稚ザリガニの水槽(小さいです)に水草を植えたいのですが、やり方・使用する物・植え込み材料に関する情報をお願いします。”ザリガニ”について述べているページでお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/09/28 14:53:54
  • 終了:--

回答(2件)

id:opponent No.1

opponent回答回数1876ベストアンサー獲得回数72003/09/28 15:03:30

ポイント20pt

ザリガニFAQ(よくある質問)

孵化した稚ザリが、だんだん少なくなってしまうが。

【水槽という閉鎖的な環境の中では、どうしてもある程度の共食いは避けられませんから、稚ザリの数が多少減ってしまうのは、ある意味、避けられない部分だと思います。しかし、その減り方が尋常でない場合、以下の理由が考えられます。

 まず第一に溶存酸素量の問題。稚ザリは、成体と比較しても、低酸素状態における耐性が低いため、慢性的な低酸素水で飼育すると、ボロボロと死に始めます。すぐに気づいて策を打てばよいのですが、これが遅れると、低酸素に加えて腐敗に伴う急激な水質悪化が起こり、あっという間に全滅するケースも珍しくありません。繁殖をはじめた段階で、稚ザリの歩行に影響が出ない程度に、強めのエアレーションをかけておくようにしましょう。なお、完全な酸欠状態の場合、その死に方はさらに急激なものとなり、一晩で水槽丸ごと全滅・・・という、最も悲惨なパターンをたどります。キーパーとしては、最も避けたい部分だといえましょう。

 次に挙げられるのが、(これが一番疑わしいのですが)近親交配による成長不全の可能性です。

 この場合、キーパー内では「溶けるように落ちる」という表現を使いますが、まるで本当に「溶ける」かのように、1匹、2匹と死に始め、最後は1匹も残らなかった・・・という経過をたどります。死に方が緩やかなため、状況が進むまで、まったく気づかないケースも多いのですが、この場合、基本的には気づいても打つ手がありませんので、「奇跡の数匹」を待つしかないつらさがあります。もちろん、その「奇跡の数匹」も、一般的な個体に比べると、成体になってから脱皮不全を起こしやすかったり、あるいは繁殖に使えなかったりという「トラブル」を抱えやすいため、累代繁殖を続けるのであれば、これらすべての原因となる「安易なペアリング」を避けるしかありません。】

id:paffpaff

ありがとうございます

色々と勉強になる情報がありました

水草の植え方が良く分からないのですが・・・

熱帯魚と甲殻類では違いがあると思うので

そのあたり、なにか記述されていると嬉しいです

2003/09/28 19:06:20
id:aglis No.2

aglis回答回数7ベストアンサー獲得回数02003/09/28 18:38:13

ポイント30pt

URLはダミーです。

個人的に水生生物に従事する仕事をしているので答えたいと思います。

水草ですが植え方は普通に砂利などに植え込むだけで十分です。

材料についてですが、ザリガニの種類によっても多少ことなりますが、アメリカザリガニだと仮定してこたえます。

アメリカザリガニは淡水性なので手ごろな水草だとカナダモあたりがよいのではないでしょうか?またフサモは綺麗な水草なのでそれでもいいんじゃないでしょうか?

また水上に起きたい場合はホテイアオイなどがいいとおもいます。

ただ水草は生長が早いので、水草だらけにならないように注意してください。

また光がさしこむところ(直射日光は水の温度が極端にあがるのでやめたほうがいい)において水草が光合成できるようにしてあげてください。

また流木やタニシをいれるのもいいとおもいます。タニシはザリガニに餌をやらないと食べられてしまうのでご注意を。

流木はザリガニがかじるので最終的にはなくなってしまうとおもいます。流木のお手入れも忘れずに。

こんなものでどうですか?

id:paffpaff

>水生生物に従事する仕事

どんなお仕事なんでしょう気になります。

それはさておき

詳しく説明いただいてありがとうございました

水草は”金魚に!”って書いてあった カボンバというのを一束買ってしまいました。

浮草なら植え込まなくていいのでよさそうですね!

どうもありがとうございました。

2003/09/28 19:17:09

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません