圧縮技術で、よくS-VHS並みの画質を700Kbpsで達成とか、VHS並みの画質を500Kbpsで達成したという事を聞きますが、このS-VHSの画質と、VHSの画質の比較の根拠は何でしょう?見た目でなんとなく判断する以外の方法は何でしょう?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/06/23 17:44:32
  • 終了:--

回答(8件)

id:maxpower No.1

MAXPOWER回答回数521ベストアンサー獲得回数242003/06/23 17:57:10

ポイント30pt

水平解像度ですね。

id:jeanjean

文献へのリンク有難うございます。

VHSの水平解像度が最高240本ということは、VHS画質=240*180pixelの映像と捕らえる事ができそうですが、その質はどうやって計るんでしょうか?同じ240*180ピクセルの画質でも質の悪いものと質のいいものがあるので計測の仕方に悩みます。

2003/06/23 18:01:44
id:danden No.2

danden回答回数15ベストアンサー獲得回数02003/06/23 18:05:48

ポイント30pt

チャート図を撮るのもなかなか大変そうなので、やはり、見た目じゃないでしょうか。

id:jeanjean

なるほどね、チャート図イイ!

つーか、デジタル圧縮でチャート図の比較は無意味だなぁ。なんか計測標準となる映像なんてあるのかな?

2003/06/23 18:10:34
id:udaman No.3

udaman回答回数22ベストアンサー獲得回数02003/06/23 18:06:07

ポイント5pt

輝度信号の帯域幅が広くなるので、発色もいいはずですよ。

id:jeanjean

良くわかんないよ〜 

私が求めているのはMPEG、Divx,WindowsMedia などで、よく言われている圧縮技術の上のお話です。

2003/06/23 18:14:04
id:gwinzi No.4

gwinzi回答回数148ベストアンサー獲得回数02003/06/23 18:07:00

ポイント5pt

水平解像度から算出する解像度を指していると思われます。ちなみにS-VHSは水平解像度400ですVHSは350

id:jeanjean

惜しい。それ既出。

2003/06/23 18:14:38
id:Advisor_E No.5

Advisor_E回答回数44ベストアンサー獲得回数02003/06/23 19:00:31

ポイント10pt

えーと、基本的にそのレートでS-VHS並みとか、VHS並みという表現が無意味です。動画の場合、動き(変化)によるデータ量が膨大です。だから、ある特定の動画に対して、

そのレートが達成できたということが、

正しいです。つまり、もっと動き(変化)

の大きい動画を持って来れば、当然画質は

落ちます。

そもそも、プロ映像関係者の意見を聞くと

どの画が良いか?と聞くと、それはもう

哲学的な抽象表現になり、つまり、誰も

が良いという映像は存在しません。

自分が綺麗と思えば、VHSだろうが、

ハイビジョンだろうが、良い画なのです。

id:jeanjean

ご丁寧な回答有難うございます。

たしかに、仰る通り、動きが激しくカラフルな映像は圧縮がタイヘンです。でもなんか基準ってないのかなぁ、と。

2003/06/23 19:05:35
id:honera No.6

honera回答回数168ベストアンサー獲得回数02003/06/23 23:02:23

ポイント20pt

簡単に目安ですと書かれるあたりからしてあまり信用出来無そうです。

参考に成るかなー?

参考に成らなかったらポイントなしで結構です。

id:jeanjean

大変丁寧な回答例で、参考になります。が、この回答例の人も、結局アナログの人。デジタルの評価基準についてほとんど触れずにやんわりと質問をかわしている!。これは評価に値します。 が、しかし私はデジタルの基準をやはりストイックに求めております。

2003/06/23 23:49:02
id:unibon No.7

unibon回答回数9ベストアンサー獲得回数02003/06/23 23:48:29

ポイント20pt

http://www.atmarkit.co.jp/icd/root/05/5786805.html

Insider's Computer Dictionary [Video CD] − @IT

大昔の Video CD(MPEG-1 の 1.2Mbps 位) は、ピクセル数がたまたま VHS の水平解像度である240本と合致していたこともあり、VHS 並の画質と言われていたような気がします。なお水平解像度とは文字通り水平方向の解像度を示す値なのですが、垂直方向のピクセル数です(ややこしいですが)。意地悪な見方ですが、現在でもこれがバーチャルな世界での VHS として基準になっているのでは、と思います。だから本当は「Video CD 並の画質」と言うべきだけど、それだとあまりにも受けが悪いので「VHS 並」と言うのでしょう。

id:jeanjean

うーむ、やはり水平解像度から来るのですね。きっとVHS並なんていう比較って言うのはアナログを引きずった比較方法であり、デジタルで比較するのならVHS並なんていう言い方じゃなくて、「○○○○標準画像を500Kbpsで圧縮時に△△△品質値□□□」なんて言い方になるんだろうなぁ。インパクト無いけどさ。

2003/06/23 23:57:40
id:udaman No.8

udaman回答回数22ベストアンサー獲得回数02003/06/24 00:43:50

ポイント5pt

http://www.mpeg.co.jp/

デジタル映像の「アーカイブ&デリバリー」に関する技術情報サイト|mpeg.co.jp

とりあえず上記URLをあげてみました。

圧縮には大きく分けて可逆圧縮と不可逆圧縮があります。動画にしろ静止画にしろそのどちらも使用されていますが、ソースそのものについては不可逆圧縮、その後に可逆圧縮というのが通例です。例えばMPEG-4で圧縮した物をZIPで圧縮配布などのようにです。不可逆圧縮された物は元の状態には戻らないので、画像に欠落した部分(圧縮によって生じた)があります。それは画像のコマとコマの中にあったり、コマそのものにあったりします。それらは圧縮の方法や、が層の性質によるので一概にいえません。回答している皆さんの意見の多数である水平解像度というのもその辺に影響しています。さらにコンピュータ上で見ることを考えらとさらに複雑になります。なぜならば解像度の変更が容易に出来るからです(ソフトにもよるけど)。画面から見る人の距離にも影響します。VHS並みの画質を500Kbpsで達成したといってもどんなメディアで画面のが角はどのくらいで、どのくらいの距離で見たかによって大きく変わるのです。

では、一体違いは何かということですが、すべての圧縮方式に対して言えることではありませんが、一般的に高速で動く物や、色合いが曖昧な物は画像があれやすいと言えるでしょう。例えば静物しかも色合いのはっきりしている物を動画として保存したこと(これ自体本当は無意味)を考えてください。現在一般的にあるどんな圧縮方式でも違いを見るとはほとんど出来ません。もし、どうしても圧縮による違いを見つけたいのなら、ご自身で圧縮された動画をよく見てその違いを感じていただくしかありません。可能であるならば、その動画を一時停止、あるいはスロー再生して違いを確かめれください。圧縮方式、Bitレートによっては、ブロックノイズや、ニセ色などの圧縮による副産物が見えてくるはずです。それをよしとするかしないかが圧縮レートの決定値になるわけです。繰り返しますが、Aと言う素材と、Bという素材では画像の性質、配信の方法などにとって、圧縮の方法とBITレートは違うのです。



id:jeanjean

長いコメントありがとうございます。しかし、仰る比較はもちろんすべて行った上での質問です。一時停止させて画像を比較したとして、例えば元の画像の同一フレームとの差分を足した値で動画の質の善し悪しを語ろうとしても、疑似エッジ等の判定はできなかったり、元の動画との差分値が大きくても、それらしく綺麗にみえる圧縮もあったりします。 自分で圧縮のプログラムを書いた事が無いので、例えばJPEGの設定のようにレベル8、とか60%とか品質でコントロールしている圧縮の設定の計算の仕方なんかが分かると参考になるのかもしれません。

調べていくと、PSNR(PealSignalNR)による判定があるようで、ひょっとするとここらから、プログラムを紐解いていけば分かるような気がします。

2003/06/24 07:00:41

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません