大学大競争時代にユニークな改革やトピックスの資料を集めていてす。特に就職対策としての新しい取り組みはないでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/02/16 18:40:02
  • 終了:--

回答(4件)

id:Gyokuran No.1

Gyokuran回答回数662ベストアンサー獲得回数02004/02/16 18:58:41

ポイント10pt

http://www.graphicnet.co.jp/e-syllabus.html

グラフィック機材株式会社

単位互換制度、という制度があるらしいですが古めでしょうか。

id:media0529

ありがとうございます

2004/02/16 20:41:49
id:auauauaupyon No.2

auauauaupyon回答回数602ベストアンサー獲得回数02004/02/16 20:03:10

id:media0529

いろいろ面白いと思います。

2004/02/16 20:46:07
id:saiz No.3

saiz回答回数286ベストアンサー獲得回数02004/02/16 22:57:17

id:media0529

的確な資料です。ありがとうございました。

2004/02/17 19:59:12
id:Idea-Marathon No.4

Idea-Marathon回答回数719ベストアンサー獲得回数02004/02/17 00:04:26

ポイント10pt

http://www.idea-marathon.net/

Welcome to the Official Website of Idea Marathon System

私は、上記のアイデアマラソン発想法の考案者の樋口健夫です。私はこのアイデアマラソン発想法を、大学全体が実施し、学長、教授陣、職員から学生、新入生までが、毎日、自分の発想を、ノート・PCに記録し、大学のデータベースに記録することを提案しています。現在、タイの大学が強い関心を示しています。これによって、4年間の在学期間中に、学生たちは最低1450個の発想を記録し、それを大学のサーバーに集中し、卒業時には、大きな発想の自信をもち、企画でも、工夫でも、必要な対応が取れるようになると思います。アイデアマラソン発想法の大学での活用の試案は、上記のURLにある私の著書の「企画がスラスラ湧いてくるアイデアマラソン発想法」(日経ビジネス人文庫)の278頁に示していますので、ご参考まで。大学に属している全員が考えること、思考することが生命線であると思います。また、卒業後も、大学にデータベースがあれば、この「はてな」のように、大学のデータベースを、卒業後も活用できると思います。

id:media0529

ありがとうございます。貴殿の著書を読みたくなりました。

2004/02/17 20:11:50

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません