てんかん患者に特有の性格があると聞きましたが、どんなものですか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/10/31 10:01:24
  • 終了:--

回答(3件)

id:ojizosama No.1

ojizosama回答回数358ベストアンサー獲得回数02003/10/31 10:05:48

ポイント20pt

性格には、てんかんによる性格・行動の変化だそうです。

id:estrela

参考になります。

2003/10/31 12:18:19
id:saiz No.2

saiz回答回数286ベストアンサー獲得回数02003/10/31 11:43:47

ポイント20pt

恐らく、てんかん性性格障害としていわれている粘着性、易刺激性、爆発性、頑迷などのことでしょうが、これらは、てんかんに特異的なものではなく、心理社会的要因や薬剤など様々な因子の複合作用とする考えが一般的なようです。

また、WHOのてんかん事典は,てんかん性精神病やてんかん性性格変化などの古典的用語を“誤用語”と明記しているとの事ですから、思い込み、誤認識により差別的な考え方に至らないよう気をつけることが必要であると考えます。

また、家族等の思い込みによる「甘やかし」によるところも大きいと考えられているようです。

id:sommeil No.3

sommeil回答回数356ベストアンサー獲得回数02003/10/31 11:50:26

ポイント20pt

【精神活動の粘着性(よいかたちをとれば忍耐強さ・徹底性・完全性・きちょうめんとなり,不つごうのすがたをとれば,くどい・強引・こだわりとなる)と感情の爆発性があげられる。しかし,この性格特徴がてんかん発作の結果なのか,それともてんかん発作の原因をなしている脳の損傷のためなのか,議論がある。続発性てんかんの人のはうにより多い。】

【てんかんは、さまざまな原因で起きてくる病気で、原因によって随分違った特徴があります。したがって、てんかん患者共通の性格などというものはありません。】

  • id:masaomix
    大切なことを補足させてください

    寄せられた回答にもありますように、
    「てんかん患者に特有の性格」はありません。

    そして、ここでものすごく大切なこととして補足しておきたいのが、
    WHOは「てんかん性精神病」や「てんかん性性格変化」などの用語を
    「誤用語」と明記している、
    ということなんです。

    たしかに、同じような原因のてんかんであれば、
    同じような性格的特徴を見いだせることはあります。
    しかしそれは、てんかん性機序に基づくものというよりも、
    共通する状況が似通った性格を形作るという
    「間接的なもの」と考える方が当たっています。

    てんかんには、さまざまな原因があります。
    昔から「火てんかん」「水てんかん」などというように
    症状の現れるきっかけも様々で、
    まさに十人十色の疾患がてんかんです。

    しかし、しばしばてんかん患者には「共通した性格」があると
    今日まで信じられ、そして事実そのように見えることが少なくないのは、
    ひとえに病気のストレス、偏見や差別による抑圧感・不安感、
    といったものに起因するんです。

    わが国の研究でも、精神医学誌35号によれば、
    通常の社会生活を営む患者76例を対象に
    抑うつと臨床特徴の関連を調査した結果、
    てんかん症状に深く関与するとされる側頭葉と非側頭葉、
    左右の側頭葉などに有意差はみられず、
    結果として抑うつは疾患による影響よりも、
    「情緒適応」と「対人関係」に代表される
    「心理要因」が規定要因であると考えられることが報告されています。

    そういったことを踏まえ、いわれのない差別や偏見を無くしていくためにも、
    「てんかん患者に特有の性格はあるか」と問われた時、
    「WHOはそれを否定しています」と明確に答えていくのが医学者の責務であると、
    私は考えています。

    私も人医学畑ではありませんが、生物科学に関わる者として、
    こういった意味で、どうしてもこのご質問には回答を寄せておきたかったと、
    でも書いているうちに終わってしまったので
    改めてこちらに書かせてもらっていると、そういうわけなんです。

    ぜひestrelaさんも、そして、これをお読みの全ての方も、
    こうした質問がきかれた時は、これからはぜひ、
    「WHOがそれは違うと言っています」と答えてください。

    てんかんは、治療法の存在する病気です。
    しかし、差別や偏見は、ヘタをすると一生の問題につながります。
    幼い頃からこの病気と闘っている人も少なくありません。
    幼い頃から偏見にさらされていたら、一生が狂ってしまいます。
    そして青年、成人にいたり、恋愛や就職や結婚にまで影響してしまったら、
    それこそ大変です。
    それこそ病気の影響どころの騒ぎじゃなくなってきます。

    ここが、ものすごく大切な所だろうと、私は思うのです。
  • id:adlib
    Re:大切なことを補足させてください

    >寄せられた回答にもありますように、
    >「てんかん患者に特有の性格」はありません。
    >
    >そして、ここでものすごく大切なこととして補足しておきたいのが、
    >WHOは「てんかん性精神病」や「てんかん性性格変化」などの用語を
    >「誤用語」と明記している、
    >ということなんです。
    >
    >たしかに、同じような原因のてんかんであれば、
    >同じような性格的特徴を見いだせることはあります。
    >しかしそれは、てんかん性機序に基づくものというよりも、
    >共通する状況が似通った性格を形作るという
    >「間接的なもの」と考える方が当たっています。
    >
    >てんかんには、さまざまな原因があります。
    >昔から「火てんかん」「水てんかん」などというように
    >症状の現れるきっかけも様々で、
    >まさに十人十色の疾患がてんかんです。
    >
    >しかし、しばしばてんかん患者には「共通した性格」があると
    >今日まで信じられ、そして事実そのように見えることが少なくないのは、
    >ひとえに病気のストレス、偏見や差別による抑圧感・不安感、
    >といったものに起因するんです。
    >
    >わが国の研究でも、精神医学誌35号によれば、
    >通常の社会生活を営む患者76例を対象に
    >抑うつと臨床特徴の関連を調査した結果、
    >てんかん症状に深く関与するとされる側頭葉と非側頭葉、
    >左右の側頭葉などに有意差はみられず、
    >結果として抑うつは疾患による影響よりも、
    >「情緒適応」と「対人関係」に代表される
    >「心理要因」が規定要因であると考えられることが報告されています。
    >
    >そういったことを踏まえ、いわれのない差別や偏見を無くしていくためにも、
    >「てんかん患者に特有の性格はあるか」と問われた時、
    >「WHOはそれを否定しています」と明確に答えていくのが医学者の責務であると、
    >私は考えています。
    >
    >私も人医学畑ではありませんが、生物科学に関わる者として、
    >こういった意味で、どうしてもこのご質問には回答を寄せておきたかったと、
    >でも書いているうちに終わってしまったので
    >改めてこちらに書かせてもらっていると、そういうわけなんです。
    >
    >ぜひestrelaさんも、そして、これをお読みの全ての方も、
    >こうした質問がきかれた時は、これからはぜひ、
    >「WHOがそれは違うと言っています」と答えてください。
    >
    >てんかんは、治療法の存在する病気です。
    >しかし、差別や偏見は、ヘタをすると一生の問題につながります。
    >幼い頃からこの病気と闘っている人も少なくありません。
    >幼い頃から偏見にさらされていたら、一生が狂ってしまいます。
    >そして青年、成人にいたり、恋愛や就職や結婚にまで影響してしまったら、
    >それこそ大変です。
    >それこそ病気の影響どころの騒ぎじゃなくなってきます。
    >
    >ここが、ものすごく大切な所だろうと、私は思うのです。
  • id:adlib
    Re:大切なことを補足させてください

    >寄せられた回答にもありますように、
    >「てんかん患者に特有の性格」はありません。
    >
    >そして、ここでものすごく大切なこととして補足しておきたいのが、
    >WHOは「てんかん性精神病」や「てんかん性性格変化」などの用語を
    >「誤用語」と明記している、
    >ということなんです。
    >
    >たしかに、同じような原因のてんかんであれば、
    >同じような性格的特徴を見いだせることはあります。
    >しかしそれは、てんかん性機序に基づくものというよりも、
    >共通する状況が似通った性格を形作るという
    >「間接的なもの」と考える方が当たっています。
    >
    >てんかんには、さまざまな原因があります。
    >昔から「火てんかん」「水てんかん」などというように
    >症状の現れるきっかけも様々で、
    >まさに十人十色の疾患がてんかんです。
    >
    >しかし、しばしばてんかん患者には「共通した性格」があると
    >今日まで信じられ、そして事実そのように見えることが少なくないのは、
    >ひとえに病気のストレス、偏見や差別による抑圧感・不安感、
    >といったものに起因するんです。
    >
    >わが国の研究でも、精神医学誌35号によれば、
    >通常の社会生活を営む患者76例を対象に
    >抑うつと臨床特徴の関連を調査した結果、
    >てんかん症状に深く関与するとされる側頭葉と非側頭葉、
    >左右の側頭葉などに有意差はみられず、
    >結果として抑うつは疾患による影響よりも、
    >「情緒適応」と「対人関係」に代表される
    >「心理要因」が規定要因であると考えられることが報告されています。
    >
    >そういったことを踏まえ、いわれのない差別や偏見を無くしていくためにも、
    >「てんかん患者に特有の性格はあるか」と問われた時、
    >「WHOはそれを否定しています」と明確に答えていくのが医学者の責務であると、
    >私は考えています。
    >
    >私も人医学畑ではありませんが、生物科学に関わる者として、
    >こういった意味で、どうしてもこのご質問には回答を寄せておきたかったと、
    >でも書いているうちに終わってしまったので
    >改めてこちらに書かせてもらっていると、そういうわけなんです。
    >
    >ぜひestrelaさんも、そして、これをお読みの全ての方も、
    >こうした質問がきかれた時は、これからはぜひ、
    >「WHOがそれは違うと言っています」と答えてください。
    >
    >てんかんは、治療法の存在する病気です。
    >しかし、差別や偏見は、ヘタをすると一生の問題につながります。
    >幼い頃からこの病気と闘っている人も少なくありません。
    >幼い頃から偏見にさらされていたら、一生が狂ってしまいます。
    >そして青年、成人にいたり、恋愛や就職や結婚にまで影響してしまったら、
    >それこそ大変です。
    >それこそ病気の影響どころの騒ぎじゃなくなってきます。
    >
    >ここが、ものすごく大切な所だろうと、私は思うのです。
  • id:adlib
    十年前の論争です。

    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=19930708
  • id:masaomix
    Re:十年前の論争です。

    adlibさん、ありがとうございます。
    ありましたね、教科書に載った筒井作品中の
    てんかんに関する部分が不適切であるのかないのか、
    当時は「表現の自由」か「人権」かといった二者択一論にまで及んで
    かなり社会問題になりました。

    あれからずいぶん時間が経過して、
    てんかん=精神病という誤解が払拭されたのか、されないままなのか、
    それとも忘れ去られてしまったのか・・・・。
    今という時代は、どうなんでしょうね。
    考えさせられました。
    ありがとうございました。

    ぜひこれ、多くの人に読んでみてもらいたいですね。

    P.S.いわしには、書き込みを削除する方法がないみたいです。
    でも、そのまま放置で大丈夫ですよ。
  • id:estrela
    Re(2):十年前の論争です。

    >adlibさん、ありがとうございます。
    >ありましたね、教科書に載った筒井作品中の
    >てんかんに関する部分が不適切であるのかないのか、
    >当時は「表現の自由」か「人権」かといった二者択一論にまで及んで
    >かなり社会問題になりました。
    >
    >あれからずいぶん時間が経過して、
    >てんかん=精神病という誤解が払拭されたのか、されないままなのか、
    >それとも忘れ去られてしまったのか・・・・。
    >今という時代は、どうなんでしょうね。
    >考えさせられました。
    >ありがとうございました。
    >
    >ぜひこれ、多くの人に読んでみてもらいたいですね。
    >
    >P.S.いわしには、書き込みを削除する方法がないみたいです。
    >でも、そのまま放置で大丈夫ですよ。
  • id:estrela
    ご心配なく

     こんにちは。
     ご心配なく。偏見があって質問をしたわけではありません。
     というか逆です。
     でも、それはなぜなのかは言えません。
     てんかん自体は、薬を飲みつづける以外は、通常の人と全く
    かわりのない生活を送れます。車の免許を取れないのが信じら
    れないくらいです。
  • id:estrela
    運転免許とれます

    ごめんなさい 制限つきで免許がとれるようになりました。
  • id:yukio-3014
    てんかんは発達障害のある子がかかりやすい傾向にあるそうです。自閉症の子は9歳位までにてんかんを合併する事があり、我が子もこれに当てはまります。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません