「このワインは閉じている」などと時々耳にするのですが、ワインの開き/閉じについてくわしく述べたサイトがあれば。特に、批判的に考察したものを望みます(開き/閉じを判断する基準が示されているものならなお良し。)友里さんの文は知っていますので、それ以外でお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/12/08 16:27:01
  • 終了:--

回答(5件)

id:watanabe652 No.2

na0wa回答回数163ベストアンサー獲得回数02003/12/08 16:43:07

ポイント20pt

ワインはびん熟成中に、右上がり一方で行くわけではなく、甘さが高くなったり、渋味が出てきたりと色々不思議なことが起きているんです。それが酸味・甘味・渋味それぞれに変化しているもので、徐々に一体化しますが、タンニンが表に出てきた時を閉じているといいます。

だそうです.

id:saiz No.3

saiz回答回数286ベストアンサー獲得回数02003/12/08 17:06:55

ポイント25pt

開くの方だけですが。

id:stat

みなさん、なかなか興味ぶかいサイトを探してくださってありがたいです。開く/閉じるが単なる俗説(というか都市伝説)ではなく、実際にそうなるんだということを実証したものがあればうれしいです。英語でも可です。

2003/12/08 17:32:02
id:saiz No.4

saiz回答回数286ベストアンサー獲得回数02003/12/08 17:58:05

ポイント25pt

実証とまではいきませんが、このアプローチは近いのではないかと。

http://www.fuchu.or.jp/~class30/html/2002/wine_currenttopics_200...

class30 "The Wine" Current Topics October 2002

関係無いですが、ご興味あるかとも思いまして・・。

id:stat

むむ、これは確かにしっかりしてますね。もとより食品化学的なことを追究するのは無茶だとは思っていますので、個人的な比較実験などあれば面白いのですが(←欲張り)。

グラスの形とワインの味は勉強になりました。

2003/12/08 20:17:34
id:n-t No.5

n-t回答回数6ベストアンサー獲得回数02003/12/08 21:33:44

ポイント40pt

味覚センサと嗅覚センサを利用して、味と香りの経時変化について測定したそうです。

現在はアクセスが埼玉大学内に限定されているようですので、Googleのキャッシュでしか閲覧できません。

キャッシュであるため肝心のグラフが読めず、残念ながら詳細に関しては不明です。

ただ本文から類推すると、たしかに変化が観測されたようです。

ご興味がおありでしたら、研究室へとお問合せになってはいかがでしょうか?

id:stat

いやあ、ここまでやってらっしゃる人がいたとは!もちろん、開き/閉じを測定するためには、こんなセンサーではなく、50人規模以上の二重盲検無作為比較試験しかないのですけども、そういう野暮はおいといて、この実験はおもろいですねー。いやあ、なんだか興味深い回答ばかりお寄せいただいてうれしいです。終了せずに少し待ってみる気になりました。ただ、criticalな視点はないのでしょうか?っていうのが最後に引っかかるところなんです。

↑と書いておりましたが、どうも出尽くした感もあり、終了いたします。ありがとうございました。

2003/12/09 19:02:51

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません