アルコールがなぜ、どのように微生物に対して殺菌効果を持つのかを詳しく知りたいのですが。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/11/13 23:59:55
  • 終了:--

回答(7件)

id:JunK No.1

JunK回答回数707ベストアンサー獲得回数182003/11/14 06:13:50

ポイント10pt

 2.回答者の2番目のwebの続きです。エタノール(C2H5−OH)は、有機物(C2H5-)の性質と水(-OH)との性質を併せ持つ溶媒です。そのため、生物細胞を保護している細胞膜と混ざり合って、破壊に至ることもあります。こうなったら生物は生きていけません。アルコールによる殺菌作用は概ねこんな感じで説明されています。

http://www.kenko.com/product/item/itm_8321517072.html

消毒用エタノール(消毒用アルコール) 500ml 【ケンコーコム】

 しかし、殺菌作用はあまり強くなさそうです。効果のない細菌・ウィルスもいます。

id:sommeil No.2

sommeil回答回数356ベストアンサー獲得回数02003/11/14 00:08:28

ポイント10pt

http://shokusen.jp/faq/1.html

日本食品洗浄剤衛生協会

【アルコール濃度が70%の時、アルコールと水との分子組成が1:1となり、疎水基が平面上に並んで広い疎水面を作り、細胞膜を破壊してタンパク質を溶出させるので、殺菌効果を示すという新しい解釈も出されています。】

id:fridge

ありがとうございます。もう少し分かりやすいページはないでしょうか。

2003/11/14 00:11:45
id:DigitalDog No.3

DigitalDog回答回数13ベストアンサー獲得回数02003/11/14 00:10:20

ポイント20pt

http://www.yoshida-pharm.com/information/dispatch/dispatch19.htm...

Dispatch/アルコール系消毒薬について

このあたりでどうでしょう?

似たような質問があったんでこちらも張っておきます。

id:fridge

ありがとうございます。気化熱は分かるのですが、微生物が死ぬくらい温度が下がる物でしょうか。

2003/11/14 00:13:53
id:masi No.4

masi回答回数356ベストアンサー獲得回数02003/11/14 01:04:09

ポイント10pt

http://www.jarmam.gr.jp/situmon/alcohol_noudo.html

消毒用アルコールの濃度について

脂肪に反応してこれを破壊するとあります。

id:vivace152 No.5

vivace152回答回数18ベストアンサー獲得回数02003/11/14 03:16:18

ポイント30pt

ここの一番下の方「殺菌剤には、どんな種類があるの?」には

『アルコールは局所的にタンパク質を凝固させる』とあります。

ここの表の「アルコール類」には『原形質の阻害による殺菌。』とあります。

つまり、アルコールの化学反応により細菌のタンパク質を破壊して菌を殺す、ということになります。

下の方、表3−1に『アルコール類』とあり、『除菌効果』の欄に

『グラム菌(+)(-)、結核菌に有効』とあります。

id:fridge

ありがとうございました。タンパク質の凝固作用と原形質の阻害というのは同じことなのでしょうね。だいたい理解できたと思います。

2003/11/14 19:12:47

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 ostraking 47 43 0 2003-11-14 12:43:19
2 blueberryjam 128 118 2 2003-11-14 13:22:35

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません