確定判決が出たものでも免責されてしまうのですか? ≪納品されないことから,相手に支払った代金を返金するよう要求し,分割で返金する旨の念書を受領しましたが,その後も返金されないため裁判を行い,「念書のとおり支払せよ」という判決が確定しました。しかし,裁判後も相手は一銭の支払いもなく,先日自己破産し,免責の申し立てをしています。≫

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/09/03 11:28:59
  • 終了:--

回答(4件)

id:mormusu No.1

散歩人回答回数1386ベストアンサー獲得回数82003/09/03 11:59:02

ポイント17pt

必ずしも免責される訳では有りません。

確定前に、貴方が支払い判決文を添え、

その審議している裁判所に申し立て、

相手に財産を処分されない様、免責確定前に

支払い分を差し押さえて下さい。

申し立て書類は、弁護士や司法書士に

作成を依頼した方が、無難です。

id:sasada No.2

sasada回答回数1482ベストアンサー獲得回数1332003/09/03 11:59:38

ポイント17pt

http://www.hatena.ne.jp/1062556139

確定判決が出たものでも免責されてしまうのですか? ≪納品されないことから,相手に支払った代金を返金するよう要求し,分割で返金する旨の念書を受領しましたが,その後.. - 人力検索はてな

 URLはダミーです。

>確定判決が出たものでも免責されてしまうのですか?

 結論から言えば、有り得ます。

 裁判の判決が確定して損害賠償額が決まっても、その取り立ては自分(または代行者)が行わなければいけません。

 (国が代理執行してくれるわけではありません)

 相手が自己破産して免責が認められた場合、その人の全ての債務が解消される可能性は(事実上)消えるわけですから、管財人と交渉して自分の取り分を確保しないといけません。

id:mormusu No.3

散歩人回答回数1386ベストアンサー獲得回数82003/09/03 12:01:59

ポイント18pt

http://www.hatena.ne.jp/1062556139#

確定判決が出たものでも免責されてしまうのですか? ≪納品されないことから,相手に支払った代金を返金するよう要求し,分割で返金する旨の念書を受領しましたが,その後.. - 人力検索はてな

すみません。

言葉が足りませんでした。

「自己破産」確定から「免責」確定まで

期間が有りますので、その間に申し立てて下さい。

id:ngpaka No.4

ngpaka回答回数836ベストアンサー獲得回数12003/09/03 14:20:09

ポイント18pt

http://www.katolawpatent.com/lawlab/hasan/kanzai/index.html

ジェイブリッジ法律事務所|自己破産 個人再生ローン問題解決センター - 過払い金返還(過払い請求) 任意整理 個人民事再生 東京都中央区日本橋の 弁護士 が 債務整理 を 支援 ローン苦にサヨナラ(さよなら)

質問文を読みますと、相手は個人ではなく会社あるいはそれに準ずる法人かと思われます。

とすると、個人の自己破産のケースとはやや異なることがあるようです。

(3)法人の自己破産−少額管財の今

「時間がかからなくなった」

 ところが最近は法人の自己破産は原則として少額管財事件として扱われるようになりました。これはどういうものかというと破産管財人が選ばれる点は通常管財事件と同じですが、破産終結までの期間が短い。破産申立てから3ヶ月程度で第1回の債権者集会が開かれるのですが、基本的にはそれまでに財産の換価処分を完了させます。そのうえで配当を行い破産手続は終結します。・・・

法人と経営者本人の自己破産についてはじめ関連情報も、上記サイトに詳述されていますので、どうぞご覧ください。

http://www.katolawpatent.com/lawlab/hasan/index.html

ジェイブリッジ法律事務所|自己破産 個人再生ローン問題解決センター - 過払い金返還(過払い請求) 任意整理 個人民事再生 東京都中央区日本橋の 弁護士 が 債務整理 を 支援 ローン苦にサヨナラ(さよなら)

上記ページのポータル、破産関係の情報が豊富です。

個人のケースについて、免責決定までの流れを分かりやすく図解されていましたので、参考までに。

法人の場合が約3ヶ月と速いのに対して

※1 破産申立から1〜2ヵ月後くらいに破産宣告がだされる。

※2 免責申立から5〜6ヵ月後に裁判所から呼出があり免責申立の内容について 裁判官から口頭でで質問をうける。

その後、免責決定となるようです。

                              

http://homepage3.nifty.com/shibazaki/hasan/hasan.htm

クレジット・サラ金相談室(自己破産、特定調停)

免責が許可されなかったケース(免責不許可事由)

などの情報があります。

こういった関係に大変詳しい回答者がいらっしゃるのですが・・・

私は法律関係に疎く、URLの紹介のみで具体的アドバイスが出来ず申し訳ありません。

これで失礼致します。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません