「RASIS」なる用語について。正しい読み方とわかりやすい説明が納得できるように解説されているページなどありますでしょうか?用語辞典の類は一通り見ましたが、どこも同じ内容の使い回しで単になんという単語の頭文字を集めたものなのかという説明しかありません。他にも、色々調べましたが、特にAvailabilityとIntegrityは説明が一貫しておらず、かつ、意味不明なものばかりです。そもそも、この「RASIS」という用語は具体的にどういう使い方をするものなんでしょう?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/12/10 15:59:12
  • 終了:--

回答(6件)

id:wakatono No.1

wakatono回答回数106ベストアンサー獲得回数02003/12/10 16:16:13

http://www.folklib.net/acs/acronyms.shtml#R

Acronyms at UW Oshkosh and Beyond

おおもとは、RAS(Reliability, Availability and Serviceability)から来てます。

id:wakatono No.2

wakatono回答回数106ベストアンサー獲得回数02003/12/10 16:21:50

ポイント40pt

http://www.folklib.net/acs/acronyms.shtml#F

Acronyms at UW Oshkosh and Beyond

すみません。回答途中で送ってしまいました。これは続きです。

で、RASという言葉はもともとFUD(fear, uncertainty, and doubt)という言葉の反対から来てます。

http://e-words.jp/w/RASIS.html

RASISとは 【Reliability Availability Serviceability Integrity Security】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

RASにIntegrityとSecurityを追加したものがRASISといえます。「保全性」「機密性」を追加することで、より「安全に保ちやすく」「機密性を確保しやすい」ようにという意味がこめられているといえます。

RASISという言葉の定義においてはそれぞれの項目について、明確な評価指標はなく、個々のシステム等で導入される評価指標に従うというような感じには見えます。使い方としては、「RASISの向上」などというようになるかなと。

id:inelsur No.3

inelsur回答回数538ベストアンサー獲得回数02003/12/10 16:22:59

ポイント20pt

ここがそれなりに詳しいかと。

id:Yossy No.4

Yossy回答回数3ベストアンサー獲得回数02003/12/10 16:25:12

ポイント20pt

http://ew.hitachi-system.co.jp/w/RASIS.html

RASIS | 信頼性 | IT用語辞典 | 日立システムアンドサービス

一般的には「ラシス」もしくは「レイシス」と読むようです。

大雑把に言えば,あるシステムがどれくらい「あてに出来るか」を判定する指標です。

和訳するとかえって混乱するので,英語のまま理解したほうが良い気がします。また,完全に直行した概念といい難い部分もありますが,おおよそ次のとおりです。

Reliability = 結果が正確であること,エラーが起こらないこと

Availability = システムダウンが起こらないこと

Serviceability = メンテナンスやリペアなどの保守に必要な工数が少ないこと

Integrity = 外部から干渉をうけないこと

Security = 自然災害や不正なアクセス,情報漏えいの対策がとられていること

id:sai05 No.5

sai05回答回数29ベストアンサー獲得回数02003/12/10 16:26:40

ポイント20pt

これでは解りませんか?

Reliability:信頼性=障害が発生しないこと。

Availability:可用性=使用可能な状態であること。

Serviceability:保守性=保守が容易であること。

Integrity:保全性=他から干渉されないこと。

Security:安全性=災害などから安全であること。

この5つの頭文字を取って、コンピュータの信頼性の指標を指す。

○信頼性(Reliability)故障しにくい性質

○可用性(Availability)使いたい時にいつでも使える性質

○保守性/保守容易性(Serviceability)故障してもすぐに修理できる性質

○保全性/完全性(Integrity)データが障害や外的要因の影響を受けず正確さを保つ性質

○機密性(Security)データが破壊、改ざん、盗用されるのを防ぐ性質

id:lun No.6

lun回答回数45ベストアンサー獲得回数02003/12/10 16:39:26

ポイント40pt

レイシスです。

5つの項目を評価して、システムがどの程度信頼できるのかを測ります。

誰かがシステムを導入する際、RASISを参考にすると、客観的な視点に立って優れたシステムを選び出すことができます。

信頼性(Reliability):修理可能なシステムに対しては、故障が起きる間隔の平均(MTBF;mean time between failures)を用いる。また、修正できないシステムには、寿命までの時間(MTTF;mean time to failure)が用いられる。

可用性(Availability):稼働率

(MTBF/(MTBF+MTTR))を用いる。MTTRは修理に要する時間の平均(mean time to repair)である。

保守性(Serviceability):MTTRを用いる。

安全性(Integrity):偶発,故意によるデータの破壊が起きず,もし起きても修復できるかどうか。排他制御、誤り制御などがあるかどうか。

機密性(Security):部外者が扱えないよう、データが保護されているかどうか。不正な操作ができないようになっているかどうか。機密保護、リカバリなど。

  • id:sugipack
    ありがとうございました

    まとめてレスで失礼します。ありがとうございました。
    しかし、やはりわかり辛い。元々、私の職場に導入されるサーバシステムの説明を受けていた際、SI屋さんが「DBMSは××より●●の方がRASISの点からもお勧めで…云々」といったことを言っていて、だから何?といった感想を抱いたことからの疑問です。少なくとも私のようなユーザに対してRASIS云々と言われてもようわからんですな。
    紹介していただいて何ですが、教えていただいたURLの中にはちょっと支離滅裂な説明をしているページもあったりしますね。これもまた混乱の原因。
  • id:U40
    煙に巻く

    >元々、私の職場に導入されるサーバシステムの説明を受けていた際、
    >SI屋さんが「DBMSは××より●●の方がRASISの点からもお勧めで…云々」
    >といったことを言っていて、だから何?といった感想を抱いた

    それって、SI屋がお客を煙に巻くための戯言でしょう。無礼千万ですなぁ。
    その製品は「R」「A」「S」「I」「S」のうちのどれにおいて優れてる
    のよ? って、業者に問い詰めたいところですね。

    「だから、何?」という質問に対して、的確に答えられるかどうかが
    SI屋を選ぶひとつの基準です。要件の定義も、取扱説明書を書くのも、
    ユーザ教育もSI屋の仕事なんですから、ユーザのキモチとのあいだに
    ギャップを残すような業者は駄目ですね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • tabitetu学習帳 - [解説:基本情報向け] tabitetu学習帳 2008-07-21 21:10:38
    [解説:基本情報向け]  コンピュータシステムの高信頼化技術は,目標とする特性から RASIS と呼ばれ る。RASIS を構成する五つの要素はどれか。  ア 信頼性,可用性,保守性,保全性,機
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません