ちょっとしたことですぐ涙が出てしまいます。プライベートならよいのですが社会に出たとき女は泣けばすむと思っている、などと思われたくないので、涙をとめる方法、コントロールする方法を教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/11/27 02:48:07
  • 終了:--

回答(8件)

id:rietti No.1

rietti回答回数358ベストアンサー獲得回数02003/11/27 10:18:07

ポイント10pt

http://allabout.co.jp/health/stressmanage/closeup/CU20021002E/

涙とストレスの深い関係 - [ストレス]All About

涙とストレスの関係です。

交感神経の興奮を抑え、副交感神経を働かせる手のツボです。

手のツボならこっそり押せそうで良いかなと思いまして。

id:akkatone No.2

akkatone回答回数126ベストアンサー獲得回数12003/11/27 13:41:19

ポイント10pt

http://www.higuchi.com/

higuchi.com blog

(↑は回答とは無関係です)

machinoakariさん

>泣くこと自体は恥ずかしいとは思わないのですが、泣

>いてしまって言うべきことを言えなくなるのは悔しく

>思います。

当たり前かもしれませんが、まさにお困りの唯一最大のポイントは、同じ社会人としてココ↑にあるのだとお察しします。

つまり、「社会という場」「会社という場」で意に反して涙を流してしまうことによって、「仕事上の人間関係」や「自分の評価」に悪影響を及ぼし、最終的に「仕事そのものに支障が生じてしまう≠その場に居づらくなる」と。

お悩みの文章を拝見しますと、「社会という場」「仕事をする場」に対して、「鋭敏(誠実)であろう」とするがゆえに「お悩みが生じてる」というふうに捉えられます。

しかし、お悩みがどこから生じてるかといえば、「会社という場」への考え方、言い換えれば「誠実さ≠フェアな姿勢」にあるのではないでしょうか。

「フェア」であるということは、「ただのイイ人」を意図するものではなく、会社組織においては「強味」であり、さらに「強味徹底」により「涙によるデメリット」を上回るメリットが得られるものとして考えています。

「会社という場」を尊重する「鋭敏でフェア」な人は、(そういった場で)「泣いてしまうこと」を不甲斐ないと悩む。

とすると、

(そういった場で)「泣いてしまうこと」に悩みも葛藤も生じない人は、「会社という場」を尊重しない「鈍感でアンフェア」な人である。(対偶裏は真なり)

ということが言えます。

会社の体質にも拠ると思いますが、往々にして会社組織は①と②のどちらの人材を必要とするでしょうか。

もしわたしが会社経営者ならば、①のような「フェアな人≠会社全体の利益に注意を払えそうな人材」を迷いなく選びます。

「涙を流すことが正しい」ではなく、そのことを葛藤する「鋭敏でフェアな姿勢が正しい」と思うからです。そして、それは「強味」であり、「強味」は「徹底」した方が上手くいく、というのが私なりの(経験上の)考えです。

さて、肝心の「涙」についてですが、machinoakariさんのことをほとんど何も知らないので、以下は”提案”ぐらいのつもりでお考えください。

machinoakariさんが、会社組織に対して「鋭敏でフェアな姿勢」(忠誠とかではなく)であることには自信がある、という自負がおありなら、たとえ涙をボロボロ流し意見や主張を貫いたとしても、心配するに及ばないと思います。

ただ、大事なのはその「やり方」でしょう。

まず、「メールで問題のポイントを整理」してみてはいかがでしょうか。

涙を流す前でも後でも、ある問題解決をしたいときにはかなり有効だと思います。よく言われることですが、客観的・俯瞰的に問題を把握できるからです。

※ただし、問題解決に向けたメールでのやり取りは、2,3回までが限度かと思います。一言一句揚げ足取りのループに陥りグチャグチャになります。メールはあくまで事務処理用に使う「補助」ぐらいに考え、最終的には対面して「合意」を図るのが問題解決には最も有効かと思います。メールでは「言い方」「表情」「声のトーン」などが伝わらないからです。

それともう一つは、主張の仕方です。

これも私のこれまでの経験における「実感」ですが、「しっかりと自己主張しつつも、イヤミにならない演出を心得ている」のは、女性の方が圧倒的に多いです。そんな「先輩」がいたら、その先輩をお手本にしてみるのも「学び」になるのではないでしょうか。

これを言い出したらキリがないですが、一部否定を全否定されたように感じてしまう人が多い昨今、相手と「合意」が得られてるかどうか定期的にチェックしてみるのもいいかもしれません。

「わたしは可能な限り社内全員にとって公平な問題解決を図りたいだけで、もし意図せずあなたの気分を害するようなことを言ったとしても、それは決してあなたを否定するものではありません。その逆もしかりです。会社全体の利益を最優先にした問題解決が必要なときには、バンバン意見をぶつけ合いましょう!」

というように、言うまでもないことかもしれませんが、実際に言葉にして伝えておくと些細な誤解(誤配)を極力抑えられます。

自分の意図や論理を、さりげなくパカッと開いて公開しておくと、「まあ酒でも飲んで・・・」というような根本的に何も解決しない不健康な「仲良しごっこ」も回避できると思います。

id:sommeil No.3

sommeil回答回数356ベストアンサー獲得回数02003/11/27 13:55:28

ポイント10pt

http://www.ocular.net/jiten/jiten004.htm

目の事典・眼の構造

う〜ん。

私の場合は歯をくいしばったり、

あくびが出たふり、アレルギーで結膜炎になったふりをするとか考えましたが、

経験上からも泣きたい感情を堪えると余計にストレスが溜まって身体に良くないんですよね。

今では泣けるならまだ良いとか思うくらいなので。

涙をとめる方法よりも前に感情をコントロールする方法を考えてはいかがでしょう?

id:oin0623 No.4

oin0623回答回数110ベストアンサー獲得回数02003/11/27 13:55:40

ポイント10pt

私の場合はコンタクトしているので状況にもよりますが、わざと目が乾いて仕方ない行動をしてから目薬さします。あとは、耳の「ぷく」っと出た所を強めに揉むのも効果があると聞いた事があります。

でも無理しないで下さいね。

id:ostraking No.5

ostraking回答回数47ベストアンサー獲得回数02003/11/27 03:02:16

ポイント15pt

URLはダミーです。

グっときた時は自分に「待った」をかけて

状況を整理してみると良いかと。

わずかな時間であっても自分の置かれている状況を分析することで冷静さが増し、直情的でなくなる…気がします。

分析が正確でなくとも「自分は状況を分析できている。大丈夫!」という確信が安心感につながると思います。

id:machinoakari

いつも考える前に涙が出てきてしまうのです・・・次は頑張ってこらえて、対応してみます。

2003/11/27 03:29:43
id:masaomix No.6

masaomix回答回数1023ベストアンサー獲得回数12003/11/27 03:25:36

ポイント20pt

はじめまして。

私の専門領域は獣医野生動物学です。

さて、泣いちゃいけませんか。

動物は一般に泣かないと思われていますが、

動物はある程度の知能を持った種類ですと、

性別を問わず嘆きの行動を現します。

ただ人間と目や目に関わる分泌線の構造や制御が違うから

涙を流して泣かないだけなんです。

一般に嘆きの行動を現す動物は、

人間にたとえると5歳以上の知能を持つと考えられています。

つまり、泣くという行動は、性別に関わらず知性の証明なんですよ。

泣かないならいい。でも、泣くのを堪えていると、

いつの間にか泣けなくなってきます。

知性の鈍化です。

人間の場合、自我の発育と共に

「泣く」という行動の意味が変わってきます。

赤ちゃんのうちは、自己の存在を示すのために泣きます。

私はここよ、ここにいるのよと示すために泣いているんです。

そしてこれが少し大きくなってくると、

自己主張のために泣くようになります。

さらに知性が発達する幼児期にさしかかると、

感情の発露と結びついてきます。

感情の発露の泣くという行動を抑えるということは、

知性を幼児期以前に退行させるということです。

そうして知性を鈍化させていくことができれば、

泣かなく、いや、泣けなくなります。

でも、人間は知性の生き物です。

泣くべき時は、堂々と泣きましょうよ。

涙は、けっして恥ずかしいことではありません。

むしろ「女は泣けば済むと思っている」という評価は、

男は男らしさを演出するために

人間にとっての大切な部分を切り落としてるんだねと、

有り体に言ってバカになって世渡りをしのいでるのねと、

生物学的にはそういうことなんです。

泣けるということは知性の証明です。

涙は「知」が分泌するものなんです。

それを蔑むことが「無知」なんです。

たっぷり泣きましょう。

さらに泣くという行動は、

生理学的には自律神経の調整でもあります。

大笑いも、大泣きも、健康にいいんです。

なお、社会的に考えるに、

「女は泣けば済むと思っている」という評価を許しておくことは

性差別を助長することにもつながります。

泣かなくなることでそういった評価を避けるのは、

誤った評価を残したままにすることにつながります。

根本的に「女は何々」と言わせない社会作りが大切ですよね。

私は男ですが、そう思います。

id:machinoakari

泣くこと自体は恥ずかしいとは思わないのですが、泣いてしまって言うべきことを言えなくなるのは悔しく思います。

でも本当にそういう社会になれば良いな、と思います。実際そういう考えをしている女性が多くいることも確かですが・・・お互いが自意識を高く持つことが必要かなと思います。

丁寧な回答ありがとうございます。

2003/11/27 03:40:40
id:nameforhatena No.7

nameforhatena回答回数112ベストアンサー獲得回数02003/11/27 04:29:47

ポイント15pt

おはようございます。松田新平でございます。

URLの意味はあとでわかるかと存じます。

「女は泣けば済むと思っている」という

偏見自体は貴方にはどうしようもないと

思います。

…おれもそう思うんですよちなみに。

正確には、泣かないまでも、

「何故でも嫌い」

「生理的に嫌い」

「嫌いだから嫌い」

「理由はいえないけど嫌い」

「嫌いだったら嫌いなの!」

等々、言論封殺を目的とした

「ウルサイ、あたしの言うことをきけぇ」

という意図のみ伝わってくるトンデモ主張

を行うのは俺の36年の経験では女性が男性

の13倍くらい居るからです。

#自称(はてなにより削除しました)約20歳が、

#「違うったら違うの!」と

#メールに書いてきたとき、

#俺は「ああ、、やっぱりオンナノコなんだニャ

#と。。

通常の数倍数十倍の涙腺稼働率を記録

する、あるいは継続して声帯から奇妙な

音波を発し続けるといった行動は明白な

「攻撃」であります。主体に仇名す者を

倫理的、社会的に攻撃するための常設兵器

なのです。

#論理的ではないところに注意

再度言います、貴方がどうあれ、世間一般

の「女は泣けば済む」という偏見ないし卓見

は貴方にはどうしようもないでしょう。

でも、貴方が

「こいつは一味違う、、

と思われることは、貴方が泣き虫毛虫でも

可能です。

・俺様理論で議論をたたっ切らない

・しゃくりあげながらでも、滂沱の涙でも

かまわないのでその場に留まる。

・たすけ舟を出されてもこれ幸いと離脱しない

・すぐに泣き止んで笑ったりしない

・感情が落ち着いてから考えをまとめ、もし

貴方の主張がただしいと確信できたら、再度、

再々度、相手が貴方の正しさを認めるまで

はてしなく主張を続ける

など。

URLはレコ大のみならず賞をとりまくった

いまは主婦をしている人です。この方は

涙を見せないことで伝説的に有名でした。

いまはきっと、普通のおばさんだと思います、家族の前では。

私見では、泣かない女というのは内に

秘めたナニモノカが重過ぎて怖いです。

id:machinoakari

そうですね。例え泣いてしまったとしても熱意を伝えわかってもらうことは可能ですよね。

社会的な偏見が取り除かれたらよいとは思いますが

それは一朝一夕に解決する問題ではないと思いますので。

そのような問題を少しでも回避するために、「このようにしたら涙が止まる」という物理的な方法があれば教えていただきたいと思います。

2003/11/27 18:47:31
id:binbin530 No.8

binbin530回答回数3ベストアンサー獲得回数02003/11/27 09:26:49

ポイント20pt

ココロノマドのURLです。

メンタルヘルスの基礎知識の中の、認知修正あたりがお役に立つかもしれません。

はじめまして、machinoakariさん。

私、カウンセラーの資格を持っております。

多少なりともご参考になればと思い、ご返信いたします。

さて、ちょっとしたことで涙がすぐ出てしまう・・・とのこと。

まず、確認させていただきたいのですが「涙が出る」のは、最近特にそうなのか、子どもの頃から、そういう傾向が強いと感じられているのでしょうか。

もし、ここ1,2年の間に多いなという場合、何か環境の変化や喪失、強いストレスを感じる事があった(または続いている)事が原因の1つとも考えられるので、その場合は、専門家にご相談してみるのも良いかもしれません。

「子どもの頃から」という場合は、「ちょっとしたこと」で涙が出るのは、どんな時が多いでしょうか?「怒られた時」「失敗した時」等など色々ありますものね。

また、家族の中では大丈夫とかある特定の人物・・・先生とか怒りっぽい人とか、同じ

シチュエーションでも「涙が出ない」場合もあるかもしれませんよね。

まずは、どんな人物が関わった、どんな場合に 涙がでる事が多いか、箇条書きに

書き出してみてはいかがでしょうか。

その時、machinoakarさんがどう感じたかも一緒に書き出してみてください。

これらの作業は「ちょっとしたことですぐ涙が出る」のは、具体的にどんな場面でどんな人の場合に起こり易いのかを整理する手助けとなるかと思います。

例えば、「ミスを指摘された」という場合に、涙が出る事が多い場合、ミスをするという事を自分はどう感じているのか(思っているのか)を考えてみてください。

「ミスをして怒られる私は駄目なんだわ」と思い涙がでるのか、「ミスをした事は悪いと思っているけど、そんな言い方をされると何も言えない」と思って涙が出るのか、あるいは、ただ単に「怒られる事に脅威を感じて」涙が出るのか、同じ「涙が出る」というシュチュエーションでも、人によって様々な心の動きがあるかと思います。

machinoakariさんの心の受止め方のパターンが必ずあると思います。自分がどんな場面に弱いのかをあらかじめ知ることは、machinoakariさんの手助けになるのではないでしょうか。

頭の中で「これが来たら涙が出るぞ!」と分っていて、その場面に遭遇するのでは、

心構えが違いますから、ある程度、涙が出るストッパーの役目を果たすかと思います。

いきなり「涙が出ること」を直そう!と力みすぎるとかえって、プレッシャーになり、

辛くなることもありますから、少しずつ、苦手な場面に慣れて行くように心がけて

みてください。

本当は、色々とやり取りをしながら、克服する段階を示唆できると良いのですが、

あまり焦らないで、取り組んでくださいね。

id:machinoakari

小さい頃から泣くことは多かった気がします。感動的なシーンで泣く事も多いのですが・・・キツイ言い方をされると反射的に涙目になってしまいます。「怒られる事」それ自体への恐れがあると思います。自分では誰かに助けて欲しいという甘えた気持ちがあるのかな、と思ってきましたが・・・質問に書いた「女は・・・という言葉は多分自分もどこかに持っている考えだと思います。でもそれを変えたいと思っています。

ただその言葉は付けないほうが判りやすい質問になったかな、と反省しています。

回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

2003/11/27 19:06:43

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません