先日、某牛丼チェーン店へ行ったところ「大盛 440円(420円+税)」のように書いてありました。420円+税=441円だと思うのですが、この表記に問題は無いのでしょうか。(安いから良いとかそういうことではなく、○○法で決められている等)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/01/30 09:53:57
  • 終了:--

回答(2件)

id:tokytoky No.1

乱世の奸雄回答回数83ベストアンサー獲得回数02004/01/30 10:01:25

ポイント10pt

http://www.hatena.ne.jp/1075424037

先日、某牛丼チェーン店へ行ったところ「大盛 440円(420円+税)」のように書いてありました。420円+税=441円だと思うのですが、この表記に問題は無いのでしょうか。(安.. - 人力検索はてな

単に一円単位だとおつりが大変だから、440円にしてるのですよ。会社内部の会計処理は419円+税で処理するはずです。

id:frain

回答ありがとうございます。

1円単位だと会計が大変なのはわかっています。

仮に会社内部で419円+税で処理するとして、表記との差額が発生すると思うのですが、

その差額については税を納めたりする必要が無いということでしょうか。

仮にそうだとすれば、それを記した法的根拠はありますか?

2004/01/30 10:07:57
id:yachan4480 No.2

yachan4480回答回数16ベストアンサー獲得回数02004/01/30 10:11:41

ポイント40pt

消規改正で新設 税込み価格ベースの端数処理特例(2003.9.29) で処理できます。

id:frain

回答ありがとうございます。

そのような特例があったんですね。

納得しました。

2004/01/30 10:12:51
  • id:elan_v
    消費者の混乱が予想される取引

    このような取引は確かによく見受けられますね。この表記をして、お店のレジシステムと本社システムが連動しているとすると、本社システム内では420円が商品対価で、預り消費税は20円のそれぞれの積み上げになるはずです。この場合、納税時に、預り消費税が1円少ないので、その分企業負担が発生します。この結果として商品対価が419円ということになるわけですが、消費税を納める場合の本来の計算順序は、総額の440円を105で割って4を乗ずるか、このお店のような取引では本来個々の取引で端数処理をした結果の積み上げを納税するというのが基本ですから、この原則からすると、この企業がやっていることは、法規からはずれています。ちゃんと最終的に正しい金額を納税しているのでしょうから、訴えられないだけで、正しいことではありません。また、端数処理の例外規定というのは、たとえば150円の商品の消費税は7.5円になりますが、この場合の小数点以下の計算で、単一商品を買った場合の価格と、複数買った場合の消費税合計が異なるための処置で、今回お尋ねの件とはずれていると思います。
    以下のURLの情報も参考になると思いますよ。
    http://www.taxanser.nta.go.jp/6383.htm
  • id:haltake
    法的根拠ないのでは

    1円未満の端数処理については法令等で定められていますが、お尋ねのように1円を切り上げたり切り捨てたりすることを定めた法令等は見当たりませんでした。
  • id:frain
    Re:消費者の混乱が予想される取引

    elan_vさん、書き込みありがとうございます。

    あの後少し消費税法施行規則の22条1項について少し調べてみましたが、
    確かに今回の質問とは違う問題のようですね。

    素人の考えからすると、
    「何故、素直に440円(税込)という表記にしないんだろう…?」
    と思うのですが、消費税って思ったよりも奥が深いのかも。
  • id:frain
    Re:法的根拠ないのでは

    haltakeさん、書き込みありがとうございます。

    「見当たらない=無い」とは言い切れないのが辛いところですね。
    定められていないなら何をしてもいいのか、というとそうでもないでしょうし。

    どちらにしても、素人には難しい世界のようです…。
  • id:aspide
    Re:法的根拠ないのでは

    最近までの外税メインの制度では、切り上げ/切り捨ては会社ごとに決めることができたと思います。
    消費税の計算をするタイミングも関係があって、伝票の明細1行ごと、伝票1枚ごと、毎月の請求額に対して一括計算で、消費税額は違ってくるものなのですよ。
    簡単に言えば、税務署には(客からもらった金額)−(自分が仕入で払った額)を納めると考えればシンプルです。

    …私も会社に販売管理システムを導入するときに経理のおねえさんから聞いたことなので間違えているかもしれませんが。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません