上方落語で、境の商人の使いがやってきて、ご主人が留守のため応対した女将さんとのやり取りが、訛の強い言葉のためちんぷんかんぷんになってしまう話があります。題名を知っている方、どなたかいませんか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/02/08 16:12:04
  • 終了:--

回答(2件)

id:rrk No.1

rrk回答回数60ベストアンサー獲得回数02004/02/08 18:49:02

ポイント25pt

「江戸落語」で、「上方からのお使い」がやってきて、ご主人が留守のために応対したおかみさんと「与太郎」が、そのお使いの上方訛りと専門用語のためにちんぷんかんぷんになり、正しく用向きを主人に伝えられないという話でしたら、

『金明竹』といいますが〜。

違うようなので無視してください(^^ゞ

id:tubakuro7

これ!これです。

有り難うございました。

2004/02/08 20:28:39
id:JunK No.2

JunK回答回数707ベストアンサー獲得回数182004/02/08 19:10:55

ポイント25pt

金明竹 でしょう・・か。

id:tubakuro7

はぁい!

ありがとうございます。

2004/02/08 20:29:52

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません