A有限会社がB株式会社にお金を貸します。この場合、A有限会社は貸金業の必要ですか?必要ないとしたとき、貸金業の許可が必要になるのはどのような時からですか?判断基準はどこになりますでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/01/28 20:24:00
  • 終了:--

回答(5件)

id:riita14 No.1

riita14回答回数54ベストアンサー獲得回数02004/01/28 20:33:00

ポイント16pt

http://www.solicitoroffice.com/moneylender.html

404=ページが見つかりません - 行政書士 あつぎ法務事務所

Aがどんな会社でどんな風に貸したかでも変わってきそうですが

商売として貸すか、がポイントなんじゃないでしょうか?

id:maildeli

商売と認定されるのは何度目なんでしょうか?一回だったらならないような気がしますが、基準を知りたいのです。

2004/01/28 20:50:21
id:kazu54000 No.2

kazu54000回答回数24ベストアンサー獲得回数02004/01/28 20:34:01

ポイント16pt

貸金業の免許のことを仰っているのでしょうが、貸金を「業」として行うのでなければ適用されません。

下記のほかに「定款」に貸金業が記載されているかも基準になるかと思います。

【貸金業者】

預金を受け入れず、融資(金銭の貸付または金銭の貸付の媒介)を業として行うもの。この中には、個人金融を中心とした消費者金融、クレジットカード会社や、企業金融を中心とした事業者向け金融、リース会社等多くの業態が含まれる。

貸金業規制法では、貸金業者を「金銭の貸付け又は金銭の貸借の媒介(手形の割引、売渡担保その他これらに類する方法によってする金銭の交付又は当該方法によってする金銭の授受の媒介を含む)を業として行うものを言う」と規定している。

id:maildeli

質問文は「貸金業の免許は必要ですか?」でした。申し訳ありません。定款の変更は、書類上のことなので簡単だと思いますが、業となるとならないの判断の基準はどこでしょうか?

2004/01/28 20:51:52
id:haltake No.3

haltake回答回数245ベストアンサー獲得回数02004/01/28 20:44:31

ポイント16pt

貸金を会社の事業として行うには許可が必要です。一方、会社の取引先などにたまに小額の金銭を貸す程度であれば問題ないでしょう。これ以上は個別具体的な解釈になりますので一概に言えません。無許可であっても利息を取ることは問題ありません。事業全体での取引金額・利益の額と貸金の金額・利益額やその形態、相手方との関係等で総合的・常識的に判断すればよいでしょう。

http://www.houmu.jp/

行政書士武田法務事務所【大阪・天王寺】

id:maildeli

総合的にですね。たとえば3回ぐらいのやり取りというのを想定しています。

2004/01/28 20:53:06
id:kazu54000 No.4

kazu54000回答回数24ベストアンサー獲得回数02004/01/28 21:41:10

ポイント16pt

こちらをご覧いただければわかりますが、貸金業登録がなければ貸金業が営めない、というわけではありません。

id:maildeli

具体的にどのあたりでしょうか?いわれていることが書いてある部分が見つけられませんでした。

2004/01/28 21:45:02
id:elan_v No.5

elan_v回答回数34ベストアンサー獲得回数02004/01/28 21:52:31

ポイント16pt

金貸業規正法の第2条には第5号にあるような例外があります。ここには、「資金需要者等の利益を損なうおそれがないと認められる貸付けを行う者で政令で定めるものが行うもの」とあります。今回のお問い合わせの場合、これに該当すると考えられますので、許可は必要ないでしょう。一応「政令で定めるもの」の定義を確認すると、附則第9条にあるように、受入、預り金及び金利等の取締等に関する法律第七条及び第八条ならびに第十条に従うとあります。

このスパゲッティー構造のような規制は、不当に高い利率で借金をとりたてる無許可悪徳業者を取り締まるためにあとから追加、改訂が行われているためで、お問い合わせのような内容の場合、規制の主旨から言っても反しますので、問題ないでしょう。ただし、その内容をよく担当省庁に出向いて説明し、窓口担当者に最終確認をとっておく、または専門の法律家の確認をとるのが賢明です。

id:maildeli

 ありがとうございました。最終的には、窓口で確認ということでしょうね。1、2回程度なら問題ないという認識でいるのですが、その後が気になります。

2004/01/29 13:39:49
  • id:haltake
    貸金業

    利息等利益を全く上げないのであれば、数回繰り返しても問題ないでしょうが、実費の程度を超える収益があるのであれば許可をとるべきでしょう。やみ金との絡みもありますので、目をつけられると厳し目の基準で判断される可能性が高いかと思います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません