くまのプーさんにでてくる顔が豚で体が昆虫のようなキャラクター、あれはいったい何でしょうか?大して可愛くもないのについつい見てしまいます。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/10/11 03:42:55
  • 終了:--

回答(4件)

id:erikaji No.2

erikaji回答回数9ベストアンサー獲得回数02003/10/11 06:20:32

ポイント20pt

ピグレット:住んでいる所★森のまんなかのブナの木のまんなかにある立派な家。目印は家の脇にある「トオルヌケ・キ」というおじいさんの名前が書かれた看板

好きな物★どんぐり  嫌いな物★お風呂  性格★気持ちが優しい。こわがり

趣味★タンポポ占い  日課★家の片づけ。毎週火曜日、クリストファー・ロビンと過ごす

プーさんのお家に、よく遊びに行っているのが、こぶたのピグレットです。小さな身体に、大きな耳がキュート。ちょっと気が弱いけれど、心やさしいからプーさんとも気が合うみたい。森のみんなからも愛されています。

id:masaomix No.3

masaomix回答回数1023ベストアンサー獲得回数12003/10/11 07:52:08

ポイント30pt

http://www.officecats.net/

動物愛護同人「ねこの事務所」

すいません。URLはダミーです。私のサイト(^-^;

さて、あの「顔が豚で体が昆虫のようなキャラ」は本当に子豚で、ピグレット(別名:ヘンリー・プーテル)というキャラです。森のまんなかのブナの木のまんなかにある家に住んでいて、プーさんのお家によく遊びに行く、毎週火曜日にクリストファー・ロビン(原作者の息子と同名のキャラ)と過ごす、好きな物はどんぐり、嫌いな物は風呂、趣味はタンポポ占いという設定になっています。気が弱いけれど心やさしいプーさんの友達。森のみんなの人気者、ということだそうです。

大きな耳と小さな体の組み合わせはほんとに虫みたいに見えちゃいますが、欧米だとああいうデフォルメが漫画やアニメの王道なんですね。原作者のアラン・アレクサンダー・ミルン(1882〜1956)は、漫画の古典「ポンチ絵」の語源である「パンチ」誌に作品を発表していた作家で、プーさんのキャラは全てモデルがぬいぐるみなんです。だからよけい、このピグレットにしてもロバのイーヨーにしても、等身がすごいことになってるわけですね(笑)。

id:katsu-tama No.4

katsu-tama回答回数13ベストアンサー獲得回数02003/10/11 08:50:22

ポイント10pt

http://www.asahi-net.or.jp/~KA3I-MZTN/welcome.htm

水谷夫妻の「くまのプーさん」のページ

上のURLのページ中のプーさんの仲間たち紹介をご覧ください

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません