「理想を放棄することにより、人は老いる。信念を持てば若くなり、疑念を持てば老いる。自信を持てば若くなり、恐怖心を持てば老いる。希望を持てば若くなり、絶望を持てば老いる。老兵は死なず、ただ去り行くのみ。」これは誰の言葉なんですか?知恵ある人、教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/06/04 11:41:13
  • 終了:--

回答(7件)

id:eikoku No.1

eikoku回答回数69ベストアンサー獲得回数02003/06/04 11:43:54

ポイント15pt

http://www.nurs.or.jp/~academy/meigen/ijin14.htm

ガイウス・ユリウス・カエサル

日本占領連合国最高司令官だった「ダグラス・マッカーサー」の言葉らしいです。

id:sistaharuka No.2

sistaharuka回答回数34ベストアンサー獲得回数02003/06/04 11:47:33

ポイント15pt

おそらく、マッカーサー元帥が時の大統領トルーマンによって解任され、帰国した後にアメリカ国会で演説した時の言葉でしょう。

id:tokugawa No.5

tokugawa回答回数49ベストアンサー獲得回数02003/06/04 12:03:12

ポイント14pt

http://www007.upp.so-net.ne.jp/togo/human/ma/douglasa.html

ダグラス・A・マッカーサー

太平洋戦争に日本が負けて、連合国占領軍の最高司令官、マッカーサー元帥の言葉です。引退する時に、アメリカ議会で発言した言葉です。因みに、戦争当初、日本軍の攻勢によりフィリピンから撤退するときに「I SHALL RETURN」との名言もあります。

ターミネーターの「I WILL BACK」は、これの捩りです。(たぶん)

id:opponent No.6

opponent回答回数1876ベストアンサー獲得回数72003/06/04 14:59:38

ポイント14pt

戦争について

老兵は死なず、ただ消え去るのみ。

(Old soldiers never die; They only fade away.)

by 作者不明

【トルーマン大統領に解任されたマッカーサーが最後の演説の結びに用いたのがこの句。ちなみに、彼のオリジナルではない。これは第一次大戦中に流行った兵士達の俗謡、戦陣歌の一節である。また、不気味なユーモア漂う下の言葉もこれと同時期の戦陣歌である。】

http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Kaigan/7217/

CLUB 50s' 昭和30年前後うまれの人 Welcome & Contents Page

CLUB 50s’ 昭和30年前後うまれの人 Welcome & Contents Page

 左フレームの「あの時代」→ページ下部の「4 老兵は死なず」

【「有名な言葉があったわよね。『老兵は死なず。ただ消え去るのみ』…」】

【「マッカーサーのこの言葉にはね、元になった歌があるんだ」

「マッカーサー元帥のオリジナルじゃなかったの?」

「第一次大戦のさなかに、前線の兵士達のあいだで歌われていた戦陣歌があったんだ」

「何だ、軍歌かあ」

「国や軍隊が採用した軍歌とはちがうよ! 兵士達のあいだで流行っていた俗謡なのサ。

     そのなかの一節にこの文句があったんだな。

     Old soldiers never die; They only fade away.

     マッカーサーはアメリカ議会で、これを引用したんだよ」】

 戦陣歌に「理想を放棄……絶望を持てば老いる。」という部分が含まれていたかどうかはわかりませんが。

参考:

Gen. Douglas MacArthur: ’Old soldiers never die; they just away’

(帰国後に召還された米議会・上下両院合同会での、辞任スピーチ全文)

id:adlib No.7

adlib回答回数1983ベストアンサー獲得回数1232003/06/04 18:12:36

ポイント14pt

 19510411 連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥、解任。

 19510419 アメリカ上下両院合同会議での引退講演(34分)の結句。

“Old soldiers never die,they just fade away.”

(they just disappearance)

 

 ウエストポイントの母校、陸軍幼年学校(兵舎)で、当時よく歌われ

ていた folksong( 寮歌?)の一節というだけで、出典不詳。あるいは、

替歌のようなものではなかったか、と想像されます。

 歌詞の全文がわからないので、好き勝手に都合よく解釈する人が多い。

(最長老の中曽根議員(85)も「老兵は死なず、引退しない」と発言)

 かつて71才の元帥は「52年にわたる軍歴を誇りに、すべての公職

から身をひく」すなわち「姿を見せない老兵は、もはや兵士ではない」

というところに、万感の思いを託したとみられます(84歳で永眠)。

 つぎの参考資料は、(直接には)参考にならないでしょう。

── グレゴリー・ペック主演《マッカーサー 1977 米映画》

── 津島 一夫・訳 《マッカーサー回想記 19641001 朝日新聞社》

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません