時間浸かる事。

熱いお湯だと一時的にしか暖まりません。

のぼせないように気をつけながら、本など読んでみてはいかがでしょう?

http://www.asimomi.jp/bus.htm

上手な下半身浴とは

こちらも半身浴の説明。

id:pha No.2

pha回答回数8ベストアンサー獲得回数02003/02/18 00:14:59

ポイント10pt

AVA(動静脈吻合)を開くようにするとよいですよ。

具体的には首をあっためる。マフラーなどが効きます。

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 baggins 144 130 3 2003-02-18 06:37:00
  • id:whitecat
    治療者としての経験から

    はじめまして。
    私は、都内で治療院を営むあ・マ・指の国家資格免許を所得している有資格者の治療師です。
    いつも治療の対象としていますのは、どちらかといえば整形外科的な腰痛や肩こり、膝の痛み、外反母趾などの治療を中心としてやっております。
    それと言いますのも、整形外科の最新の関節の治療技術、AKA(関節運動学的アプローチ)というものをおこなっている関係上なのですが、しかし、面白いことに今回ご質問をいただいていますような低温体質の方が随分と改善されていくことを何度も体験しております。
    今の、西洋医学が大きく見落としている点に、関節の機能異常がもたらす内科への影響の大きさがあると思います。血行障害や神経機能障害が関節の機能異常によっても起きることが多々あるという現実をもっと知っていただきたいと思うのです。ひどい生理痛なでも、骨盤の関節「仙腸関節」の機能異常を治すだけで劇的に改善されるケースが多々ございます。単に、食生活や生活習慣だけの問題だけではないということを私自身治療を通して身をもって経験しております。
    ただ、関節の治療と言いますと問題がありますのは、皆さんが直ぐに思いつくのが整体やカイロなどの関節を鳴らすような治療法だと思います。
    確かに、そういった治療で内科的にも改善されたという話はよく耳にします。
    しかし、そういった成功例をはるかに凌ぐ大きな事故が多発している現実をご存知の方は殆どいないと思います。そういうマイナス面は誰も公表しないからです。また、そういった民間療法と称するものは無資格で誰でも思い立ったその日から出来るものです。その上に、関節の扱い方が非常に乱暴であり方法そのものに大きな欠点を秘めております。たとえ有資格者が治療院や接骨院でやっていても、事故が起きているという現実をお知りおきください。
    また、私は関節の治療だけではなく直流電気を主体としたちまたにはまだ出回っていない特別な電気治療もあわせておこなっております。(きちんとした医療機器ですのでご安心ください。)
    目的としましては、電子を大量に体に供給することを目的としています。
    そうすることで、理論的にはあらゆる病気を引き起こす元となっている活性酸素(フリーラジカル)を電気的に消すことが可能となるのです。そうすることにより、その方が本来持っている体を自分で治す力を発揮しやすくする環境を整えることが出来るというわけです。一般の方達にはわかり易いように「マイナスイオン電気療法」と言っていますが、骨折した箇所が3分の1位の時間で修復されたり、炎症が短時間で消失したりと驚くような治療効果を多々得られております。また、指圧治療もあわせておこなっています。
    関節、筋肉、細胞と3つの方向から同時に治療する方法をとっていまして、その結果として大変面白い内科的な変化を何度も体験させていただいています。
    ご質問にありますように、低体温で悩む方にも何人もの方に喜んでいただいておりまして、もしご参考になればと思い回答させていただきました。

    基本的に「体質を改善する。」などという事は医学的にはありえないことだと思います。むしろ、本来持っている自らの力を阻害しているものを取り除く事を考えるほうがより現実的であり、真実に近いものだと私は考えています。
    あえて、私が「自然治癒力」という言葉をここで使わないのもこの言葉自体が医学用語でもなんでもない造語であり、近年、実に安易に使われる極めて怪しい言葉だからです。遺伝的な要素で決まってしまっている体質というものが殆どである以上、何か、健康食品を食べたら、何かサプリメントを飲んだら体質が変わるなどということはお考えにならないほうが賢明だと思います。極めて非医学的、非科学的な話ですので、くれぐれも騙されないようになさってください。
    もしその程度のことで、体質が簡単に変わるのならば恐ろしくて海外旅行に行って外国で食べ慣れない食材を口に入れることなど出来なくなってしまいます。常識的に考えておかしいなと思ったらだいたいは物を売らんかなの「嘘」が多いとお考えになって大丈夫と思います。
    ご参考になれば幸いに思います。

    ペインクリニカルセンター

    http://www.painclinical.com

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません