「メルマガ」を発行しようと考えています。内容はいろんなニュースについて、自分でさらに解説を補足する内容にしようと考えてます。よく新聞の内容をそのまま引用しているメルマガを見ますが、許されるのでしょうか?またヤフー等のニュースも引用していいのでしょうか?教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/12/16 08:02:32
  • 終了:--

回答(10件)

id:masaomix No.1

masaomix回答回数1023ベストアンサー獲得回数12003/12/16 08:14:50

ポイント20pt

著作権法では一定の基準で公開された著作物を

一定の基準の元に引用することなどは認められていますが、

それが主体のメルマガということになると

ちょっと引用の基準からは外れてきちゃいそうですね。

っていうか、ネット配信のニュース関係では、

新聞社が訴訟を起こしている事例もいくつかあります。

ご質問のような企画にはご紹介したような通信社の

ニュース配信サービスを利用するのが好適です。

通信社はWeb向け自動配信サービスなど、

様々なニュース商品を提供しています。

id:JunK No.2

JunK回答回数707ベストアンサー獲得回数182003/12/16 08:30:27

ポイント20pt

>時事問題に関する論説の転載等)

>第三十九条  新聞紙又は雑誌に掲載して発行された政治上、経済上又は社会上の時事問題に関する論説

>(学術的な性質を有するものを除く。)は、他の新聞紙若しくは雑誌に転載し、又は放送し、若しくは有

>線放送することができる。ただし、これらの利用を禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。

http://www.melonpan.net/aboutcopyright.html

メルマガを発行する上での法律基礎知識

メルマガが雑誌であり、時事問題に関する論説ならば、第三十九条により転載が認められてます。

多分、今流行のブログとやらで見られるような、元記事+論評の形も、この条文によっていると思われますが・・・。

>読売新聞社 記事の無断転用を禁じます。

第三十九条により、「これらの利用を禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。」なので、この記事は許諾を要すると思われます。他のweb記事も同じように禁止されていると思います。

http://www.cric.or.jp/qa/sodan/sodan6_qa.html

コピライトQ&A(著作権相談から)

確か、タイトルは著作物ではないという記憶がありますので、タイトルだけの記載は問題ないと思われます。

id:elixir No.3

elixir回答回数429ベストアンサー獲得回数12003/12/16 08:38:36

ポイント20pt

http://www.cric.or.jp/qa/sodan/sodan9_qa.html

コピライトQ&A(著作権相談から)

「引用」の定義に沿っていれば許されますが、新聞社がガイドラインを設けている場合はそれに従うべきでしょう。

id:ubukawa No.4

ubukawa回答回数100ベストアンサー獲得回数02003/12/16 08:48:45

ポイント20pt

これは朝日新聞の場合です。

http://headlines.yahoo.co.jp/docs/copyright.html

ニュース提供社 - Yahoo!ニュース

こちらはヤフーの場合。

それぞれのニュースサイトなどによって決まりがあるようです。

かなり長くて複雑ですが、ここにコメントが。

id:ubukawa No.5

ubukawa回答回数100ベストアンサー獲得回数02003/12/16 08:51:59

ポイント15pt

すみません、書き忘れです。

ここに、

著作権法第39条として、時事問題に関する論説の転載等:新聞,雑誌に掲載された時事問題に関する論説は,利用を禁ずる旨の表示がない限り,他の新聞,雑誌に掲載したり,放送したりすることができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。

とあります。

id:sugaaya No.6

sugaaya回答回数6ベストアンサー獲得回数02003/12/16 09:10:34

ポイント20pt

http://linetopics.d-a.co.jp/

1行ニュースリンク配信 - LINE TOPICS

私は 

http://www.nook.co.jp/bakushin/

BB爆笑新聞⇒お笑いアニメ動画を無料プレゼント

のサイトを運営しております。その経験からのお話で申しわけないのですが、参考になれば、と。

何かを訴えたいということがあるその「ツール」として引用することに関してはまだ大丈夫かと思います。ただ、やみくもにすべてを転載して、それを軸に集客をし、広告収入を考えるというのは問題です。あくまで「その引用記事」はツールであり、本当に話したい部分が重要でそこで人を集客していると明らかに明言できることが大切です。

「常識的」に考えてみたときに、その記事を書き綴るにつけ記者の方や編集者の方が一生懸命考えて、どうやったらいい形でユーザーに伝えられるか…ということを考えており、またそれを仕事にしているところから、さも自分が作ったというような書き方や引用出典を書かないことに対してどう感じるか…というのを考えれば見えてくるかと思います。

1つの問題提起として、上記URLの企業さんはネット上に掲載されるトピックを引っ張りそれを載せ、そこにはURLリンクがはってあり、たたくと飛ぶ仕組みを開発したのですが、了承もなくやったということで読売新聞さんなどに訴えられていますが、その辺も見てみるとよいかと思います。はっきりした答えではなくてすいません。

http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2002/1226/da.htm

ニュース記事の見出し引用はリンクか、著作権侵害か?

id:tshoda No.7

tshoda回答回数80ベストアンサー獲得回数02003/12/16 09:56:31

ポイント20pt

サイトは殆どが、無断複製となっています。私は、引用・要約したい時は、その発行元にメールで許可を求めています。そして、注記で出典を表示しています。 オリジナルの発行元・URLを表示すればよい所も

あり、発表の表現を事前に見たいという所もあります。事前の了解が原則です。

id:ShinRai No.8

ShinRai回答回数489ベストアンサー獲得回数212003/12/16 09:57:32

ポイント20pt

基本的に人の書いたものを無断で引用するのは、量にもよりますが、著作権侵害になりえます。著作権とは、コピーライトと英語でいいますが、人の書いたものをコピーして使う以上、使用料が発生するという考えです。インターネット社会となっても、この原則はあてはまるでしょう。

自分が見てもいないことについて、論評するのは危険です。

新聞やテレビから流れてくる映像や言説は、すでに情報操作が行われた後のものですので、それを見て、あれこれ論評するのは、誤謬を増長することになりかねません。

いわゆる無責任なお茶の間評論家に堕ちかねません。

もちろん、それを承知の上で、自分なりの評論を試みるのは、チャレンジですので、やってみてください。

id:nornorka No.9

nornorka回答回数3ベストアンサー獲得回数02003/12/16 09:59:13

ポイント20pt

逮捕されない著作権法というサイトです。

この中に書かれている事を読んで頂ければ大体ご質問の内容に対する答えとなると思います。

特に「引用って何ですか?」という部分が参考になるでしょう。

簡単に説明しておくと、今回の様なニュースを用いる場合には引用する事で対応可能です。

但し、引用と認められるにはある程度の用件(出所の表示や自分の文章が主である事等)が

必要となるので注意して下さい。

id:takranke No.10

takranke回答回数63ベストアンサー獲得回数02003/12/16 10:29:43

ポイント20pt

URLはわたしの運営するサイトです。ダミーです。

著作権法に基づいての複写、転記、引用ですので、最初の著作者(作文者)の許可がいります。もし引用転載自由とあれば、それはそれで結構です。そうでない場合には、問い合わせをする必要があります。新聞の場合には、日経新聞はいっさいの記事の複製を禁止しています。従って契約をしてお金を払うことになります。読売新聞も実際にあるニュースのネット配信で現在訴訟を起こしていますので、同様に考えている筈です。いづれにせよ、相手の許可が必要です。

http://www.mag2.com/m/0000098815.htm

404 お探しのページは移動、削除もしくはURLの入力間違いの可能性があります - まぐまぐ!

しかし、あとメルマガでニュースを英語から日本語にしているひともいますので、そのような発行者に聞くことも一法だと思います。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません