ある歌手が銀座通りに面した山野楽器でキャンペーンをしていました、歩道からも握手会の様子が見えました。キャンペーンスタッフが写真はやめてくださいと言いました、写真を撮っている人にスタッフは、肖像権があるから写真は撮ることは絶対駄目の一点張りでした、この場合その歌手の写真を撮ることは罪になるのか?キャンペーン中、自分とその歌手が握手をしている写真を友人が撮ってくれ、これをHPにアップした場合は罪になるのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/08/22 00:27:47
  • 終了:--

回答(2件)

id:inonaka No.1

inonaka回答回数84ベストアンサー獲得回数02003/08/22 00:35:13

ポイント25pt

http://www.jame.or.jp/syozoken/

肖像権啓蒙キャンペーン|社団法人 日本音楽事業者協会

承諾が得られず、もし訴えられたならば罪になるのではないでしょうか

id:asamesi

先日キャンペーン中のその歌手の写真を使っていたファンサイトが閉じましたが、その理由がわかったような気がします。

自分のHPにこのアルバムが好きとジャケット写真をアップした場合は問題があるのだろうか?

2003/08/22 00:44:34
id:opponent No.2

opponent回答回数1876ベストアンサー獲得回数72003/08/22 00:45:17

ポイント25pt

Q3.アーティストやタレントは”公的な存在”ですから、例え私的な情報であっても「報道の自由」や「表現の自由」というメディアの特権の対象になるのではないでしょうか?

もしそうなら、肖像の使用についてメディアに事前許諾を要求出来ないのでは?

A3.

【決してそんな事はありません。確かに社会的事件等のように報道の内容次第では、無許諾での肖像使用が可能なケースもあります。しかし、アーティストやタレントの人格権やプライバシー権にふれる報道等での写真の使用は、メディアの特権を逸脱した使用として、告訴の対象になります。また、アーティストやタレントの肖像が持つ顧客吸引力に依存した写真の使用は、パブリシティ権にふれる可能性が大ですから事前許諾を要します。】

 いわゆる刑法犯にはなりませんが、パブリシティ権にふれる可能性は非常に高いと思われます。

 「自分とその歌手が握手をしている写真」という場合には黙認されることが多いのは事実ですが、それ以前にキャンペーンスタッフが「写真はやめてください」と言っていたなら、明らかにルール違反になります。

 タレントの場合は「肖像権」ではなく「パブリシティ権」というのが的確でしょう。タレントの肖像は「商品」なんです。その商品を勝手に撮影されて公表されることになるとプロダクションに対する「権利の侵害」になります。

 そういった事例は非常に多いため、問題にされないケースは圧倒的多数だと思いますが、お避けになった方が賢明だと思います。

id:asamesi

ありがとうございました。

気をつけます。

2003/08/22 00:48:07
  • id:mormusu
    ジャケットに付いて

    ジャケットの著作権は、総合的には制作したレコード会社、
    写真は撮影したカメラマン、イラストは描いたイラストレーター等に、
    それぞれ有ります。
    HPにアップするには、レコード会社の許諾が必要で無断で掲載した場合、
    損害賠償を請求ご覚悟を!
  • id:juventino
    Re:ジャケットに付いて

    >ジャケットの著作権は、総合的には制作したレコード会社、
    >写真は撮影したカメラマン、イラストは描いたイラストレーター等に、
    >それぞれ有ります。
    >HPにアップするには、レコード会社の許諾が必要で無断で掲載した場合、
    >損害賠償を請求ご覚悟を!
  • id:juventino
    Re:ジャケットに付いて

    >ジャケットの著作権は、総合的には制作したレコード会社、
    >写真は撮影したカメラマン、イラストは描いたイラストレーター等に、
    >それぞれ有ります。

    理屈で言えばその通りですが、レコード・出版業界では、
    ジャケットや表紙の画像が正しい情報と共に掲載される場合、
    無断であっても「著作権を主張しない」ケースがほとんどです。
    だから、

    >損害賠償を請求ご覚悟を!

    というのは大袈裟です。

    もちろん、ジャケット写真を勝手にトリミングしたり、
    何かを描き加えたり、などの改変を行った場合は、
    「同一性保持権の侵害」、
    タイトルなどを明示しなかった場合は、
    「氏名表示権の侵害」、となります。
  • id:kenpon0721
    あくまでも

    あくまでもopponentさんが指摘なさっていたように、
    「罪になるかならないか」でいうと刑法上の問題ではない、
    と思いますので、「ならない」というのが正しいかと存じます。
    したがって、やってみたところで、
    履歴書に傷がつく、というようなこともございません。
    民事の方の問題です。
    民事の方の問題だとして、
    ①なんらかの(私法上の)請求がなされる可能性がある。
    ②「ほーりつ」はないとしてマナーに反するという印象は否めない。
    ③サイトにアップした場合、
     (1)レンタルスペースならばスペース設置者側がびびってサイトを消す可能性。
    (2)サイトにご自身の写真をアップロードする危険
    以上について再度ご検討なさったほうがよろしいかと思います。
    以上蛇足でした。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません