平成14年度の生涯教育の市場、IT教育の市場がわかるサイトを教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/05/16 15:09:58
  • 終了:--

回答(2件)

id:acoaco No.1

acoaco回答回数574ベストアンサー獲得回数92003/05/16 20:31:53

ポイント60pt

http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/02number/200302/02data.html

読売ADリポート ojo:adv.yomiuri

[学習意欲の向上が市場拡大に]

 生涯学習への意欲は高まっているが、長引く不況を反映して自由時間関連支出は減少傾向(総務省家計調査)で、カルチャーセンターやスポーツクラブの一人当たりの支出も下がっている。

 しかし、ライフデザイン研究所の調査(注1)によると、今後お金をかけたい余暇活動として「習い事、自己啓発」と答えた人は女性の36.5%を占め、これは「旅行」「友人などとの外出・外食」「コンサート、観劇・映画鑑賞」に次ぐ高スコアである。男性は16.0%とやや低いが、博報堂の調査(注2)では、「生涯学習に今後お金をかけたい」と考える人は男性50〜64歳で22.7%(「現在かけている」は14.5%)という結果が出ている。これから人口の多くを占めるようになる男性シニア層が大きな市場となることは間違いない。]

[生涯学習は工夫次第で魅力のあるマーケットになるだろう。 ]

とあります

http://www8.cao.go.jp/survey/h11/gakushu/index.html

生涯学習に関する世論調査

こちらはご参考までに。データです。

id:porikent

とてもよくわかるサイトでした。

ありがとうございました。

他にもあったらよろしくお願いいたします。

2003/05/19 10:11:18
id:eikoku No.2

eikoku回答回数69ベストアンサー獲得回数02003/05/19 05:23:02

ポイント50pt

「平成14年版情報通信白書」の「第1章・第2節・(5)eラーニング市場」の項に、生涯教育の市場規模予測が掲載されています。IT教育についても、情報白書の中に明記されているかもしれません。

id:porikent

ありがとうございました。

よくわかりました。

2003/05/20 21:23:58

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません