ニンニクはとても体に良いと聞きますが、生のニンニクとドライのニンニクで、その効能?の違いはどのくらいあるんでしょうか。解説ページなどあったら助かります。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/04/10 19:48:04
  • 終了:--

回答(6件)

id:hannibal No.1

hannibal回答回数277ベストアンサー獲得回数02004/04/10 20:36:39

ポイント20pt

http://www.hatena.ne.jp/1081594084#

ニンニクはとても体に良いと聞きますが、生のニンニクとドライのニンニクで、その効能?の違いはどのくらいあるんでしょうか。解説ページなどあったら助かります。.. - 人力検索はてな

見つからないので手元にある食品成分表から

生/エネルギー134kcal/たんぱく質6g/脂質1.3g/Ca14mg/Fe0.8mg/ビタミンA0/B1”0.19mg”/B2”0.07mg”/C10g

ドライ(同じ順番です)/382kcal/19.9g/0.8g/100mg/6.6mg/0/0.54mg/0.15mg/0g

でした。全体的にドライのほうが値が高いのかはなぜかわかりませんけど……

id:sun-chan

ドライのほうが、重量が軽くなるので、同じグラム数食べると

それだけ有効成分がたくさん摂取できるということなんでしょうね。

でもドライを使うときはほんの少ししか使わないし、やっぱり生のほうがいいんだろうか・・・

ありがとうございました。

2004/04/10 20:47:36
id:aki73ix No.2

aki73ix回答回数5224ベストアンサー獲得回数272004/04/10 20:40:33

ポイント10pt

思わぬ副作用も在るので注意

わたしは長期間食べると造血作用が阻害されて貧血になるというのを知っていましたが、他にも色々在るようです

id:sun-chan

生だと1日1片まで、と書いてありますね。うちは漬物系のニンニクは食べずに、炒め物のアクセントにする程度なので食べ過ぎることはないと思います。

結局生とドライだと、どう違うんでしょう?

2004/04/10 20:49:47
id:Ayaka3n_n No.3

Ayaka3n_n回答回数212ベストアンサー獲得回数02004/04/10 21:03:42

ポイント10pt

【3)科学が解明したニンニクパワーの秘密】ってとこに少し載ってます。〜あんまりみつからなかったです。御免なさい〜

id:sun-chan

このページ自体は興味深かったですが、生かドライか(ドライのほうが使いやすいので、ドライでも効果が期待できるか)ということは書いてないですね。

でもありがとうございました。

2004/04/10 21:17:46
id:inagaki_hisato No.4

inagaki_hisato回答回数884ベストアンサー獲得回数02004/04/11 08:24:41

ポイント15pt

>ったり、すりおろしたりして、細胞が壊れると、アリイナーゼという酵素(化学反応を促進させる物質)の働きで、アリインが分解して、アリシンが生まれる

あまり知られていないですが、にんにくの細胞が壊れるときに有効成分が放出されるので、「ドライにんにく」の製造方法により、たとえば「フリーズドライ」のように細胞が壊れにくい乾燥方法なら、理論的にはあまり変らないはずです。

スライスしてあったり、摩り下ろして粉状になっているものは、細胞が破壊されている部分があるので、完全な形を保ったものより若干効力が薄れる可能性が高いです。

id:sun-chan

ありがとうございます。ふ〜む・・・

うちにあるのは、スライス状のドライにんにくでした。

2004/04/11 11:32:42
id:reply No.5

reply回答回数787ベストアンサー獲得回数02004/04/11 10:40:31

ポイント20pt

主な生ニンニクの加工法は、

(1)生ニンニクを乾燥後、粉末にする(ガーリックパウダー)、

(2)生ニンニクを水蒸気蒸留する(ガーリックオイル)、

(3)生ニンニクを植物油で抽出する(オイルマセレート)、

(4)生ニンニクを時間をかけて熟成する(熟成ニンニク)の4種類に区別され、各々の加工法により特徴的な有機イオウ化合物が生成してきます。

 加工法(1)ではアリインが残存し、乾燥温度等の加工条件によりアリイナーゼ活性も保持されています。加工法(2)の主成分はアリルスルフィド類であり、加工法(3)ではアリルスルフィド類に加え、ビニルジチインとアホエンが生成してきます。加工法(4)は水溶性イオウ化合物に特徴があり、S−アリルシステインやS−アリルメルカプトシステインが含有されています。

ほかにもいろいろありそうですね。

id:sun-chan

ありがとうございます。ちょっと難しくて上の

(1)以外は分からなかったけど・・・じっくり

読んでみます。いいページですね。

2004/04/11 11:35:35
id:yamasakura No.6

yamasakura回答回数15ベストアンサー獲得回数02004/04/11 10:59:17

ポイント15pt

http://www.ktv.co.jp/ARUARU/

発掘!あるある大事典II WEBSITE

あるあるインデックス「食」→第338回 (’03.06.08) 『ニンニク』→●ニンニクを食べると頭が良くなる?→2.ニンニクのシステイン!そのパワーを大検証!

ニンニクから生成されるシステインという物質には、脳の神経細胞をのばす力があるそうですが、それは生ではダメ。システインを作り出すには、長時間低温でじっくり加熱する必要があります。

id:sun-chan

生を長時間定温でじっくり加熱する必要があるのかな・・・

うちのはドライにんにく(スライス)です。

2004/04/11 11:38:04

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません