ある創作界の中での価値の変遷についての構造をテーマに研究した学者を探しています。

例えば、芸術界の中での芸術という価値の変遷。お笑い界の中での笑いという価値の変遷。そういったことについてをカタログ的な研究に留めない、前衛と旧来を分かつものは何であったかということを研究した学者には誰がいるでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/04/27 23:10:08
  • 終了:--

回答(1件)

id:adlib No.1

adlib回答回数2003ベストアンサー獲得回数1292004/04/28 00:53:02

ポイント40pt

 六十歳の大先輩と、夭折(前年三十五歳で没)の天才の名を連ねて、

二十一歳の鬼才を送りだした、三十歳のパトロンの、運命的なことば。

── 愛するベートーヴェンよ。今貴方は、あの様に長い間懸案になっ

ていた望みを充たしてウィーンにお出掛けになる。モーツァルトの守神

は尚彼の教へ子の死を悲しみ悼んで居る。神は無尽蔵なハイドンの所に

隠れ家を見出したが、しかし仕事は何もない。神はハイドンを通じても

う一度誰かと一つになる事を望んで居られる。絶え間なき勉強によって、

モーツァルトの精神をハイドンの手から獲ち得たまへ。

    ボンにて 一七九二年十月廿九日

       貴方の真実の友 ワルトシュタイン“惜別記念帳”より

── 諸井 三郎・訳《ベートーヴェン弦楽四重奏曲 19650701 音楽之友社》

<PRE>

 Haydn,Franz Joseph   作曲 17320331 Austria 18090531 77“交響曲の父”

 Mozart,Wolfgang Amadeus 作曲 17560127 Austria 17911205 35“神童”

 Beethoven,Ludwig van  作曲 17701216 Duitch 18270326 56“楽聖”

────────────────────────────────

 Waldstein,GrafF.E.G.von 伯爵 17620324 Bohemia 18230526 61

 諸井 三郎   文部官僚/作曲 19030807 東京  19770324 73

</PRE>

id:jyankdoyodoyo

少し違うと思います。研究した学者です。

2004/04/28 17:23:32
  • id:adlib
     おわびと弁明

     ほかにもっと適切な回答がつづくものと予想していたのが、わたしの
    変化球(?)だけだったので、ご期待に添えなかったみたいですね。
     
     わたしの考えでは、かつて芸術を論じる学者の登場は、フランス革命
    以後であり、それ以前は“封建貴族”たちの役割りだったのです。
     ベートーヴェンは、フランス革命によって“封建貴族”たちが没落し、
    その庇護を得られなくなった、最初の“市民芸術家”だったと思います。
     
     ワルトシュタインやラズモフスキー、あるいはルドルフ大公といった
    “パトロン”たちは、後援者であるとともに友人であり、弟子としての
    共演者(初演者)でもあったので、後世の職業的な音楽学者(おおくは
    評論家や大学教授)のおよばない立場にあったのです。
     
     また、諸井三郎の著作をあげたのは、弦楽四重奏曲(全16曲)の創造
    と価値の変遷について、カタログ的な研究に留めない実例としてご参考
    になるかと思ったのです。
     
     というような釈明を(どのように伝えるべきか)考えていたところ、
    あなたの新しい質問「前衛とは何か」を発見しましたので、このほうに
    「のっかる」ことにしました。
     さいきん影のうすくなった「本格派のQ&A」に期待しています。

    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/list?id=87518&pg=000000
  • id:jyankdoyodoyo
    jyankdoyodoyo 2004/05/03 19:07:31
    Re: おわびと弁明

    はてなを利用して間もなくの今日、少しずつこのサイトのシステムが
    分かってきました。私の「前衛とは何か?」の質問にのっかたのは
    あなただったのですね。先日はどうも。

    さて、あなたの挙げてくれた諸井三郎の著作は、自分の探していた本に近い
    ものなのかもしれません。今度、本屋で探してみます。
    『芸術の価値というのは既成の概念を解体し、また再生していくところにある』とはよく言われたものなのですが、それは正確にはどういうことなのかよく分からなかったのですね。私のくだんのはてなはそういった経緯で生まれました。


この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません