衆議院選挙公示に当たって:精神障害者(特に見当識障害と見なされている状態関連)の投票行動/政治的選択を情報面で支援するサイト→①基本政策②個別分析③比較照合などに分けてご紹介をいただければ助かります

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/10/29 12:09:51
  • 終了:--

回答(1件)

id:masaomix No.1

masaomix回答回数1023ベストアンサー獲得回数12003/10/29 18:09:15

ポイント40pt

なかなか回答が上がってこないようですので、

ご質問の主旨には合致しないと思いますが少し書かせていただきます。

まずなかなか回答が上がってこない要因として、

求められている回答の分類が

実際に存在するサイトの実態と離れすぎている、

というのがあるんだと思うんです。

とりわけ障害者の権利に関する問題は、

より幅広い人たちに理解を求め、

より多くの人たちとの連帯を目指すものがほとんどですから、

ご質問のように細分化され特化された内容に分類できるものは

ほとんどありません。

むしろ傾向としてはあらゆる障害者問題を包含し、

健常者の権利擁護までを含めた国民的課題として取り組む指向が

強くなってきます。

つまり、障害者問題というのは国民全員の課題であるし、

参政権の問題というのも、それひとつが独立した課題なのではなく、

あらゆる面での社会参加の機会保証という要求につながる一分野である、

ということなんです。

ですから、なかなかご質問の主旨にそうような分類での

サイト紹介ということはかなり困難です。

さて、そのへんをご理解いただいた上で、

障害者の参政権問題を取り扱っているサイトを

いくつかご紹介させていただきましょう。

冒頭のURLでご紹介したdisabled peopleと題するサイトは、

精神障害特別立法に関すること、

障害者の参政権に関することなどについて、

自らが直接障害を持つ人々と関わってきた経験を踏まえながら、

かなり深く追求しています。

特に、憲法で保証された国民固有の権利である参政権を

障害者にもきちんと保証していくためには、

障害当事者を議会に送り込むこと、

それが障害者の社会的「自立」なのだという視点がしっかりと貫かれています。

とても頼もしいサイトです。

こちらは(財)日本障害者リハビリテーション協会発行の

「ノーマライゼーション障害者の福祉」から、

障害者と政治参加を特集した号がWeb閲覧できるページです。

直接の支援運動サイトではありませんが、

記事内容が充実していますので、情報面での強い支援力を持つでしょう。

こちらはご存知と思いますが、 障全協のサイトです。

障全協は4つの権利、すなわち、

・生きる権利

・学ぶ権利

・働く権利

・政治参加の権利

の確立を基本方針として、30年以上の長きにわたり活動している全国団体です。

障全協はこうした政治課題を常に全面に押し出して活動しますので、

いわゆる大衆団体とはいえ労働運動や平和運動などの団体とのつながりも深く、

共通した課題で連携し合うことも少なくありません。

こちらは障害者問題からは大きく離れますが、

薬害エイズ訴訟原告、川田龍平氏のサイトです。

内容的にもご質問の主旨からは大きく外れますが、

彼の社会参加の姿は単なる投票行動を超えた

参政権の行使と考えることが出来ます。

ご質問の見当識障害に関しては、

たしかに人定識別にさえ障害が見られるケースにおいて

正しい判断に基づいた投票行動が可能なのかというような素朴な疑問は

国民感情としてあるかもしれません。

しかし、こと選挙に関しては、そうした人も平等に参加する社会の未来を決める

有権者の代表を選出するものなのですから、

まず万人に参政権ありき、参政権の保証が当然という視点でいかなければ

国民全体の「主権」という大原則が貫けなくなってしまうことになります。

自分の権利を守るためにも、自らが障害を持つ持たないに関わらず、

より困難を抱え、権利が抑圧されやすい人々に思いを寄せて

最大限の権利行使が保証されるよう求めていくことが

極めて大切であると私は思います。

以上、ご質問の主旨にはそっていませんのでポイントはいりません。

ご不快の念を抱かれましたら、開封に要したポイントを送信させていただきますので

ご遠慮なくおっしゃってください。

ただ、せっかくのご質問が無回答で埋もれてしまうにしのびず

書かせていただきました。

これによって皆さんの注目が寄せられ、

さらに回答が集まってくるようになればと願っています。

id:es_quif-ti_esti

丁寧なご回答ありがとうございました

諸問題/諸状態を包含/連帯して

事に当たる傾向/指向には原則的に同意します

一方で労働運動/平和運動などの

オルグ的コンテンツとの連動を前提されず

最低限の政治参加にあたっての

見当識内容を理由とした事前棄却因子を

妥当な範囲で局限することのみが目的だったため

興味の喚起や情報の整理を含め

仮に障害関連のサイトに限定しない場合でも

上記要件に一部該当していればご教示を仰ぎたい心境でした

対象集団群への組み込みから出発するというよりは

個人における相対的差異因子に時として多少の共通項が見られる

そんなアクセスポイントから質問もしていたため

ご意見・ご指摘などを含めご回答お待ちしております

2003/10/29 23:58:54
  • id:es_quif-ti_esti
    es_quif-ti_esti

    操作に慣れていない点と
    ご返答の公開を優先すべきとの判断
    及び直接的な関連サイトか少なそうな印象から

    いったん質問を締め切ることにしました
    期間限定の質問は意外と難しいのかも知れません


    フォーカスが取れた質問がありましたらぜひご提示下さい



    それでは

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません