新築賃貸マンションに入居2週間で、床下浸水が発覚。原因はお風呂の追い炊きの配管ミス。現在1cm程、コンクリートの上に水が張っています。配管の修理は終わりましたが、床を全部剥がして乾かし、フローリングを張りかえるため、工期の1ヶ月間は別の場所へ引越しします。建築会社が諸経費を全額負担すると言っていますが、ともかく後々のトラブルが気になります。法的書類の提出や、司法書士に相談した方がよいと聞きますが、このマンションには10年以上住まないと思います。とはいうものの2、3年後の家財のカビや病気が心配です。具体的にどのような書類を提出させた方がよいのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/04/29 15:39:03
  • 終了:--

回答(2件)

id:opponent No.1

opponent回答回数1876ベストアンサー獲得回数72003/04/29 15:57:40

ポイント25pt

 このケースは示談書が適切ではないでしょうか。上に挙げた例は派遣労働の場合ですが、示談の形式に関してはこの派遣労働のケースと同様に扱えばよいと思います。

 司法書士と申しましても、取り扱う業務があまりにも広いので、司法書士であればよいというわけではありません。場合によっては弁護士を頼む方がよいかもしれません(着手金は高くなりますが)。

 マンション契約のトラブルに詳しい弁護士、ないしは司法書士を捜して、万全を期すならば、和解調書・公正証書などを取り交わしておけば、後々のトラブルは避けられる可能性が高まりますよ。もちろん、和解調書・公正証書に遺漏があっては困りますが。

id:opponent No.2

opponent回答回数1876ベストアンサー獲得回数72003/04/29 17:30:54

ポイント25pt

欠陥マンション概要

 トップページはもう閉鎖されているようですが、これが示談の実例。業者が示談書の内容を偽造したケースのようです。こんな示談に応じてはいけないという見本。

解決!示談

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません