全国送料無料、とうたっている場合がありますが、この「無料」にするためにどういった工夫がされているのか詳しく紹介されているページがあれば教えてください。またそれらを行えるロジスティックに関しての情報もお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/07/08 13:18:43
  • 終了:--

回答(6件)

id:takure No.1

takure回答回数122ベストアンサー獲得回数02003/07/08 13:23:38

ポイント15pt

http://www.ochakin.co.jp/souryou.html

送料はなぜ必要なのか

id:ann-cookie

せっかですが、ちょっと違っていますね。

必要性ではなく「無料」にできる理由が知りたいです。

2003/07/09 03:22:06
id:takure No.2

takure回答回数122ベストアンサー獲得回数02003/07/08 13:24:24

id:ann-cookie

参考にしてみます。

2003/07/09 03:22:56
id:COFFEEBREAK No.3

COFFEEBREAK回答回数423ベストアンサー獲得回数02003/07/08 13:25:36

ポイント15pt

三越の場合は次のようです。

>全国送料無料化は、日本各地の三越と物流センター間で電子的に配送データを送る「電子

>託送システム」を導入することで、コスト削減とスピードアップを図り無料化を実現するものです。

id:ann-cookie

ありがとうございます。

2003/07/09 03:29:28
id:kkkkkkkkkr No.4

kkkkkkkkkr回答回数3ベストアンサー獲得回数02003/07/08 16:29:39

ポイント15pt

HTTP://NAVER.CO.JP

無料にするために販売価格に上乗せしています。

朝三暮四です。

id:ann-cookie

これのどこを見ればわかるのかがわからないです。

探さないといけないですね。

2003/07/09 03:34:39
id:qwhr No.5

qwhr回答回数277ベストアンサー獲得回数12003/07/09 05:25:16

ポイント15pt

吉田酒造

> よく、通信販売で「送料無料」という言葉を目にしますが、実際に送料が無料になる事はありません。それは送料が無料になっているのではなく店側が送料を補っているからです。利益率、単価の高い商品、もしくは送料にコストがかからない商品の場合、その利益の幅で店側が送料を負担しても、十分な利益が上がる為、送料無料が実現するのです。

> 送料一律というのも、宅配便のシステム上、遠くと近くに運ぶ荷物が同じ価格にはなりません。弊社の場合も遠くに運ぶ荷物の送料の一部を弊社が負担する事で、送料一律を実現しています

実際には遠くと近くとではコストが異なるわけです。送料無料も含め送料一律と謳った場合、販売側にとっては実際の送料が安く済む近場への販売の方が利益率が高いでしょうね。

http://www.tutitatu.com/tuuhan.html

宅急便代金・お支払い方法

つちたつ酒店

「備考」に上記と同様のことがもう少し詳しく記載されています。

http://www.verygoodtea.com/shop/service/qanda.html

紅茶専門店 [SELECT SHOP]  通販方法のご説明

> また、当店は普通郵便を利用して発送しておりますので、 当店が負担する送料は全国均一で格安です。なので全国送料無料が実現できております。

この場合は配達地域によるコスト差はないでしょうね。

http://www.theaterguide.co.jp/Watchfor/2003/0602w.html

WATCH FOR![イープラスが送料無料のキャンペーンを実施]

> 配送方法を宅配便から普通郵便に切り替えることでコストを抑え、さらに送料を同社が負担することで無料化が実現した。

この場合がそれに該当するかはわかりませんが、大手企業の場合、目玉商品としてある商品限定で利益を削っても送料無料にすることは考えられます。他の商品でその分を回収すれば良いわけですから。

そこまでしてまで企業規模を問わず送料無料というサービスを実施するのは、販売側というより消費者側のニーズでしょう。アメリカのケースですが、以下を参考にしてみてください。

id:ann-cookie

ありがとうございました。

2003/07/10 07:47:03
id:sasada No.6

sasada回答回数1482ベストアンサー獲得回数1332003/07/13 18:19:52

ポイント15pt

http://www.smn.co.jp/JPN/features/mr/0801.html

メディア通信2001年8月号

水を注すようですが、ビジネスとしては、それなりに難しいものもあるようです。

http://www.jnews.com/world/2002/w0214.html

法人顧客獲得に活路を見出す新オンライン宅配サービス

>一般消費者向けにおこなう宅配サービスの多くは、小さな注文単価に対して配送負担は大きく、いずれも苦戦している。

 (略)

>最終的に一般消費者向けビジネス(B-to-C)から法人企業向けビジネス(B-to-B)へと転換を図っている

この辺の発想がポイントでしょうか。

(長い文章ですが、中ほどから)

>中間業者排除(Disintermediation)

>注文がある金額以下である場合は、配達料を支払わなければいけない。つまり、ピーポッドの主な収入源は、売価と仕入れ値の差額とこの配達料ということになる。

月並みですが、元々掛かっている中間マージンを削減するという発想ですね。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません