健康診断で、色々な検査項目値の標準値(適正値?)が有ります。

例えば成人男性の体脂肪率は○%とか、尿酸値は○迄は正常だが×以上だと絶対禁酒とか。
この標準値の求め方、決定の根拠が知りたいです。
本当に標準値=健康の目安なのか?という疑問です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/03/17 17:48:54
  • 終了:--

回答(4件)

id:hoshi-ygc No.1

hoshi-ygc回答回数51ベストアンサー獲得回数12004/03/17 17:58:36

ポイント20pt

ここがわかりやすいと思います。

id:JEM7

良いですね。こういうものを求めていました。有り難う御座います。

2004/03/17 18:03:34
id:dameningen No.2

dameningen回答回数33ベストアンサー獲得回数02004/03/17 18:00:27

ポイント20pt

http://homepage2.nifty.com/ojima/kenkou-1.htm

健康診断の数値の見方

健康診断は、健康な人の95%が示す値を統計的に調べて定めたものです。基準値より外れたから病気だとか、基準値内だから健康だとかは、一概に言えません。検査方法や医療機関によっても、基準値が異なります。

だそうです。

id:JEM7

有り難う御座います。

2004/03/17 18:06:50
id:HALL No.3

HALL回答回数5ベストアンサー獲得回数02004/03/17 18:16:13

ポイント20pt

http://www.norimo.to/dock/

人間ドックについて

医療者からみた健康診断についての意見も参考になります。

id:JEM7

有り難う御座います。

2004/03/17 21:21:50
id:inagaki_hisato No.4

inex回答回数884ベストアンサー獲得回数02004/03/17 19:28:54

ポイント10pt

正常と異常の考え方についての論文です。

かなり長文です。

余談ですが・・・・

献血すると成分検査結果の一部を教えてくれますよね。標準値を外れていると「#」が結果欄に表示されることになっているんですが、値が1から3程度外れていても「#」がつかないので、あまり気にしなくてもいいのかな?と思ったりしています。

自分の数年前人間ドックのデータも管理している某システムの管理を数ヶ月だけやったことがあるのですが、標準値よりも「カット・オフ」「しきい値」と呼ばれる、「ここから外れたら明らかに病気」という数値の方が大切らしいのですが、だからといって病気と決め付けれないところが医療の奥深さですね。

id:JEM7

うーーん。凝って頂いたのは良いのですがちょっと外れてきましたかね....。

==========

これで終了します。有り難う御座いました。

2004/03/17 21:24:22
  • id:Taryun
    基準値と適正値の話

    私の仕事に関係するはてなは久しぶりなのでちょっと。
    基準値というのは、検査会社(MBC、SRL等)で決められている「過去xx万人
    のデータの95%区間」等で決められています。ですので会社によっても
    違いますし、施設内で検査をやっている病院では病院ごとにもその数値に
    ばらつきがあります。
    この違いはわりと私たちのような「臨床試験をやるメーカー」にとっては
    非常に頭の痛い問題なのですが、ここでは置いておきます。

    で、立ち返ってJEM7さんがおっしゃられているある一定以上の値が出たら
    禁酒したほうが良い、降圧剤を飲んだほうがよいという判断は、いつも
    かかっているお医者さんにしか判断が出来ないものなのです。
    というのも、各個人ごとによってそのかたが健康でいられるという検査値は、
    一定間隔で一定回数以上やって初めて正確に判断できることであって、
    緊急時のように測定値をみて「〜〜だ!」と判断するのは、「それまでの
    経験上から鑑みて」こういう症状なのでは?と判断しているのです。
    だから間違えることは当然あって、それは個人ごとのばらつきがあるので
    仕方のないことなのです。

    ですが、有る程度「このラインを超えたら死亡のリスクが飛躍的に高まる
    ので気をつけたほうがよい」という数値は定められています。
    例えば血圧ですと
    http://www.kanda.or.jp/iryoujyouhou/htbunrui.htm
    のようになっています。
    血圧がどれくらいになるとどのようなリスクがあるかというのは、
    あまり良いwebページを見つけられませんでしたが
    http://ns.gik.gr.jp/~skj/ht/whoht99.php3
    のようなものがあります。

    うちの会社では、尿酸が7を超えたら酒は乾杯時以外はやめたほうが
    いいねえみたいな話をよくしていますので、そのラインに近付いたら
    注意したほうがいいかもしれません。

    具体的にどれがどの数値に〜というものは、有る程度検索すれば出て来る
    と思います。数値+他の疾患により「リスクが高まる」ことを覚えて
    おけばいいのではないでしょうか。
    それを知るために、半年にいちどくらいかかりつけの医師に血液検査を
    してもらい、アドバイスをしてもらうことがリスクを減らすための大事な
    プロセスなのですから。
  • id:JEM7
    Re:基準値と適正値の話

    大変有益なお話を有り難う御座いました。より一層理解が深まりました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません