NHKの「サンデースポーツ」等で見受けられる、仮想現実の物(プロ野球やJリーグの順位表等)を、あたかも現実の物の様に見せる(司会者や解説者と同じ次元に存在しているように見せる)3D技術は、どのような仕組みで作られているのでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/04/28 20:01:26
  • 終了:--

回答(3件)

id:halwo69 No.1

halwo69回答回数54ベストアンサー獲得回数32004/04/28 20:10:53

ポイント40pt

こんなかんじで解説になっているでしょうか。

id:suikanonaraduke

おお、なんかこれっぽいです。

”単色の青色の背景を使う”って云うのは、NHK”サイエンスZERO”の舞台裏(?)の、床から壁から全てが真っ青なスタジオでの収録風景を見たことがあるので、たぶんNHKでもこの「クロマキー」と呼ばれる技術が使われているんでしょうね。

ありがとうございました。

2004/04/28 20:15:48

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 diabah_blue 129 119 1 2004-04-28 20:15:15
2 Ackieee 68 63 0 2004-04-28 20:15:27
  • id:Ackieee
    日本テレビのサイトにも

    バーチャルスタジオの解説が出ています。
    http://www.ntvart.co.jp/03_bus/01_art/02.html
  • id:suikanonaraduke
    Re:日本テレビのサイトにも

    >バーチャルスタジオの解説が出ています。
    ありがとうございます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません