電化製品や自動車の部品の下請け等の製造業で、ただの会社案内にとどまらずホームページを活用して本当のBtoBにつなげている会社を具体的な手法や事例を交えて紹介しているURLを教えて下さい(直接その会社のURLだけでもいいですが根拠をお願いします)。

BtoBと言っても結果的に「受注」につなげているという程度で考えて下さい。逆に言えばうまくホームページでアピールしている*だけ*のサイトは不要です(デザインが綺麗など)。
また、どこかの○○というシステムやソリューションを採用すれば実現可能(それ以外ではできない)というような限定的な情報も不要です。知りたいのはホームページだけでできることで、その会社のホームページの活用法や考え方です。よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/02/29 20:33:27
  • 終了:--

回答(5件)

id:taka_110 No.1

taka_110回答回数62ベストアンサー獲得回数02004/02/29 21:10:47

ポイント20pt

直接会社のサイトではありませんが、電子部品調達専用サイトです。

id:s-maeda

参考になります。

数社で集まって商品を提供することで一括で比較検討注文できるようにして競争力を上げるというような戦略でしょうか?

個企業の事例もありましたらお願い致します。

再回答大歓迎です。

2004/02/29 21:41:00
id:hanahana8787 No.2

hanahana8787回答回数325ベストアンサー獲得回数12004/02/29 22:05:15

ポイント30pt

こちらもポータルサイトになりますが、、

自前でHPを持たないような会社のためにサイトを提供している、という感じですね。

こちらは1つの企業です。すごいですね〜

id:s-maeda

なるほど、ただポータルの運営は結構費用がかかりそうですね。

下は上と同じアドレスのようですが、再回答願えますでしょうか?

2004/02/29 22:17:24
id:hanahana8787 No.3

hanahana8787回答回数325ベストアンサー獲得回数12004/02/29 22:06:14

http://www.rswww.co.jp/

電子部品/半導体の通販サイト |RSオンライン|

すみません。。。。。上でURLを間違えてしまいました。

「すごいですね〜」な個企業のサイトはこちらです。

id:s-maeda

再回答ありがとうございます。

ここはすごいボリュームですね…。

完璧に店舗と同じ機能を持たせるという戦略でしょうか。

もう少し大きなパーツで商品単価の大きいものを扱うところも見てみたいです。

2004/02/29 22:20:35
id:saiz No.4

saiz回答回数286ベストアンサー獲得回数02004/02/29 22:11:44

ポイント30pt

http://www.sansokan.jp/mononet/

サンソウカンものづくりネット 経営力強化プログラム

こちらの講座で講師をされている方の会社などは良い例ではないでしょうか。

一応その内の2社を貼っておきます。

http://www.kyoushingiken.co.jp/

ブラシビレッジ/工業用ブラシの共伸技研

http://www.osaka-jp.net/

「微細・微小・超精密加工技術」と「大型加工技術」との融和を目指す 大阪製作所・アルミ・ステンレス精密部品をお届けする大阪製作所@「町工場のオヤジぃ」

id:s-maeda

いいですね、大変参考になります。

総じて痒いところに手が届くような細かい情報発信がキモでしょうか。

せっかくですのでもう少し回答募集します。

2004/02/29 22:25:55
id:saiz No.5

saiz回答回数286ベストアンサー獲得回数02004/03/01 09:50:55

ポイント40pt

http://www.icon.pref.nagano.jp/c2_genki/internet/genki-yawata.ht...

ビーなび信州 ページが見つかりませんでした。

せっかくですから、もう少し探してみました。

こちらの場合は、設計段階でのデータのやり取りに活用する事により、製造業におけるサービス面を向上させたという例です。

こちらは書籍の紹介ページなのですが、実際のネット活用企業へのリンクが貼られています。

http://www.keikakuhiroba.net/jirei/nihonden.asp

経革広場へのサインインが必要です

これは、eマーケットプレイスの活用事例ですね。

自前のページだけでは、余程細かくつくり込むか、特別な技術がないと難しいと思いますが(実際の営業力やページの認知度いう面で)、やはりその部分をクリアする為にマーケットプレイスに登録し、「お見合い相手」を求めるというケースが多いのではないでしょうか?

ちなみに私の勤め先は、業界も違いますし、製造業でもないのですが、「買い手側」としてあるマーケットプレイスに登録し、商品調達に活用しています。(買い手も出張費の削減や、情報を一度に得られるなど、メリットは大きいと考えます。)

上でポータルとして紹介されているものは、このようなeマーケットプレイスの一つですよね。

id:s-maeda

詳細にお調べ頂きありがとうございます。

大変参考になります。だいたいの方向性が見えました。

そろそろ終了にさせて頂きます。

2004/03/01 21:17:02
  • id:taka_110
    B2B

    1企業でB2Bサイト(受注側で)を構築している例は殆ど見当たりません。

    納入業者が発注元のシステムの中に組み込まれているのが現状なんでしょうね。


    それを解決したいと考えている人達の集まりがASPサービスとして存在しています。
    http://www.goshodan.com/
  • id:s-maeda
    Re:B2B

    >1企業でB2Bサイト(受注側で)を構築している例は殆ど見当たりません。
    >納入業者が発注元のシステムの中に組み込まれているのが現状なんでしょうね。
    >
    >それを解決したいと考えている人達の集まりがASPサービスとして存在しています。

    なるほど、そういう事情があるんですね。

    元請けの一部としてずっと安定してればいいんですけど、
    やはりいざという時に生き残る道が欲しいでしょうし、
    製造業にウェブは向いてないと思ったものの、世の中には
    既にやってるところがあるのかなと思い質問してみました。

    でも皆さんに紹介されたサイトを見てみると実際に十分
    活用されているみたいですし、向いている向いていないとか
    言ってられないなと思える勢いを感じました。
  • id:taka_110
    Re(2):B2B

    今の時代、仕事あってなんぼですからね。
  • id:taka_110
    ポイントありがとうございます

    ポイントが増えていて、あれっと思ったらs-maedaさんからのポイントでした。ありがとうございます。
  • id:s-maeda
    Re:ポイントありがとうございます

    >ポイントが増えていて、あれっと思ったらs-maedaさんからのポイントでした。ありがとうございます。

    いえいえ、いわしやのっかりを問わず知りたいこととその回答には
    躊躇せずポイントを差し上げたいと思います。会ったこともない自
    分のために思考を巡らせてくれている人がいてそのためにはてなを
    利用してますので。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません