「鏡」がテーマ、モチーフになった文学や映画を探しています。また、人間と鏡の関係について簡単に書いてあるようなサイトを知っている方、教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/01/22 00:54:29
  • 終了:--

回答(15件)

id:mikegame No.1

mikegame回答回数17ベストアンサー獲得回数02004/01/22 03:06:22

ポイント10pt

*

ラカンの鏡像理論とかどうですか?難しいけど、応用はききます・・

*

精神科医の斉藤環氏の解説です

雨森賢一氏のラカン理論をベースにした考察です

id:GegegeMokeke No.2

GegegeMokeke回答回数30ベストアンサー獲得回数02004/01/22 05:41:25

ポイント10pt

とりあえずいくつか見つかりましたんで

どうぞ

id:GegegeMokeke No.3

GegegeMokeke回答回数30ベストアンサー獲得回数02004/01/22 05:43:58

ポイント10pt

http://www.amazon.co.jp/

Amazon.co.jp: 通販 - ファッション、家電から食品まで【無料配送】

鏡という謎―その神話・芸術・科学

というよさげな本がありました

アマゾンで買えます

id:jigi No.4

大塚崇史回答回数1ベストアンサー獲得回数02004/01/22 05:58:01

ポイント10pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406183858X/hatena-q-22

Amazon.co.jp: カンガルー日和 (講談社文庫): 村上 春樹, 佐々木 マキ: 本

村上春樹の『鏡』という小説は如何でしょう。『カンガルー日和』という短編集に入っています。ご参考までに。

id:elixir No.6

elixir回答回数429ベストアンサー獲得回数12004/01/22 06:53:05

ポイント10pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787975145/hatena-q-22

Amazon.co.jp: まなざしの修辞学―「鏡」をめぐる日本文学断章 (叢刊・日本の文学): 山屋 真由美: 本

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4001140489/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 鏡の国のアリス (岩波少年文庫): ルイス キャロル, Lewis Carroll, 脇 明子: 本

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4494004812/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 鏡のうらがわレストラン (怪談レストラン): 松谷 みよ子, 怪談レストラン編集委員会, たかい よしかず: 本

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4036310909/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 鏡―ゴースト・ストーリーズ: スーザン クーパー, マーガレット マーヒー, こみね ゆら, Susan Cooper, Margaret Mahy, 角野 栄子, 市河 紀子: 本

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4265049176/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 暗い鏡のなかに (アガサ・クリスティー探偵名作集): アガサ クリスティー, 太田 早穂, Agatha Christie, 各務 三郎: 本

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4336032270/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 森鴎外 不思議な鏡 (日本幻想文学集成): 森 鴎外, 須永 朝彦: 本

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4006020317/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 鏡のなかの鏡―迷宮 (岩波現代文庫): ミヒャエル エンデ, Michael Ende, 丘沢 静也: 本

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4560043116/hatena-q-22

Amazon.co.jp: エウラリア 鏡の迷宮: パオラ カプリオーロ, Paola Capriolo, 村松 真理子: 本

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901142755/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 鏡のなかの幽霊 (ルイスと魔法使い協会): ジョン ベレアーズ, 北砂 ヒツジ, John Bellairs, 三辺 律子: 本

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838705298/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 蛇鏡: 坂東 真砂子: 本

id:ysht No.7

ysht回答回数17ベストアンサー獲得回数02004/01/22 06:57:31

ポイント10pt

上はgoogleの検索結果ですが、ジャック・ラカンの提唱した主要な概念に鏡像段階というのがあります。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%90%CE%91%F2%90%BD%88%EA++++...

翻訳としての人間: 紀伊國屋書店BookWeb

ラカンの研究所はどれも難解でしたが、石澤誠一氏の研究所などじっくり読めば面白いです。

id:rietti No.8

rietti回答回数358ベストアンサー獲得回数02004/01/22 10:01:51

ポイント10pt

中ほどに「水鏡」の項があります。そのもう少し下から「鏡」の項も見られます。いろんな作品が見やすく紹介されていて便利だと思いますが、いかがでしょう。

id:trijata39 No.9

trijata39回答回数15ベストアンサー獲得回数02004/01/22 11:34:44

ポイント10pt

http://www.imageforum.co.jp/tarkovsky/kgm.html

A・タルコフスキー『鏡』

タルコフスキー監督「鏡」。あまり具体的な関係はないかもしれませんが、映画としてはおすすめです。

ι%F1%A4Υ%A2%A5?

不思議の国のアリス、の続編です「鏡の国のアリス」。そのまんまやがな、という感じですがいかがでしょうか。

id:otter72 No.10

otter72回答回数6ベストアンサー獲得回数02004/01/22 12:51:24

ポイント10pt

西洋における鏡の説明としてこちらはいかがでしょうか?

①異世界への入り口として鏡。上記の他に「鏡の国のアリス」なんてのもあります。

②ナルシストの語源としての水鏡。

③魔女のアイテムとしての鏡。白雪姫の鏡などもこの分類でいいかもしれません。

id:nokio No.11

nokio回答回数818ベストアンサー獲得回数02004/01/22 01:00:28

ポイント12pt

個人のサイトですが、参考になれるかどうか?

id:maminko

ありがとうございました、参考にしてみます

2004/01/22 01:14:34
id:nokio No.12

nokio回答回数818ベストアンサー獲得回数02004/01/22 01:02:33

ポイント12pt

こちらの方が良かったですね。

id:shuubi No.13

shuubi回答回数103ベストアンサー獲得回数02004/01/22 01:06:25

ポイント16pt

鏡といったら三種の神器の八咫鏡を思い出します。

id:maminko

ありがとうございます。

例えば、西洋的な鏡の位置付けについてさらにご存知でしたら是非教えてください

2004/01/22 01:17:11
id:caesark No.14

caesark回答回数9ベストアンサー獲得回数02004/01/22 01:16:02

id:maminko

ありがとうございます、鏡地獄早速読んでみます

2004/01/22 01:46:29
id:migiwakasumi No.15

migiwakasumi回答回数27ベストアンサー獲得回数02004/01/22 03:01:10

ポイント20pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4006020317/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 鏡のなかの鏡―迷宮 (岩波現代文庫): ミヒャエル エンデ, Michael Ende, 丘沢 静也: 本

ミヒャエルエンデ『鏡のなかの鏡―迷宮』

鮮烈なイメージと豊かなストーリーで織りなされる30の連作短編集。一つずつ順番に、前話をゆがんだ鏡像のように映しだし、最後の話が最初の話へとつながって、読者をめくるめく意識の迷宮へと導く。人間存在の神秘と不可思議さを映し出す鏡の世界の物語・・・(レビューより)

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4588022113.html

鏡の文化史: 紀伊國屋書店BookWeb

メルシオール=ボネ,サビーヌ『鏡の文化史』

人はどのようにして自分の姿と向き合ってきたか。

古代から現在までの西洋における鏡と人間との関わりを心性史の視点から描く。

金属製の鏡の起源からガラス製鏡の普及にいたる技術史に始まり、神話や聖書、文学作品、宗教的・哲学的著作、古文書、絵画や版画の図像学など豊富な資料を分析して鏡の不思議な力=鏡のもつ両義性を解き明かし、鏡をめぐる人々の感性と生活像を多彩に映し出す。・・・(レビューより)

id:maminko

ありがとうございます。

エンデの短編は、実際に鏡が登場するわけではないのです(読みました)。

鏡の文化史、絶対読みます。ほんとうにありがとうございます。

2004/01/22 21:15:46

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません