先ほど公務員問題の著作権について質問したものです。ご親切にご回答いただきありがとうございました。公務員試験の問題は試験後回収されます。それは出題ミスがあった場合に後で責任を追求されることを防ぐためなのでしょうか?ということなら実際問題として国や自治体は過去問を復元して出版している出版社にたいしてあえて著作権を主張してないのでしょうか?またもしそうなら出版済みの過去問題集の問題だけ私が頂戴して解説内容とレイアウトをオリジナルにして過去問を後追いで出版しても誰からも著作権を主張されないのでしょうか?それとも1番最初に復元した会社に著作権が発生してしまうのでしょうか(国が著作権を主張しなければ出版社のオリジナルな出版物ということになってしまうのかな・・・・・?)またお願いします。・

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/12/15 16:47:44
  • 終了:--

回答(4件)

id:JunK No.1

JunK回答回数707ベストアンサー獲得回数182003/12/15 18:46:26

ポイント10pt

http://homepage2.nifty.com/prelibrarians/faq-gennan01.html

"掲示板における試験問題の公表について" ab-road wrote:

>改正著作権法「譲渡権の侵害」

>出版元に無断で公務員試験問題集をコピーし、学生に配布していたとして、福岡県警は近く、同校の講師ら5人

>前後を著作権法違反容疑で福岡地検に書類送検する

もともとの公務員試験の問題は国に帰属すると思われますが、(入手経路・許諾の有無は問わずに)それを纏めて、回答・解説等を付け加え出版に至った場合には、その出版物の著作権は、当然出版社側が有してます。

http://www.hatena.ne.jp/1068872825

著作権に関してネットで相談できる弁護士サイト - 人力検索はてな

>(譲渡権)第26条の2

>過去問題集の問題だけ私が頂戴して解説内容とレイアウトをオリジナルにして過去問を後追いで出版しても誰か

>らも著作権を主張されないのでしょうか

条文をよく読んでご判断ください。

尚、問題回収の理由は不明です。公平性を保つためではないかと思いますが・・。

回収されない試験もあるようです。

id:gen3 No.2

gen3回答回数55ベストアンサー獲得回数02003/12/15 17:37:08

ポイント20pt

日本国内において著作権は制作した時点で発生しますので

著作権は国になります

id:kimtoshijp No.3

kimtoshijp回答回数21ベストアンサー獲得回数02003/12/15 17:37:29

ポイント20pt

http://www.hatena.ne.jp/1071467177

公務員試験の過去問題が複数の会社(実務、東アカなど)から出版されてますが著作権は誰に帰属するの?国や自治体?最初に復元した会社?お願いします。.. - 人力検索はてな

先ほどの回答内容に追加する形で回答させてください。

また、国の意図(なぜ試験後問題を回収するのか、著作権を主張しないのはなぜか)については、よくわかりませんので、回答できません。

試験問題を過去問集に掲載するのは、引用として認められるという立場を前提に考えて見ます。

URLは、ちょっと長いですが、著作権法の条文です。

引用は、第32条に規定されています。

あくまで、「引用して利用することができる」とされているだけですので、引用したからといって、試験問題自体の著作権が過去問集の発行者に移転するわけではありません。

(ちなみに、第32条に規定されている通り、引用が認められるのは、「公表された著作物」についてですので、回収される問題が引用の対象になるかは怪しいです。)

ということは、過去問集から問題だけを「頂戴」して、別の解説を加えて、新しい「過去問集」を作成しても、元の過去問集の出版社との関係で、著作権法違反となることはないと思われます。

ただ、国から、著作権侵害を主張される危険は残ります。試験問題が回収されていることを考えると、「公表された著作物」とは言いがたいですので、「引用」という主張は認められない可能性大です。

既存の過去問集を出版されている会社は、この辺りどのように権利処理されているのか(あるいは、していないのか)はよくわかりません。

中途半端な回答で申し訳ありませんが、参考になれば幸いです。

id:kobashi No.4

kobashi回答回数6ベストアンサー獲得回数02003/12/15 18:27:22

ポイント20pt

URLはダミーです。

国や地方公共団体の作成した書類の一切に関し、著作権が発生しません。これは著作権法の特例になりますが。そのため、白書などの書籍に関しても著作権はありません。

今回の問題についても国が作成していますので著作者は国となりますのでこの場合、著作権フリーでコピー・引用すべてOKとなります。当然、問題集を作成した会社は問題集に対する著作権を持ちますので問題集を勝手にコピーなどしてはいけません。

id:sasdfghjkl

ありがとうございます。

完全に納得しました。

皆さん本当にありがとうございました。

2003/12/15 18:52:55
  • id:JunK
    著作権法での例外規定

    http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html#1000000000000000000000000000000000000000000000001300000000000000000000000000000
    第十三条(権利の目的とならない著作物)
    ここには、試験問題の事は記されてません。

    http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html#1000000000000000000000000000000000000000000000003200000000000000000000000000000
    第三十二条2(引用)
    >国若しくは地方公共団体の機関又は独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義
    >の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑
    >誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。

    他の刊行物への国からの統計資料、白書等の *転載* は、この条文によっていると思われます。
    試験問題がこの条文の著作物に該当するとは思えません。

    ご注意ください。
  • id:kimtoshijp
    Re:著作権法での例外規定

    >http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html#1000000000000000000000000000000000000000000000001300000000000000000000000000000
    >第十三条(権利の目的とならない著作物)
    >ここには、試験問題の事は記されてません。
    >
    >http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html#1000000000000000000000000000000000000000000000003200000000000000000000000000000
    >第三十二条2(引用)
    >>国若しくは地方公共団体の機関又は独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義
    >>の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑
    >>誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。
    >
    >他の刊行物への国からの統計資料、白書等の *転載* は、この条文によっていると思われます。
    >試験問題がこの条文の著作物に該当するとは思えません。
    >
    >ご注意ください。
  • id:kimtoshijp
    Junkさんのコメントに賛成です

    すみません、うっかり「投稿する」ボタンを押してしまいました・・・

    Junkさんのコメントされている通り、試験問題については、国に著作権があるという理解をしています。

    白書についても、著作権は国等にあるが、第32条2項の規定に従い、一定の利用が認められている、というのが正確だと思っています。
  • id:sasdfghjkl
    質問者

    junkさん kimtoshijpさん御指摘ありがとうございます。
    1)問題作成時点で著作権発生
    2)出版社はおそらく国や自治体に金を払ってない可能性が高い(料金  も決まってないと思うし、商売として官は試験問題を作ってない   し・・・・)
    1)2)であると仮定した場合出版社は違法行為を行っているとゆうことでしょうか?
    そもそも出版社は官に金を払ってるのでしょうか?(いったいどこの部署に・・・・・・?)

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません