0〜3歳児において親が子供と接する時間の長短は、子どもの精神面での発育には関係がないという調査結果の原データが書いてあるページを教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/05/20 16:01:08
  • 終了:--

回答(3件)

id:babytouch No.1

babytouch回答回数32ベストアンサー獲得回数02004/05/20 16:09:50

ポイント10pt

ご質問の内容とは少々異なりますが,関連のある問題でひょっとしたら興味を持っていただけるかと思いご紹介いたします.不要でしたらポイントは結構です.

「親が幼児を放置していても幼児は発育するか?」という問題を「共同注視」という部分に絞って,ロボットを用いることによって実験しております.(本当の幼児では実験できないので・・・)

これによりますと「養育者からのタスク評価なしに共同注意の能力を獲得可能」ということで,親に放っておかれても幼児は発育するのではないかという結果が出ております.

以上,ご参考までにどうぞ.

id:mikatti3 No.2

てるてるボウズ回答回数12ベストアンサー獲得回数02004/05/20 16:38:42

ポイント30pt

コレのことですか?

新聞記事で呼んで、夫婦で「へぇ〜」と共感して読みましたが。

「原データ」だからハズレっぽいけど。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/other.html

厚生労働省:厚生労働省関係審議会議事録等 その他(検討会、研究会等)

報道によれば、厚生労働省の研究会の資料らしいので、この中に出てきそうなものですが、まだ掲載されてないのでしょうか?

議事録ばかりが目に付きますので、データという形ではなかなかお目にかかれないかもしれません。

お役に立てなくてごめんなさい。

id:kawakami18

ありがとうございます。私も、この記事のソースを知りたかったのです。でも、ご指摘いただいた厚労省サイトには載っていないようですね。

2004/05/20 17:23:46
id:pons No.3

pons回答回数366ベストアンサー獲得回数82004/05/20 16:46:24

ポイント20pt

三歳児神話ですね。

id:kawakami18

なるほど。ご指摘のサイトによれば「母親による育児の必要性は、2〜3年前(掲載が2001年なので1998年頃か?)に厚生省によって否定された」とありますが、この出典も知りたいところですね。ありがとうございます。

2004/05/20 17:30:55
  • id:rakkasei
    [google:三歳児神話 キャリア 女性 母親]で検索したところ

    検索結果の中に、
    日本総研のサイトの中の、「育児休業制度を考える」がヒットしました。
    (http://www.jri.co.jp/JRR/2003/06/op-maternity.html)

    この中に、
    「また、1998年版厚生白書は「三歳児神話には、少なくとも合理的な根拠は認められない」と指摘し、育児休業明けの1歳から保育所を利用することへの抵抗も少なくなっている。それでも育児休業の取得が進まず、」
    とありましたので、「1998年版厚生白書」をgoogle検索してみました。

    http://www.chuohoki.co.jp/magazine/kou_tokusyu.htm
    ヒットしたのが、上のページ、
    中央法規出版のサイトの中の、「厚生労働省広報誌 月刊「厚生労働」過去の特集」です。

    私が見たところ、この号のバックナンバーは売り切れ(?)ているようですが、
    もっと上手く探したら、どこか手に入るサイトが見つかるかも知れませんね。

    お役に立ちましたら幸いです。
    http://www.jri.co.jp/JRR/2003/06/op-maternity.html
  • id:kawakami18
    Re:[google:三歳児神話 キャリア 女性 母親]で検索したところ

    お返事が遅くなってすみません。出典の根拠は、ここですね。
    機会があれば「月刊厚生労働」のBNを取り寄せて読んでみたいと思います。
  • id:rakkasei
    Re(2):[google:三歳児神話 キャリア 女性 母親]で検索したところ

    お役に立てたみたいで、よかったです。

    私にとっても興味ある分野で、kawakami18様のご質問のお陰で、新しい知識を身につけることができました。

    ありがとうございました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません