ペットフード(主にドックフード)をネット上にて販売する場合の国の法律、届出が必要なもの、製品に明記が必要なものなどの規定について、載っているHPを教えて下さい。きちんとした手続きをした上で、販売した商品でトラブルが発生した場合の対処法や法令があるのかどうかが知りたいです

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/11/02 12:21:54
  • 終了:--

回答(2件)

id:windvalley No.1

windvalley回答回数373ベストアンサー獲得回数02003/11/02 13:52:46

id:musamika

ありがとうございます かなり参考になりました

法令や裁判実例があればそれもしりたいです

2003/11/02 14:52:49
id:masaomix No.2

masaomix回答回数1023ベストアンサー獲得回数12003/11/02 14:25:41

ポイント60pt

http://www.officecats.net/

動物愛護同人「ねこの事務所」

URLはダミーです。私のサイト(^-^;

さて、ご質問の文面からは、

ご質問者が販売側なのか顧客側なのかがちょっとわかりませんが、

一応これからペットフード販売に参入されるについてのご質問、

という前提で書かせていただきます。

また、オンラインショップとしての法律関係については

主に「特定商取引に関する法律」の適用を受けることになり、

同法に定める義務を遵守する必要がありますが、

そのへんのことも十分ご存知であることを前提に、

主に動物関連業種という点に焦点を絞って書かせていただきます。

まず、動物関係法令に関してですが、

これは生体の取り扱いを伴う業種についてのみ規定が設けられ、

ペットフードを含む用品のみの販売の場合は特に何の規制も規則もありません。

また、動物用飼料に関しては農業畜産関係法令が関わってきますが、

犬や猫など愛玩動物を対象とした飼料の取り扱いに関しては適用外となります。

唯一、ペットフードの製造に関しては、特に畜肉を原料とする場合、

ちょっとややこしい規制があるんですが、

このあたりも問屋から仕入れた物を販売するだけなら関係ありませんね。

そのようなわけで、オンラインショップとして遵守すべき事項は、

他の物品販売と全く変わらないとお考えいただいて構いません。

続いて「製品に明記が必要なもの」ですが、

これも特定商取引に関する法律などが求める事項以外は、

特に商品に関する法的な表示義務項目はありません。

ただ、ユーザーに対する配慮としては、

「総合栄養食」であるのか「一般食」であるのか、

ライフステージはどこを対象としたものであるのか、

といった基本情報は欠かせません。

また、ドッグフードの場合はメーカーが対象犬種を指定していれば、

概ね「小型犬」「中・大型犬」程度の区分で構いませんので、

そうした情報の提供も欠かせません。

できれば代謝エネルギー量と体重別標準給与量も併記すると喜ばれます。

もちろんこれらは義務ではありません。

最後に「販売した商品でトラブルが発生した場合の対処法や法令」についてですが、

通信販売に関わる事項については、あらかじめ、

http://www.jadma.org/

日本通信販売協会【JADMA(ジャドマ)】

JADMAに入会しておくことをお勧めします。

JADMAは特定商取引法の第30条に位置づけられる通販業界の公益法人であり、

こちらに入会が認められるのであれば、

まずその時点では通販業者として合格点であると言えるからです。

正会員になるは通販開始後1年以上であることなどの条件がありますが、

開業直後でも、消費者からの相談に対して十分な処理体制を整えていること、

販売する商品や営業方式が公序良俗に反しないこと、

通販に関わる関係法令を遵守しかつ適正に行われている、

などの条件が認められれば準会員として入会できます。

あとは、協会の指導に基づいてやっていけば間違いありません。

続いてペットフードに特化したトラブルに関してですが、

この中で一番想定されやすいのは、実は取引上の問題ではなく、

お店側が好意で提供した「健康管理」「飼養技術」などの情報に関するクレームなんです。

特にフード関係は健康の維持管理に直結する物だけに、

各ショップともこうした情報の充実で集客を図るわけですが、

専門知識が無くメーカーの宣伝文句を鵜呑みにしてしまったり、

経営者や従業員の経験のみで書いてしまうと、

ここが落とし穴になってしまうことが多々あります。

こうした「好意で提供している情報」であっても、

それが購買意欲を誘うということであれば、

これはひとつの間接的な商品情報ですから、

虚偽の記載は、意図的であるなしにかかわらず

当然まずいことになってきます。

こうしたことを防止するには、専門資格を持つ方と顧問契約を結び、

あくまで商品情報としてでない「専門家のアドバイス」という形で、

その人の持つ資格に基づいた情報提供をお願いしてしまうことが一番です。

要するに、顧客に提供する健康管理や飼養技術情報などに関する責任は、

専門の資格者に丸投げしてしまうわけですね。

そして質の高い情報を提供することが出来るわけですから

顧客からの信頼度も上がり、一石二鳥というわけです。

こうした顧問役に適する資格者としては、獣医師か、

ペット関連業界で設立している公益法人、

社団法人日本愛玩動物協会(JPC)

http://www.jpc.or.jp/

社団法人日本愛玩動物協会 

に所属する1級以上の「愛玩動物飼養管理士」が挙げられます。

愛玩動物飼養管理士資格には指導級、1級、2級、準2級がありますが、

1級以上は環境省管轄の同協会に席を置いて

その指導監督下で活動することが義務づけられていますので、

公的資格に準ずる公的信頼性と社会的責任を負っています。

また、前述のJPCはペットフード販売業などを含めた

動物関連業界の唯一の公的団体ですので、

経営者ご自身もこちらに加盟しておきますと何かと有利になってきます。

そのようなわけで、何かの時に相談窓口を売るためにも、

顧客の信頼を得るためにも、JADMAとJPCに入会しておくことがお勧めです。

私もJPC所属の1級愛玩動物飼養管理士の会員であり、

ボランティアベースではありますが、

動物を飼っている方や動物関連業界の皆様からの

ご質問やご相談に応じさせていただいております。

何かありましたら、いつでも冒頭のサイトに掲示板がありますので、

そちらにお越しください。

また掲示板上でまずいことはWebmasterあてのメールで私の所に届きますので

そちらでご連絡をいただいても構いません。

専門外のことでも、お時間をいただければ、

それなりの人脈を通してお調べすることができるかもしれません。

動物関連業は、動物愛護法の目的とする適正飼養の推進において、

とても大切な役割を担います。そうしたことをご理解いただき、

共に人と動物の共生社会構築にご尽力くださる業者様には協力を惜しみませんので、

ぜひお気軽にお声をおかけいただければと思います。

なお、もしこのご質問が顧客側の立場からのものであり、

業者さんとのトラブル解決のためになされたご質問だった場合も、

同様にご連絡いただければ何かのお力になれるかもしれませんので、

お気軽にお声をおかけいただければ幸いです。

id:musamika

ありがとうございます。大変参考になりました。食品産業に携わっておりまして、個人的な経験からより安全な、おいしいフードを販売したいと思っております。人間用には詳しいのですが、栄養基準等専門外ですので、専門家のかたの御意見をうかがわせていただきたいと思っております。その際はどうぞ宜しくお願いいたします

2003/11/03 12:36:15

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません