@niftyのURL転送サービス(フレーム方式)を使って、転送先ページ内のテキストをgoogleの検索対象にさせることは可能なのでしょうか?なぜか、niftyは教えてくれなかったのです。どなたか使われた事のある方、知っている方、よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/11/11 06:01:17
  • 終了:--

ベストアンサー

id:masaomix No.3

masaomix回答回数1023ベストアンサー獲得回数12003/11/11 07:10:03

ポイント50pt

あ、フレーム転送方式というのは、

niftyの説明にも

「フレームに対応していないブラウザからのアクセスを受け付ける場合には、

リダイレクト方式をお選びください。」と書いてあることからもわかる通り、

アクセスするURLにフレームHTMLが自動的に生成され、

その中で<FRAME src=”・・・・”>でページが呼び出されるという方式なんです。

ですから、フレーム転送を使う場合は、

意識していなくても「html内に記述するframeタグ」を使っていることになります。

id:tanabee

そういう仕組みなんですか。ありがとうございました。

2003/11/11 07:17:15

その他の回答(2件)

id:okinawacomics No.1

okinawacomics回答回数47ベストアンサー獲得回数02003/11/11 06:09:43

ポイント10pt

http://ascii24.com/news/reading/searchengine/2002/08/28/print/63...

ASCII.jp:ascii24.com一時停止のお知らせ

これはGoogleに限った話ですが、現在の検索は、ほとんどGoogleが使われているので、これ限定で話をしますと、転送先のページは、嫌われる傾向にあります。詳しくは、こちらを参考にしてください。

http://googledance.hyperposition.com/

Google Dance Apocalypse(グーグルダンス黙示録)

id:masaomix No.2

masaomix回答回数1023ベストアンサー獲得回数12003/11/11 06:46:39

ポイント10pt

基本的にGoogleのようなサーチエンジンは、

フレームはフレーム、中身は中身として別々のURLで認識します。

ですから、フレーム転送の場合、フレームのURLに対しては

「お使いのブラウザはフレームをサポートしていません」

といったフレーム未使用時に表示される内容のみしか取得してもらえません。

もちろんフレーム内のページをGoogleの検索結果に加えてもらうことはできますが、

その場合はフレームを被せない「生のURL」として認識されることになるわけです。

id:tanabee

回答有難うございます。

私が言っている「フレーム方式」というのは、html内に記述するframeタグの事ではありません。

以下のページを見ていただけると助かります。

http://www.nifty.com/url/qa.htm#q6

2003/11/11 06:57:16
id:masaomix No.3

masaomix回答回数1023ベストアンサー獲得回数12003/11/11 07:10:03ここでベストアンサー

ポイント50pt

あ、フレーム転送方式というのは、

niftyの説明にも

「フレームに対応していないブラウザからのアクセスを受け付ける場合には、

リダイレクト方式をお選びください。」と書いてあることからもわかる通り、

アクセスするURLにフレームHTMLが自動的に生成され、

その中で<FRAME src=”・・・・”>でページが呼び出されるという方式なんです。

ですから、フレーム転送を使う場合は、

意識していなくても「html内に記述するframeタグ」を使っていることになります。

id:tanabee

そういう仕組みなんですか。ありがとうございました。

2003/11/11 07:17:15
  • id:masaomix
    説明不足でごめんなさい

    ちょっと説明に大ざっぱなところがあって混乱させてしまいましたね。
    ごめんなさい。

    で、具体的な検索エンジン対策なんですが、
    フレームを発行するサーバの設定によっては
    ロボットが中身のページまで入ってきてくれないことがありますから、
    そのような時には
    http://www.google.com/intl/ja/addurl.html
    にフレームを被せない生のURLを記入してロボットを呼んでください。

    そして中身のページには
    <a href=”http://フレーム転送URL” target=”_top”>トップページ</a>
    といったトップページに戻るリンクを入れておきます。
    こうしておけば、検索結果からアクセスしてきた人も
    リンクをクリックした後は
    フレーム転送モードでサイトを閲覧してくれますね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません