建築を学んでいます。建築作品を、知覚的に分析したいのですが、展開図などの図式を使用して、一連のシークエンスを通して、研究しようとおもっています。(特に動線空間に着目しています)その際、何を知覚に働きかける要素としてよいのでしょうか??? 空間と知覚の関係も分かりやすい形で知りたいです。また、分析方法・参考文献(簡単なもの)なども良いものがあれば教えてください!!!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/11/19 14:10:03
  • 終了:--

回答(4件)

id:shoma No.1

shoma回答回数18ベストアンサー獲得回数02003/11/19 14:46:56

ポイント5pt

奥行き知覚の話

大阪大学の脳神経工学講座視覚神経科学研究室博士課程の方のページです。

知覚に働きかける要素がうまくまとまっています。

URLは図書連想検索です。

1. ビジョン―視覚の計算理論と脳内表現

D, Marr,乾 敏郎 (翻訳), 安藤 広志 (翻訳)

ISBN: 4782851235

2. 誰のためのデザイン?

D.A. ノーマン,野島 久雄 (翻訳)

ISBN: 478850362X

3.視覚心理学への招待 : 見えの世界へのアプローチ

大山正

1は視覚知覚の名著ですが,やや難しいかもしれません。

2はユーザビリティの本として有名ですが,銅線空間に作用する要素(アタッチメント)の参考になるかと思います。

3は定番の入門書です。

空間と知覚の関係の奥が深いので,なかなか簡単には説明できません。空間知覚,視覚知覚をキーワードに学ぶと良いでしょう。

id:nric

とってもご丁寧にありがとうございました。

より建築論よりの文献や研究はあるでしょうか??

2003/11/19 15:15:49
id:takachi73 No.2

takachi73回答回数16ベストアンサー獲得回数02003/11/19 14:57:22

id:nric

とってもご丁寧にありがとうございました。

動線空間における知覚的な動的空間体験としてのシークエンスを通して、最終的には、建築のデザインの手法の話をしたいんですが、そのデザイン手法を評価する際、知覚的な現象として快適性・高揚感をどう定義してよいのか分かりません。そのあたりを研究している分野はありますか??

記号論、現象論、心理学、哲学的空間論などを連想しますが、ピンポイントなものはどういった分野なのでしょうか?? 

できれば、多分野を概観するのがベストだと思いますが、そういった文献を理解するのがなかなか難しいです。。。

2003/11/19 15:29:14
id:naotuku No.4

naotuku回答回数24ベストアンサー獲得回数02003/11/19 16:27:21

ポイント30pt

まずは、基本から勉強してはどうでしょうか?そこからいろんな分野に手を伸ばしていくのがいいのでは?

とりあえず、この本を参照してください。

田中純さんのページです。このページの中に建築の記述とは何か?というのがあります。参考になると思いますよ。

空間の記述方法について。

実は論文の書き方がわからないのでは?

id:nric

ありがとうございました。

2003/11/20 00:10:06

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません