「身障者の(ための)WEBサイト」このフレーズから連想される話題を扱っている、可能な限り多くの種類のWEBサイトを教えてください(例:アクセシビリティに配慮しているサイト、身障者の方が作っていると思われるWEBサイト、身障者についての情報を扱っているサイトetc.・・・・・・)。ただし以下の条件を満たす範囲でおねがいします。1.日本国内のサイト2.検索エンジンの結果のみでない3.既に「はてな」で提示されているサイトでない4.列挙するサイトのトピック間の関連性は低めに

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/10/15 01:27:38
  • 終了:--

回答(6件)

id:inokuni No.1

いのくに回答回数1343ベストアンサー獲得回数212003/10/08 01:43:45

ポイント30pt

http://www.microsoft.com/japan/enable/

マイクロソフト アクセシビリティ ホーム

一番右の下にある「カテゴリ別情報」というところの、

・視覚障害関連

・聴覚障害関連

・四肢障害関連

・知覚・言語障害関連

というところがいいかもしれません。

http://www.zspc.com/documents/wcag10/

ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン 1.0

このガイドラインでは、どのようにすればウェブコンテンツが障害のある人にとってアクセシブルになるのかを説明しています。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~t-na/

車椅子で利用しやすい施設

車椅子トイレに関する地域情報

http://www.honjonet.net/onsen/

身障者用の温泉紹介(全国版)本庄ネット

身障者用の温泉紹介(全国版)

http://www.jade.dti.ne.jp/~laura-f/index-s.html

身障ともだちネット公式ホームページ(旧 身障出会いマガジン)

身障者の出会いを支援する無料サイト

http://www7.plala.or.jp/biz/ft/

車イスのバリアフリー情報・便利グッズ:Freedm Train

バリアフリーマップ・リンク集

全国の外出支援情報を地域別に分類。

「保護より機会」をモットーに、高齢者・身障者の自立を真剣に考えての雇用拡大、収入確保を基本に、特別価格での限定販売や情報発信、ボランティア活動等を積極的に行っています

このmlは、障害者が自立した生活を送るのに必要な様々な情報を交換する目的で設立されました

id:souki

ありがとうございます。

2003/10/08 12:09:23
id:asse No.2

asse回答回数33ベストアンサー獲得回数02003/10/08 06:05:50

ポイント30pt

身体障害者補助犬法

ハートビル法

実際に認可されている建物リストを検索したのですが見当たりませんでしたw

ハートビル法認可建築物

熊本のあらおシティモール

http://www6.ocn.ne.jp/~toshiaki/index2.htm

おしゃべり劇場おいら

hnおいらさんのページ

半身マヒの2級との事。片手しか使えない障害者の方でも簡単に作れるお料理(実際においらさんも作っている)の紹介etc

http://www12.ocn.ne.jp/~etkittin/

見えない、見えにくい人のキッチンタイム

小林恵津子さんのページ

御自身も視覚障害者との事で文字の大きさ等に配慮されているページです。単純な材料と計量の簡単な分量で作るレシピも紹介。

私の母が障害者(3級)でした。障害者の方にとって一番大変なのが日常生活でのこと。特にお料理では健常者が気にもとめない事が障害のある方には困難だったりします。簡単レシピは良い参考になるかと思いますよ。

id:souki

ありがとうございます。

2003/10/09 07:30:50
id:JunkeyMonkey No.3

junkeymonkey回答回数9ベストアンサー獲得回数02003/10/08 07:51:49

ポイント30pt

http://www.microsoft.com/japan/msdn/columns/hess/hess10092000.as...

ご指定のページが見つかりません

色覚に障害を持っていたとしたら、あなたのサイトは見えるでしょうか ?

http://www.i-create.jp/accessibility/color-sample.html

カラーバリアフリーとは?

カラーバリアフリーとは?

http://usability.novas.co.jp/diary/96.html

使いやすさ日記: 96. 2色LEDは色覚異常者の敵

『2色LEDは色覚異常者の敵』

以上は私が実際に業務に生かしているものです。今回は色覚異常に関してのみですがご紹介します。

id:souki

ありがとうございます。

色覚に障害があるケースを問題にしているサイトを挙げていただきましたが、他の障害を持つケースではどうなのでしょうか。

2003/10/09 07:40:47
id:tokenring No.4

tokenring回答回数153ベストアンサー獲得回数02003/10/08 16:05:08

ポイント30pt

http://www.nig.ac.jp/color/index.html

色盲の人にもわかるバリアフリープレゼンテーション法

ウェブサイトの配色関係で参考にしています。

主に視覚障害者への配慮に関連したウェブページ指針です。

http://www-6.ibm.com/jp/accessibility/index.html

IBM アクセシビリティ・センター トップページ - Japan

日本IBMのサイトです。

障害者向けソフトのダウンロードもできます。

米国の連邦リハビリテーション法508条に関する連邦政府公式問答集の日本語訳です。

id:souki

ありがとうございます。

2003/10/13 10:18:02
id:ngpaka No.5

ngpaka回答回数836ベストアンサー獲得回数12003/10/14 00:10:25

ポイント30pt

既にかなり情報が寄せられているようですが、

先ず「アクセシビリティに配慮しているサイト」から。

↑サイト名のとおり、

>大活字カフェは、『見える・見えやすい』環境づくりを提案する、出版情報サービスの株式会社大活字のホームページです。

[ホームページをより見やすく!-背景色・フォントの変え方について]

などのmenuがあります。

http://www.eyelink.jp/index.php

視覚障害者のための検索エンジン・アイリンク

「視覚障害者による視覚障害者のための情報検索サイト、アイリンク。」

(個別に紹介していくと回答URL欄が足りなくなってしまうので、ポータルですみません。)

>アイリンクが厳選した、視覚障害者向けの情報です。24カテゴリー。 には、

「バリアフリー」「音声マニュアル」「音声用ご解説」・・・

などがあります。

↓「視覚障害リソース・ネットワーク」

 

続いて「身障者の方が作っていると思われるWEBサイト」

↑上記サイトは、「自己紹介」に、

●このホームページは、単なる個人のページとしてではなく、リンクを通じての交流と 身障者の方々に少しでも社会参加しやすいように、と考えて作りました。

という、ご自身が車イスで生活されている方のサイトです。

「車イス外出情報」などリンクも充実しています。

聴覚障害の方の個人サイトが、たくさんリンクされています。

↓リンク元です。

http://www.deaf.or.jp/index.html

 デフユニオン【聴覚障害,ろう,聾,難聴の情報を掲載するウェブサイト】

豊富なリンク含め、大変に充実した内容で頭が下がります。

LD(学習障害)のお子さんをもつ方のサイトです。

LD関連の情報、リンク含めて豊富です。

↓「LD関連-リンク集」

 

http://jdsn.ac.affrc.go.jp/dowj1.html

日本ダウン症ネットワーク (JDSN)ホームページ

ダウン症関連の総合情報サイトです。

(実は、我が家の娘もダウン症です。)

「ダウン症に関するホームページの紹介」

親の会、個人のHP等のリンクサイト。

↓「財団法人日本ダウン症協会」

http://www.fukushi.com/search/search.cgi?mode=kt&kt=10

ホームページ検索(障害者)- 「ふくしチャンネル」 / 福祉と介護の総合サイト -

そろそろ解答欄も尽きてきたので、網羅的サイトになりますが・・・。

●バリアフリー(58) ●ユニバーサルデザイン(17) ●個々(29) ●支援センター・施設(20) ●趣味とスポーツ(16) ●その他(17) 

「個々」は個人サイトのリンク集です。

 

「スワンネット」

宅急便のヤマト運輸の関連会社。

作業所のネットワーク化など、障害者の自立を支援してくれている会社のサイトです。

以下、参考までに。

http://rel.chubu-gu.ac.jp/soumokuji/

『福祉と障害者支援情報の総目次』(フレーム版)

『福祉と障害者支援情報の総目次』

http://www.wam.go.jp/shienhipub/

障害福祉サービス事業者情報

「障害者支援費事業者情報」

>「CHIME Service Project」は、インターネットを用いての障害者をめぐる情報の 提供の効率化を考える有志の集まりです

「はあとリンク集 トップページ」

>このリンク集は、国内、海外のチャレンジド(障害者)関連の情報、および、障害教育に携わる皆様にお役立て頂けると思われるサイトをプロップ・ステーションのメンバーが紹介しています。

http://www.ableart.org/front.html

エイブル・アート・ジャパン オフィシャルサイト

「エイブル・アート・ジャパン オフィシャルサイト」

障害を持つ方のアート作品紹介。

「障害児教育&MAC&JAVA」

まだまだありますが、このへんで。

長々と失礼致しました。

id:souki

たくさんの情報、ありがとうございます。

2003/10/15 13:26:34
id:ngpaka No.6

ngpaka回答回数836ベストアンサー獲得回数12003/10/18 22:15:01

ポイント30pt

http://www.onyx.dti.ne.jp/~doronko/operation/index.html

どろんこ作業所 障害者のパソコン操作

どのあたりに的を絞ればよいのか迷うのですが、

「可能な限り多くの・・・」ということで追加情報です。

↑上記URLは、

「どろんこ作業所 障害者のパソコン操作」

東京田無にある脳性マヒ者主体の共同作業所のページです。

>ここでは、障害者でも扱える入力機器にはどのようなものがあり、どろんこ作業所に通う障害者達がどの様に試し、あれこれと成功や失敗を乗り越え、パソコンを使えるようになっていったか、それらを紹介してみたいと思います。

ということで、マウスやキーボード、トラックボールといった入力機器の工夫をはじめ、

◆ソフトウェア

◆音声認識

◆導入実例:実際に使用されている状況が写真付きで紹介されています。

http://resource.main.jp/

トップページ

「脳性麻痺(脳性まひ)障害児の情報源」 トップページ

・家族・親・本人の手記

・脳性まひの知識

などのmenuがあります。

 

「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」関連の総合情報サイトです。

・ホーキング博士のホームページ(Professor Stephen Hawking)へのリンクの他、

・筋萎縮性側索硬化症とはどんな病気ですか

など情報量も豊富です。

また、・ALS関係のリンク には、

・筋萎縮性側索硬化症に関するもの:患者さん本人や団体のHP

・脊髄小脳変性症に関するもの

・パーキンソン病に関するもの

・ハンチントン病に関するもの

・多発性筋炎に関するもの

・多発性硬化症に関するもの

・重症筋無力症に関するもの

・クロイツフェルト・ヤコプ病に関するもの

・進行性筋ジストロフィに関するもの

・スモンに関するもの

・ファブリ病/患者と家族のホームページ

と、いわゆる難病と称される関連HPへのリンクが紹介されています。

 

「自閉症とは」

個人サイトですが、親の立場から自閉症について分かりやすく解説されています。

http://www.nucl.nagoya-u.ac.jp/~taco/aut-soc/rainman/

あたらしい自閉症の手引き

「あたらしい自閉症の手引き」

名古屋大学の自閉症関連総合情報サイト。

・リンク集 には、

>各地の親の会、成長を紹介する親のページ、

などがあります。

 

http://www.jwas.gr.jp/

アクセシビリティガイド

ここからは、アクセシビリティ関連です。

↑「みんなのウェブ:アクセシビリティ実証実験ホームページ」

>WWWは、高齢者や障害を持つ人たちにとっても大切な情報源になっています。私たちは、年齢や障害の有無に関わらず、誰にでも使いやすく、伝えたい情報がきちんと伝わるウェブを作るための取り組みを進めています。

>この取り組みは、ウェブページを作ったり、利用している人なら、誰でも参加することができます。誰にでも使いやすいウェブを実現するために、ぜひあなたも私たちの取り組みに参加してください。

・ウェブヘルパー Ver2.0/2.0Rをリリースしました。

・地方公共団体のウェブアクセシビリティ取り組み実態調査の結果概要を公開しました。

ほか、

・ウェブアクセシビリティとは(2) には、

http://www.jwas.gr.jp/oksite/index.html

視覚・聴覚障害 – アクセシビリティガイド

>ウェブアクセシビリティの概要を理解していただけるよう、基本事項の解説とリンク集、サンプルをご用意しましたので、ご覧ください。

・障害者・高齢者がウェブを利用するときの問題

・ウェブアクセシビリティに関する取り組み例

↓・ウェブアクセシビリティ・サンプルサイト

ここでは、WAIのWCAG1.0に示されたウェブアクセシビリティの3つのレベル(A,AA(ダブルA),AAA(トリプルA))に適合したウェブページのサンプルをご覧いただけます。同じテーマ、同じ内容のウェブページを、「アクセシビリティが確保されていない」から「トリプルAレベルのアクセシビリティが確保されている」まで、4種類用意しました。「ウェブページのアクセシビリティを高める」と言っても、具体的にどういうことなのか、イメージしにくいと思いますので、このサンプルを参考にしてください。

※ここは是非ご覧ください。

各画像サンプルをクリックすると、同内容のサンプル「水族館サイト」が!

NGからAAAまで4ランクに分けて紹介されています。

さらに、

・アクセシブルサイトの紹介(6) には、

http://www.jwas.gr.jp/oksite/index.html

視覚・聴覚障害 – アクセシビリティガイド

これまでに報告のあったアクセシブルサイト一覧  として、

c.?行政関連サイト

d.?ビジネス関連サイト

e.?医療・福祉関連サイト

f.?地域コミュニティサイト

g.?個人サイト

とジャンル別に、

また各サイトのアクセシビリティの状況について、

AAA〜B?までの自己評価とともに紹介されています。

 

これで、解答欄が尽きました。

たくさん紹介致しましたが、趣旨から外れた情報がありましたらご容赦ください。

ただ、障害を持った子の親の一人として、多くの方が関心を持ち、少しでも理解を示して下さることは何より嬉しいことです。

どうぞよろしくお願い致します。

失礼致しました。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません