文語体《旧約聖書》&《新約聖書》の全文を、原文のままHTML型式でダウンロードできるサイトを教えてください。(1954年ごろ、口語訳が出版されるまで、用いられていました)。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/06/16 05:04:56
  • 終了:--

回答(3件)

id:asian No.1

asian回答回数40ベストアンサー獲得回数02003/06/16 06:12:59

ポイント30pt

http://homepage1.nifty.com/bible/index.html

文語訳聖書電子化計画

まだ、全訳はされてないようです。

ぜんぜん、お役に立ててませんが興味深かったので回答させていただきました。すみません。

id:adlib

「そんなものは存在しない」という結論にいたるかも知れませんね。もうしばらく、他の方からの回答を待ってみます。

 なお、asiann さんには、前回の回答に関するコメントを追加しておきました。いつも、ありがとうございます。

2003/06/16 07:09:53
id:violin No.2

violin回答回数87ベストアンサー獲得回数02003/06/16 14:53:46

ポイント40pt

お探しのものはまだ見つけられていないですが、

参考になるかもしれないものを、僭越ながらご紹介したいと思います。

こちらあたりも、情報がまとまっています。

日本語訳(プロジェクト杉田玄白参加テキスト)

http://bible.gospelcom.net/bible?

Passage Lookup - New International Version - BibleGateway.com

複数語で聖書を検索できます

id:adlib

「こんなページが存在するのか」というような驚きの世界ですね。いますこし、他の回答を待ってみます。

2003/06/17 02:10:27
id:sutendo No.3

sutendo回答回数13ベストアンサー獲得回数02003/06/17 07:07:06

ポイント20pt

方法としては、自分の経験から云いますと引用文に含まれる言葉から英文を検索してアドレスを確認して原文(出版された古い聖書)を確認する。というやり方をしていました。

基本的に文語訳で使用される漢字表現が現在のパソコンの機能では不可能だと思われます。参考にオンライン版カトリック百科(戦前版)のアドレスを書き込みます。

id:adlib

 文語訳にくらべて、口語訳が霊感にとぼしいのは、共同作業のなかで

翻訳されたためではないかと(私は)推測しています。

 あるいは人類の遺産ではなく、教団教派の所有物とみなされ、現代語

に改訳した後、ふるい版を捨ててしまったのでしょうか。

 もとの《源氏物語》が捨てられて、《寂聴源氏》だけ残されたような

ものですね。《与謝野源氏》も《聖子源氏》も、大切な遺産なのです。

 ご教示いただいた方々に感謝します。

2003/06/17 09:18:29
  • id:batudream
    画像閲覧可能なものは一応存在。
    例えば、近代デジタルライブラリー(http://kindai.ndl.go.jp/)にて「旧新約全書」で検索すると出てくる。
    参考まで。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません