「本社」に対しての支社と支部と営業所の違いをおしえてください!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/02/28 13:48:21
  • 終了:--

回答(8件)

id:miyuxx No.1

miyuxx回答回数72ベストアンサー獲得回数02004/02/28 14:00:06

ポイント20pt

goo辞書によると、

「支社」・・・会社などで、本社から分かれて設けられた事業所。

「支部」・・・本部の統括のもとに、本部から分かれて活動する機関。

「営業所」・・・営業活動の拠点となる場所。

とあります。

id:suikanonaraduke No.2

suikanonaraduke回答回数1014ベストアンサー獲得回数02004/02/28 14:05:02

ポイント20pt

支社:本社から分れて設けられた事業所。

支部:本部の管理に属し、本部と分離してその事務を取り扱う所。

営業所:営業の本拠。営業上の活動を行う一定の場所。

id:inagaki_hisato No.3

inagaki_hisato回答回数884ベストアンサー獲得回数02004/02/28 15:08:11

ポイント20pt

http://www.pref.kochi.jp/~toukei/h13_kaku_jigyousyo/yougokaisetu...

URL変更のお知らせ(Notice of URL change):高知県ホームページ

事業所統計上は「本社」と「本店」は同じ意味で、「支社」「支店」「営業所」は他の場所にある本所(本社・本店)の統括を受けている事業所ということになるらしいですね。

「本店」「本社」は法人登記の必要項目であって、それ以外は登記の必要項目ではないという違い。

本店や本社は法人の本拠地であるということでしょう。

id:guaco No.4

guaco回答回数3ベストアンサー獲得回数02004/02/28 15:15:24

ポイント20pt

総務省統計局の定義です。本所と支所ということろです。

支部と営業所というのは正式な定義はないと思います。個々の組織が規模や機能で定義していると思っています。

(エラーが出たため、再送してます。もし2重投稿になったらお詫びします。)

id:kayokenichi No.5

kayokenichi回答回数63ベストアンサー獲得回数02004/02/28 16:12:59

ポイント20pt

業種によって、ねかなり異なります。本店、支店、出張所、駐在事務所もあります。昔、生命保険会社に勤務していた例をとりますと、簡単に表現すれば、本社、支社、営業所、支部の序列です。どこから指示命令が出るかがポイントです。支部は支社の中にありました。支部長は中途入社で転勤はありませんが、営業所長は大卒の新卒で異動があります。どちらも生命保険の募集をしてました。支部長は支社長から命令を受けますが、営業所長は、支社長とは別ルートで、本社機構から直接、入っていたように記憶してます。内勤職員と外勤職員に大きく分かれていて労働組合も別々です。支部が大きくなると、もう1つ支部ができますが、営業所が大きくなると建設支社として、支社に昇格する可能性があったように記憶をしてます。本社、支社、営業所、出張所、駐在事務所の序列が、一般的な傾向のような気がします。

id:kayokenichi No.6

kayokenichi回答回数63ベストアンサー獲得回数02004/02/29 08:27:38

URLはダミーです。

投稿しましたが、掲載されてませんので再投稿します。組織の機構ですが、会社によって異なります。その他に出張所、駐在事務所があります。本社からの指揮命令が、どのように流れているかが、目安です。私は以前、生命保険会社にいましたので例にしますと、本社(銀行は本店)、支社(支店)、営業所、支部が基本でした。支部は支社の中にありました。営業所と支部は生命保険の募集をすることでは同じでしたが、支部長は中途入社の社員で転勤等の異動はありませんが、営業所長は大卒の新卒で、全国に転勤があります。労働組合は内勤職員と外勤職員とに分かれてまして、たしか、営業所長のみ、内勤に入っていたと思います。支部長の下のセールスや営業所の中のセールスは外勤職員です。命令は、本社、支社、支部です。営業所は、本社の事業部門から出てまして、支社長は関係ありません。なぜ、このような組織体制をとるかといいますと、ようするに競争ですね。

それと、若い新卒にも生命保険の募集をさせるという発想でしょうか。支部が大きくなると、支部として分かれるだけで、営業所や支社に昇格しません。営業所は、その可能性がありましたが、実際は無かったようです。新しい支社をつくるときは、建設支社として位置づけられてました。支社には多くの内勤事務社員が入りますので、誕生から異なっていたんでしょうね。他の業種で出張所があります。出張所が大きくなって営業所に昇格してますが、営業所が大きくなって支社になるというのは、私の浅い知識では、あまり聞きません。センターという組織がありまして、物流センターですが、本社の事業部に直結していることが多いですね。駐在事務所がありまして、商社に多いのですが、アフリカの地方都市に一人だけポツンといるといった感じです。

誤字脱字がありましたらもうしわけありません。

id:yumiyoshi_san No.7

yumiyoshi_san回答回数232ベストアンサー獲得回数02004/02/29 16:42:34

ポイント20pt

URLダミー也。

「支社」は物理的な拠点(建物)が必要。

「支部」は物理的な拠点(建物)がなくても、組織(人など)があればOK。

「営業所」は「支社」で、なおかつ営業拠点であること。

が一般的な意味ですが、業種や法規等ではそれぞれ厳密に意味を規定している場合もあるのかも知れません。

id:kentarow

みなさんありがとうございます。

参考にいたします。

2004/03/02 23:00:42

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 Lingmu 4 3 0 2004-03-01 10:15:23

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません