詩の質問です。


昔の高校の教科書に掲載されていましたが
「アンリ(あんり?)」という登場人物
が夜な夜な摩天楼の階段を上り最上階で開か
れるパーティに参加(?)したくて上るので
すが結局扉を開けられず(開ける勇気が無く)
疲労困憊しておりてくる。

でも、又明日も昇る、こんな詩です。

最後は「夢があんりをあたためてくるほのぼ
の。明日も摩天楼に登りますとあんりの顔に
書いてある」で終わったような・・・。

詩人、詩の名前、掲載詩集の名を教えて
下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/03/05 11:42:11
  • 終了:--

回答(2件)

id:relaxing No.1

relaxing回答回数3ベストアンサー獲得回数02004/03/05 15:57:41

島尾敏雄「摩天楼」ではないでしょうか。

内容が記載されているサイトが見あたりませんでした。

こちらに収録されているようです。

id:noharra No.2

noharra回答回数15ベストアンサー獲得回数02004/03/05 21:44:17

ポイント50pt

http://d.hatena.ne.jp/noharra/

弯曲していく日常

うーん、アンリってどこかで聞いたことがある、と思って『現代日本名詩集大成・10』という本の目次を見ると、「アンリの扉」というのがありました。最後の部分書かれてるとおりです。60行ほどある長い詩ですね。会田綱雄氏の『鹹湖』1957年、のなかの作品です。必要ならテキスト送りましょうか?

  • id:nobbylee
    アンリの扉

    ノハラさん、ポイントも差し上げましたので、そちらの
    日記にでもアンリの扉をアップしておいてくれませんか?

    宜しくお願いします。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません