日本の刑法では事件が未遂に終われば罪が軽くなりますが、例えば殺人をしようとして、直前で良心が勝って「やっぱやめた」となれば「未遂」による減刑の概念はあてはまると思うのですが、実際に刺されたり撃たれたりしたが運良く一命を取りとめたような「結果的には未遂」だった場合は、その殺意には全く変化がおきていないのに刑を減じるというのは矛盾しているとおもうのですが、現場ではどのような解釈というか認識なんでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/02/16 20:13:53
  • 終了:--

回答(4件)

id:auauauaupyon No.1

auauauaupyon回答回数602ベストアンサー獲得回数02004/02/16 20:28:49

ポイント20pt

http://response.jp/issue/2004/0123/article57250_1.html

暴力による自殺強要は殺人未遂---最高裁が判断 | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)

こういうように、自殺強要も殺人未遂になっています。

これは参考までに。。。

良心が勝って、止めた場合には情状酌量の措置(執行猶予や減刑等)がとられることが多いでしょうし、殺人というもの自体、人を殺して初めて成立するものです。人が死ななければ未遂なのです。殺意に変化なくたまたま被害者が助かった場合には同じ殺人未遂でも、殺人未遂としての減刑や執行猶予等はよっぽどの敏腕弁護士に当たらない限りはないかと。。。

id:Patena

しかし、原則として1等級減じるということになってませんでしたっけ?

2004/02/16 23:03:41
id:Piccoli No.2

Piccoli回答回数71ベストアンサー獲得回数02004/02/16 20:39:12

ポイント20pt

多数説によれば、刑法の処罰根拠は「殺してやろう」という主観ではなくて、生命という法益を侵害するという客観的な結果にあります。これによれば例えば殺人未遂(質問にあるのは実行未遂)では、生命が奪われていない(殺人罪が本来予定する法益の侵害はない)のだから、殺人罪では処罰できないことになります。

しかし、生命のような重大な法益侵害を伴う犯罪については『例外的に』未遂の場合も処罰することになっていて、殺人罪の場合も例外的に未遂も処罰されているのです。

未遂犯の規定がなければ、他の犯罪(この場合なら傷害罪)に該当すればその罪で処罰されるし、それすらなければ処罰されないことになります。

*すいませんわかりやすい説明をしているページは見つけられませんでした)

id:Patena

そもそも未遂では犯罪になっていないのを、殺人のような重大事件は未遂でも罰することができることにしているということですね。

2004/02/16 23:06:12
id:shellan No.3

shellan回答回数117ベストアンサー獲得回数12004/02/16 20:50:08

ポイント20pt

最終的には裁判官や陪審員の主観になりますが

死んでいないという事実はその暴行等が本当に死んだ場合より軽いとみなされます。

心を図る事はできませんので、法廷の場で本人の言葉を信じるしかありません。

物的証拠しか裁判の材料にはならないのです。

但し手口によりけりで、いくら反省していても残虐性を問われる場合はかなり罪は重くなりますよ。

id:Patena

ふむふむ。

2004/02/16 23:06:42
id:U40 No.4

U40回答回数64ベストアンサー獲得回数02004/02/16 21:01:14

ポイント20pt

そもそも「未遂」と判断することと「減刑」とは無関係です。犯罪が「完成」したか否かが、既遂と未遂の分かれ目です。(もとより罪の構成要件の多寡は、刑の軽重に直接の関わりを持つわけではありません。)

ここの事後強盗罪(238条)の説明が、ちょうど既遂と未遂の違いを検討するのに良い例だと思われます。

id:Patena

うーん、微妙だな〜。 それはそうなんだけどもイマイチ納得までに至らない・・・は! これって未遂!?

2004/02/16 23:10:31
  • id:haltake
    未遂の手前

    未遂の一歩手前で『予備』と言うものがあります。
    未遂が特別の定めがあって罰せられるのと同様に
    予備も特別の定めがあって初めて罰せられます。

    例えば、放火、殺人などには予備罪の定めがあります。
    この場合、放火を目的としてガソリンを購入したり、殺人の為に
    ナイフを準備する等の行為が該当します。
    http://www2.gol.com/users/aiko/law/barexam/taku1/kei/yobizai.html
  • id:U40
    Re:未遂の手前

    >未遂の一歩手前で『予備』と言うものがあります。

    もっとアヤシイ領域のものもありますよね。「凶器準備結集罪」とか。どうすれば立件できるんだか、とても不思議です。
    http://www.lufimia.net/sub/keiho1/2110.htm
  • id:Patena
    Re(2):未遂の手前

    確かそれは暴走族とかが集会開いたりして騒いでる時に対応する時に根拠にするためのやつでしたよね。
  • id:haltake
    Re(3):未遂の手前

    それをもっと言うなら、交通標識でもありますよ。
    危険性もないのに暴走族よけの為に、二輪車通行禁止になっている
    区間がありますからね。
    大阪市内の某幹線道路は、週末の深夜、二輪車通行禁止になったりします。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません