ホームページビルダーは1998年から4つのシリーズを買ったけれど、いまだにできない私です、でも毎日ワードは使っています。「C:¥Documents and Settings¥元¥My Documents¥ 」がいっぱいですと言われる。本は読んでいます。本のとおりには、画面がでない。未熟なのでしょうが。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/11/22 22:08:35
  • 終了:--

回答(4件)

id:sinb No.1

sinb回答回数341ベストアンサー獲得回数102003/11/22 23:05:40

ポイント40pt

http://www.hatena.ne.jp/1069506515#

ホームページビルダーは1998年から4つのシリーズを買ったけれど、いまだにできない私です、でも毎日ワードは使っています。「C:¥Documents and Settings¥元¥My Doc.. - 人力検索はてな

ダミーurlです

wordが使えるなら無理にホームページビルダーをつかわなくてもいいのでは?

wordで作った文章を保存するときに、Webぺージとして保存を選べばhtmlとして、保存できます。

id:genbeee

他にも、いろいろ聴いてみたいです。映像のよいソフトが利用希望なのです。

2003/11/22 23:21:53
id:okiraku No.2

okiraku回答回数6ベストアンサー獲得回数02003/11/22 23:42:33

ポイント30pt

http://www.anne-box.com/hpmake/top.htm

ホームページを作ってみたい!☆初心者向けHP作成講座☆

ホームページビルダ使用支援コーナーあり

http://www3.ocn.ne.jp/~maruno/

ホームページビルダー作成報告

同じくホームページビルダー使用方法支援のページ

HTMLの情報がたくさんのっているページ

こんなアドバイスでよいのかわかりませんが・・・

☆いっぱいですというほう、

ハードディスクがいっぱいなだけではないでしょうか?

いらないファイルはゴミ箱に捨てる。&ゴミ箱の中身を空にする。をして

ハードディスクの空き容量を確認してみてください。

ダブってビルダーをすべてはインストールしている状態であれば

それを一つ以外、全部をアンインストールして消せば改善されることと思います。

☆HP作成のほう

ワードができるのであれば、文字を書いて絵を貼るということや

リンクをつくるくらいの基本HP作成は、すぐできると思われます。

ですので、対策とその理由は

1)いろいろ使わず一つのバージョンでがんばってみる。

  → そんなに基本的なHP作成方法(HTML)は変化していませんので。

    メニュー等の見せ方が違う方が混乱しそうです。

2)説明の本(Web説明サイト)との自分の使うビルダーのバーションが

  あうもの一個だけみて、まずはがんばってみる。

  → 基本的なことは少ないので、一つに絞って少しづつきちんと覚える。

3)多少見ている資料と表示が違うのは気にしないで、先に進んでみる。

  → そのうちに、同じ操作が別のところで出てきて、そこでは理解できる可能性高し4)HTMLというものの基本を少しだけ見てみる

  → HPビルダーで作成されるHPは、すべて文字で書かれているものを

    インターネットエクスプローラ等ブラウザが処理して色がついて

    書類のようにみえるものなので元がわかれば細かく直せますので。

それでは、楽しいHPを創られる事を願って。がんばってください。

id:genbeee

細かいことをお聞きしてもいいですか。消し方をもう少し。HPビルダーの、最初のホルダーが見当たらないのです。ハードディスクはCが4割、Dが1割使用です。

2003/11/23 00:17:16
id:ayayaya No.3

ayayaya回答回数607ベストアンサー獲得回数02003/11/23 01:48:57

ポイント10pt

http://www.2ch.net/

2ちゃんねる掲示板へようこそ

↑はダミー ayayayaです。

力になりたいのでメールにて詳しい情報ください

fujieiko@hotmail.com

id:genbeee

もう少し、知識を深めたいので、お聞きしたい。よろしく。

2003/11/23 09:37:14
id:masaomix No.4

masaomix回答回数1023ベストアンサー獲得回数12003/11/23 07:42:10

ポイント30pt

色々頑張ってらっしゃいますね。

ただ、色々ご質問を拝見してちょっと思うのは、

むずかしいことをやりすぎちゃってるな、っていうことなんです。

ホームページ作りというのは本来ものすごく簡単な作業で、

ただ画面のレイアウトを文字で書いていくだけなんですね。

ですから、必要なものはメモ帳とCG描きソフトくらいのもので、

あとは出来上がりを確認するブラウザがあればそれでOKなんです。

ところがそこにややこしいソフトを導入してしまうと、

そのソフトの使いこなしに苦労させられて、

肝心のホームページ作りは全然進まない、

ってなことになってしまうわけです。

どうもgenbeeeさんは、その落とし穴にはまっちゃっている感じがします。

ここらでちょっと視点を変えていきましょうよ。

まずメモ帳を立ち上げてください。

そして、

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<html>

<head>

<title>ここにページのタイトルを入れます</title>

</head>

<body>

ここにページの本文を入れます

</body>

</html>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(タイトルと本文以外は全て半角英数記号で書いてくださいね)

これを、とりあえず index.html という名前で保存しましょうか。

「ファイルの種類」は拡張子無しの「全てのファイル」で保存してください。

そして、再びメモ帳を[ファイル]→[開く]と操作して、

出てきたファイルの一覧からindex.htmlをマウスで掴んで

ブラウザにドラッグアンドドロップします。

どうです。ちゃんと表示されたでしょう。

ホームページはみんな、この仕組みで出来ているだけなんですから、

あとは本文の中に好きなレイアウトを書いてやれば、

どんな画像でも、どんな文字でも、自由に表現できるわけなんです。

「映像のよいソフトが利用希望」とのことですが、

これはホームページビルダーやワードが作るんじゃありません。

こうしたソフトは単に上記のような簡単なテキストファイルを作っているだけで、

画像は既に用意されているものを、

そのファイル名で組み込んでいるだけにすぎないんです。

ためしに上で作ったファイルと同じフォルダに好みの画像をコピーして、

本文部分を

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<img src=”xxxx.gif”>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(xxxx.gif は画像のファイル名)

と書き換えて保存し、ブラウザを更新してみてください。

立派に画像が表示されるでしょう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これは私が作った画像です。<br>

<img src=”xxxx.gif”><br>

なかなか立派なものでしょう!<br>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本文部分をこんなふうに書き換えれば、

画像と文字がどちらも表示されます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<font color=red>これは私が作った画像です。</font><br>

<img src=”xxxx.gif”><br>

<font color=blue>なかなか立派なものでしょう!</font><br>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

とすれば文字に色が付きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<center>

<font color=red>これは私が作った画像です。</font><br>

<img src=”xxxx.gif”><br>

<font color=blue>なかなか立派なものでしょう!</font><br>

</center>

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

とすれば、文字や画像が中央揃えになります。

ホームページビルダーで作られるファイルは、

要するにこういう単純なテキストファイルなんですよ。

こんなもの、いちいち、ややこしいソフトで作るより、

直接メモ帳で手書きしちゃった方がよほどに簡単です。

こうしたレイアウト指定のための<>でくくったものを「タグ」といい、

「タグ」さえおぼえてしまえば、どんなレイアウトも思いのままです。

2番の回答にある

は上級者になっても辞典的に使えるお勧めサイトです。

タグをおぼえたら、さらにCSSの使い方をおぼえると、

ホームページビルダーでスタイルシートを扱うのと同じ見栄えの指定が

さらに自由に行えるようになります。

(本当は上でご紹介した文字の色付けなどはCSSでやるのがお勧めです)

ホームページ作成に、専用ソフトなんか要りません。

そんなものの使い方をおぼえる時間があるなら、

タグやCSSをおぼえた方がよほど効率的。

それはそのままホームページ作りに直結する知識となります。

そしてその知識は、パソコンがMACに変わってもLinuxに変わっても

そのまま通用するスキルになってくるんです。

パソコンが変わったら通用しなくなるソフトの使い方の知識などより

よほどに長く役に立ってきます。

タグの手打ちでホームページ作りをするようになっても、

ホームページビルダー付属のウエブアートデザイナーやFTPソフトは

画像作りや出来上がったページのアップロードに活用していけますから

無駄にはなりません。

ソフトの使いこなしで苦労するより、

直接ホームページ作りに役立つ勉強に切り替えましょうよ。

ご健闘をお祈りします(^-^)/

id:genbeee

ありがとうございます。私のために労力をとっていただき感謝いたします。すべての人の回答には再点検をしているのは事実ですので、許してください。

2003/11/23 11:35:00
  • id:sinb
    メモ帳で作りましょう

    masaomixさんの言うとおりです。
    自分もメモ帳で作ることをお勧めしようと思ったんですが、長々となるのでやめちゃいました。(~_~)

    自分も最初はメモ帳で作ってたんです。だから基本が理解できた気がします。
    そうこうするうちにwin95cからflontpageがieに付属になって楽に作れるようになったんです。
    しかし最近のホームページ作成ソフトは機能がありすぎて、わけわからないです。
    細かいことをやるときは結局ソースをメモ帳でいじってます。
  • id:ayayaya
    同じくメモ帳

    私も当初はメモ帳でした。
    ある程度理解した上で、ビルダーを補助的に扱えばいいと思います。
  • id:mizki101
    メモ帳から一歩進んで

    >私も当初はメモ帳でした。
    >ある程度理解した上で、ビルダーを補助的に扱えばいいと思います。

    秀丸エディタやQEDITやその他フリーウェアで
    html支援機能(タグの入力を補助したり、タグだけ色を変えて表示したり)
    のあるテキストエディタ(早い話メモ帳)を使うと、間違いなどに気づきやすくなる
    かと思います。

    秀丸もQEDITもシェアウェアですが、色々なことに使えたり、他のアプリと連携させたりと
    用途は広いので、利用する価値はあると思います。

    http://hide.maruo.co.jp/
  • id:okiraku
    コメントで疑問を投げかけられたのでとりあえず返答

    うまく質問意図が読み込めない&HPビルダーを使っていないので
    的確ではないかもしれないですがご了承ください。

    >HPビルダーの、最初のホルダーが見当たらないのです。ハードディスクはCが4割、Dが1割使用です。

    私の解釈と返答
    1).HPビルダのソフトのインストールされているフォルダがわからなくてソフトが消せない
    → コントロールパネルのソフトのプログラムの追加と削除よりHPビルダーを選んで消してください。プログラムのファイル&フォルダを直接消すとWindowsが不安定になりますのでお気をつけください。
    2).HPビルダで作成したファイルを保存したのだが、そのファイルの置き場が見つからず消すことができない。
    → ちょっと調べたら、作成したファイルを保存するときに、
    専用フォルダを作ってそこに保存するらしいですね。
     http://www.ccad.sccs.chukyo-u.ac.jp/manualc/network/HPbuilder/
    わからなければ、スタートメニューの検索で、保存したファイル名を
    検索かければ出てくると思います。たぶん見つかったファイルの入っているフォルダ内に、作成にしようした全ファイルがあると思われます。

    どうも、HPを作りつつも、パソコン&ネット用語ともに
    初心者で困っているようですので、用語集でもみつつ、
    理想以前の簡単なところから一端ページがみれるようになるまでを
    やってみることを目標に、スタートしてみるのがよいかもしれません。
    用語は専門すぎますがちょっとずつみていけば
    わかってくると思いますのであせらずにです。
    リンクは用語辞書です。
    それではがんばってくださいね。m(_ _)m
    http://computers.yahoo.co.jp/dict/

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません