最近、発売された電子書籍専用端末(ソニー、松下電器産業)を利用している人、または、利用している人を見た方に質問します。便利さや機能性についてコメントを募集します。それ以外の方では、今後、普及するかどうか(好き嫌いも含めて)コメントを募集します。ポイントは15ポイント前後、10名ほどの回答を予定しております。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/05/15 17:52:44
  • 終了:--

回答(7件)

id:airfish No.1

airfish回答回数258ベストアンサー獲得回数02004/05/15 18:03:24

ポイント20pt

URLはダミーです。

私は利用していない人なので。今後普及するかどうかを。

私は個人的に嫌いです。

まず、今紙媒体で出ているすべての雑誌・本が電子化されるとは考えられず、結局は本と電子書籍端末の二束のわらじになって荷物が

増えてしまいます。

あとは、紙媒体であればページを捲ったり

することによって本を読んだという達成感

であったり、前に戻って見返すといった行

動が行ないやすいですが、電子媒体になっ

てしまうとそれができなくなってしまいます。

私はこのような観点から普及はしないのではないかと思います。

id:suspense

「本を読んだという達成感」、いい言葉・表現ですね。ありがとうございます。

2004/05/15 18:23:47
id:takahiro_kihara No.2

狂人日記回答回数833ベストアンサー獲得回数112004/05/15 18:09:09

ポイント20pt

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/review/15006.html

ケータイ新機能チェック   携帯電話で読む電子書籍

世の中の流れとしては、電子書籍専用端末

は流行らず、携帯電話とくっつくんなら、

多少は発展するのではないか、と思い

ます。個人的には、そういう流れは

好きじゃないんですけど。

id:suspense

やはり、携帯電話の方が先行するでしょうね。アドレス、参考になります。

2004/05/15 18:27:17
id:kaz No.3

kaz回答回数200ベストアンサー獲得回数422004/05/15 18:11:01

ポイント20pt

http://www.aozora.gr.jp/

青空文庫 Aozora Bunko

URL は入力用です

普及するにはコンテンツが先行する必要がありますが

音声にも対応した SONY 端末用で

英会話学習用のソフトなどを出すと良い気がします。

逆に言えば、既存の紙メディアを変換したに

すぎないコンテンツのみでは普及は難しいと思います。

上記英会話学習ソフトなどで SONY 端末が普及してはじめて

そういった既存の小説などが生きてくると思います。

id:suspense

今回、ソニーさんが出したのは辞書が付いていて4万前後。回答者さんの意見のように、もう少し付加機能あればと思っているんですが。朗読音声機能はいいですよね。

2004/05/15 18:35:01
id:j1l No.4

j1l回答回数8ベストアンサー獲得回数02004/05/15 18:54:25

ポイント20pt

http://www.hatena.ne.jp/1084611164#

最近、発売された電子書籍専用端末(ソニー、松下電器産業)を利用している人、または、利用している人を見た方に質問します。便利さや機能性についてコメントを募集します.. - 人力検索はてな

URLはダミーです。

実家が書店経営していて、電子書籍端末のことは前々から気にしていましたが発表されてからも反響は(予想より)少ないように思います。近頃`こうゆう事が出来る`感が、強い商品が出過ぎていて好きな人でもチェックしきれていないんではないでしょうか?まして末端までには、、最後にやっぱり質感?でしょうか、みんな紙との付き合いが長いので。(におい、収集癖、等)

まず週刊誌とかを電子書籍にすれば良いかと思います。

(ゴミ、配送、)と色々と削れる部分があるかと、

id:suspense

プロの方だけあって奥が深いですね。1500年当時の古書(?)を奪い合って殺人事件がおきた洋画を、昨日、見ましたが、電子書籍では夢がなくなりますね。ありがとうございます。

2004/05/15 19:04:49
id:ay7 No.5

ay7回答回数15ベストアンサー獲得回数02004/05/15 19:39:44

ポイント20pt

サイトはダミーです。

私はかなり前から、興味がありました。ザウルスの電子ブックを使用したこともあります。また、シャープの携帯電話の電子ブックも利用しています。そのなかで感じた感想としては、電子ブックのためだけに、専用端末をもつのはあまり、ヒットしないと思います。電子系は1つのハードで複数のことができることにメリットがあると思うからです。また、実際にザウルスで電子ブックを読んでいても、結局は、普通の本に戻ってしまいました。紙のほうが目にもやさしい気がします。

id:suspense

経験者がおっしゃる「紙のほうが目にもやさしい気がします」という部分。私も、全く同感なんです!。ところで、目に優しい文字は、近い将来、期待できるんでしょうか。

2004/05/15 19:48:52
id:Idea-Marathon No.6

Idea-Marathon回答回数719ベストアンサー獲得回数02004/05/15 20:30:02

ポイント20pt

http://www.hatena.co.jp/

米ぬか酵素温浴の普及を目指すグループ

上記URLはダミーです。

私のように海外に生活している者にとっては福音です。また、日本から一定期間海外に出張する場合にも、便利です。今後はコンテンツが重要ですが、これがカラー化し、更に人気コミックに走るものと思います。

2系統に分かれているのはナンセンスです。

これらの分裂が買う気を消沈させていると思います。

id:suspense

なるほど、参考になりました。健康酵素風呂のサイトはすごいですね。こちらのほうに、しばし、見とれてしまいました。

2004/05/15 20:39:43
id:coxcomb No.7

coxcomb回答回数197ベストアンサー獲得回数12004/05/15 20:39:50

ポイント20pt

http://galugari.hp.infoseek.co.jp/i/reate.htm

reate (テキストビューア iアプリ)

やはり、すでに普及しているインフラ(?)として、

携帯電話やPDAを使った読書の方が有利だと思います。

携帯電話の画面もどんどん大きくなっていますし、

結局はこれらに吸収されてしまうのではないでしょうか。

上記URLのソフトと、(先にあげていた方がおられましたが)青空文庫の組み合わせで使っているという報告は、某掲示板などでもよく目にします。

しかし、個人的には紙以外での読書っていうのは馴染まないですね。

発光体をずっと注視しつづけるのには限度があると思いますし、

かといってモノクロ液晶では視認性に難がありすぎます。

それと、いくばくかの収集癖を持った人間としては、

本を収蔵するという感覚(一杯になった本棚を見て満足する感覚)を

捨てられるかっていうと、まず無理だと思います。

id:suspense

よく、分かりました。納得もしました。みなさん、ありがとうございました。文字の大事さを再確認しました。

2004/05/15 21:01:03
  • id:sansara
    松下とソニーの電子端末

    4月の25日土曜、
    ソニーが電子端末の発表をした日、
    ブックフェアの会場で、松下の端末と、ソニーの端末と
    両方を見ました。

    電車などで使う、海外旅行に持って行く。
    そういうコンセプトだとすると、ソニーの方に
    軍配があがりそうな気がしました。

    改ページの際の、ページ表示時間が長いのが、松下は気に
    なります。画面もソニー比見づらい。

    片手だけで使うのが「携帯世代」に受容れられそう。
    縦横変換、文字の拡大、音声読み上げ機能など、
    ハード面はソニーが一歩リードと思います。

    ただ、松下は両画面、見開き。
    例えば、左画面にグラフ、図表等、データとその加工、ビジュアル
    情報。右側にテキストデータとする、使い方が可能なら
    「使う」読書用には魅力的だなと感じました。

    時々触れられる、「中国の教科書」需要に応える戦略。
    教科書は「楽しむ」より「使う」ですから、この点では
    「教科書」端末には向いている気がしました。

    またセミプロ個人トレーダーが「外人」を抜き、株式市場の主役に
    躍り出ているようです。
    例えば、松下シグマブックスが、これら個人トレーダーのために
    左側にグラフ、右にデータ、ニュースが見れると面白いですね。
    シグマが、無線LANにならないとだめですけど。

    またTnaviもそういう「使う」、を意識しているのでしょうか。
    テレビでそういう使い方がどのくらい普及するかはよくわかりません。
    やはりショッピング機能がTnaviのメインでしょうか。
     http://kinyuu-literacy.hp.infoseek.co.jp 

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません