道路工事でもシステム開発でもいいのですが、人工(つまり人数×日数)に単価をかけて見積もりを出すとします。

結局のところ合計額で折り合いがつけば問題ないわけですが、人数、日数、単価のそれぞれがどういうバランスだと相手の印象がいいと思われますか?
日数はあまり大きく動かないので、多い人数で単価が安い方がいいのか、少ない人数で単価が高い方がいいのか、そもそもそういうのを気にするものなのか、実際に経験のある方おられましたら感想をお聞かせ下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/03/31 15:24:37
  • 終了:--

回答(6件)

id:cruyff No.1

cruyff回答回数30ベストアンサー獲得回数02004/03/31 15:29:58

ポイント10pt

システム開発では単価が安い見積もりの方が

契約を取りやすいですね。

id:s-maeda

ご回答ありがとうございます。参考にさせて頂きます。

理由などもありましたらお願い致します。

2004/03/31 15:32:42
id:bpx1974 No.2

bpx1974回答回数32ベストアンサー獲得回数02004/03/31 15:37:42

ポイント25pt

URLはダミーです。申し訳ございません。

発注する側の立場からですと、トータルの金額はおそらくバジェットとして枠があるので、人数若しくは単価の一方が決まれば、他方はバジェットをそれで割った数値が求められると思います。

であれば、トータルで少しでも日数(時間)が短縮できるようなバランスが最適なのではないのでしょうか。

id:s-maeda

なるほど、ご回答ありがとうございます。

予算枠が決まっている場合は早い方がよいということですね。

2004/03/31 15:53:07
id:kanetetu No.3

kanetetu回答回数2199ベストアンサー獲得回数112004/03/31 15:59:24

ポイント25pt

http://affiliatemobile.fc2web.com/index.htm

携帯アフィリエイト広告代理店(専門)

弊社の場合もやはり単価が安い方が喜ばれますね。おそらく、期間の延長などが発生した場合には単価×日数(工数)計算での使い発注などがある場合が多いです。見積もり書としてお客さんが喜ぶのは単価ですね。単価を値切れば全体のコストが安くなるとお客は考えるでしょうから。

id:s-maeda

なるほど、大体予想した通りです。

実際のご意見頂き安心しました。ありがとうございました。

2004/03/31 16:07:39
id:shinot No.4

shinot回答回数47ベストアンサー獲得回数02004/03/31 16:05:21

ポイント25pt

http://www.kiis.or.jp/spoken/ksh/98jisseki/fp.htm

ファンクションポイント法によるソフトウェア開発規模・工数見積の現状

単価が安く工数が多いということは能力(生産性)を人数or日数でカバーしていると言うことですね。

この方が相手(クライアント)に対して、「僕らは微力ですが頑張ってますよ」というアピールになるので受けは良いでしょう。

単価が高く工数が少ないというのは、能力で人数or日数をカバーしているので相手に対し、「少人数、短期間でやりますが能力があるので高いですよ」とアピールすることになり、相手によってはカチンと来るようです。

実際のところ単価として2〜3百万/人月なんて数値になる場合もあって、「どんな優秀な奴がやってるのか顔が見てみたい」なんて言われる事は良くありますね。

変動するのが人数だけだと、現場に視察に来られて、その時の人数が見積より少ないと(フェーズによって人数は変動するのにねー)ややこしいことになりそうですね。

id:s-maeda

ご丁寧な回答ありがとうございます。

具体的に相手が受ける印象がよーく分かりました。

(200万/人月はやりすぎですね…)

2004/03/31 16:15:43
id:skworks No.5

skworks回答回数13ベストアンサー獲得回数02004/03/31 16:11:23

ポイント25pt

システム開発の例ですが、営業でお客様と調整する場合、以下のような手段をとります。

①単価が高いといわれている場合

 安い単価にし、人工で(いい意味で)誤魔化します。

②期間が定められている場合

 日数は固定なので、単価も平均的なものを使い、人数を増やします。(間に合うように、人材を投入していることは、お客様に悪い印象を与えることはまずありません)

③全体的に高いといわれている場合

 見積りを複数に分けます。

例えば 20人数×20日×100万円とします。(合計金額は4億円)

このときは、

 設計部分:2人×5日×150万円=1500万円

 作業部分:30人×19人×70万円=3.9億円

 

 なんとなく、安いように感じません?

id:s-maeda

ご回答ありがとうございます。

大変参考になります(そんなに規模が大きくないですが)。

見積もりを複数に分けるのは何だか説得力が出ますね。

2004/03/31 16:19:08
id:doriaso No.6

あしか祭り実行委員長回答回数770ベストアンサー獲得回数132004/03/31 16:16:36

ポイント10pt

↑は読み物として。

私、発注を出す側です。

どのレベルの契約を想定しているのかわかりません(競争入札?、随意契約?ただの見積り?)が、

基本的には、

 ・予算よりいくら安くできるのか

 ・納得できる見積もりであるか(相手がちゃんと説明できるのか)

 ・実績があるか

極端な見積りでない限り、気にするのはそんなもんです。いずれにせよ実際にキチンと”できる”見積りであることが重要です(どうしても契約をとりたい場合は、採算割れ覚悟で行くのでしょうが)。

道路工事でもシステム開発でも、規模から日数と人数を割り出して単価を出しますよね。(システム開発では「ステップ単価」という概念もあるようです)

納期があれば日数を大きく変えることはできないでしょう。

ご心配の件ですが適切なバランスはありません。それでも常識的なレベルを知りたいのであれば、類似の契約をリサーチしたらいいと思います。

なにより、契約した以上、その見積りで納入できることが重要です。

7月9日の日記が面白いかも。

id:s-maeda

ご回答ありがとうございます。

客観的に適切なバランスというと難しいと思いますが、知りたかったのは仮にトータルが同じでも配分によって相手が抱く単純な印象や主観的な意見なんです。

それは類似した見積書のサンプルを見ても分からない部分なのではてなを利用しました。

このあたりでそろそろ終了させて頂きます。

もし他にご意見ありましたらいわしの方にてお願い致します。

2004/03/31 16:43:29

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません