小学1年生の健診時に、ツベルクリン反応が強陽性になった場合、法律では、精密検査を受けることになっています。

そして、精密検査によって結核への感染が認められなかった場合、この児童が法的にどうなるのかを教えてください。
具体的には、
1)翌年もツベルクリン検査をする必要があるのか?
2)ツベルクリン陽性になるまで毎年検査を受けるのか?
3)この児童はとりあえず、保菌の可能性があるとして、保健所などに登録されるのか?

です。さっきから探しているのですが、自分では回答がみつけられず、質問します。よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/05/30 15:47:06
  • 終了:--

回答(3件)

id:ohsamucosamu No.1

ohsamucosamu回答回数44ベストアンサー獲得回数02004/05/30 16:33:57

ポイント20pt

私の子供が生まれてすぐの健診で強陽性で結核に感染しているとのことで家族全員検査し、

また本人は薬の名前は忘れましたが毎日半年間のみ続けました。レントゲンの結果肺が石灰化になったことを確認して治療が完了しました。

私の子供の場合、乳児だったので翌年もツベルクリン検査を実施はしていません。

小学校へ入学してからは毎年検査をしていました。

保健所に登録されたかどうか知りませんが、家族からは申請も登録もしていません。

思い出しましたが、治療するときに役所に申請した記憶があります。それを申請すると治療費が全額免除されたような記憶があります。完治したことは医者から役所に通知がされているのか知りませんが完治の申告をした記憶はありません。

小学校、中学校、高校、大学と入学をするときの健康診断で必ず精密検査を受診するように言われ再発していないかチェックされていたように思います。

その息子も今では元気に社会人になってバリバリ仕事をしています。

id:nanota

ご経験をありがとうございます。息子さん、お元気になられてよかったですね。

2004/05/30 16:59:44
id:hirohiro3 No.2

くまさん回答回数800ベストアンサー獲得回数152004/05/30 16:36:13

ポイント10pt

http://www.jatahq.org/book/SENMON.HTM

結核予防会出版案内:ツベルクリン・BCG冊子

ツベルクリン・BCG冊子があります。取り寄せてみてはいかがですか。

id:nanota

ありがとうございます。しかし大変急いで探しているため質問を掲載しました。

2004/05/30 17:00:53
id:Calera No.3

Calera回答回数67ベストアンサー獲得回数02004/05/30 17:31:37

ポイント35pt

1)についてですが、すでにツベルクリン反応が陽性になっているため、ツベルクリン反応をする必要は無いと判断されます。

(体内に結核菌が存在していることは明らかなので)

2)この例であれば、ツベルクリン反応はすでに強陽性なので、検査をする必要はありません。

現行の規定では、ツベルクリン反応が陰性であれば、BCG接種を行い、再チェックを行っております。

一応、陰性者なら、毎年と言うことになると思います。

3)は上記結核予防法(22条あたり)によると、結核登録票で登録される人は、結核患者だけのようです。

可能性がある人は登録されないと思います。

ただし、他の家族などが結核を発病していた場合には、登録されて?定期的な検査の指示があります。

ツベルクリン反応強陽性は必ず結核を発病しているというマーカーではないので、精密検査をされて特に問題が無いなら、基本的には心配しなくても・・・と思います。

(でも、半年後と1年後くらいには胸のレントゲンなどをチェックされた方が良いとは思います)

なお、こちらの記事が正しいなら、予防法が改正されるとツベルクリン反応が廃止される可能性があるようです。

(乳幼児全員にBCG接種をするそうです)

きちんと法律に基づいてと言うわけではないのですが・・・いかがでしょうか?

id:nanota

大変詳細にありがとうございました。子供が強陽性なのではなく、仕事の関係で調べていました。ご心配までいただいてしまいまして恐縮です。重ねてありがとうございました。

2004/05/30 20:04:10
  • id:paffpaff
    小学1年生のツ反は廃止されてます

    今年からだと思いますが
    小学1年生でツ反はやりません
    問診表に記入するだけとなっていると思います
  • id:paffpaff
    Re:小学1年生のツ反は廃止されてます

    今年からではなく、平成15年から廃止でした
    http://www.pref.okayama.jp/okayama/fukushi/hokenka/bcg_haishi.htm

    ツベルクリンではなく問診表で判断して必要であれば精密検査になります
  • id:nanota
    ありがとうございます

    ありがとうございます。私も廃止後の条文にたどり着きました。
    たしかに廃止されているようですね。
    今回、調べたかった内容は、廃止前の法律に基づく事例についてでもありましたので、上記の回答がちょうど参考になりました。
    終了後にもご丁寧にご指摘をありがとうございました。
  • id:paffpaff
    Re:ありがとうございます

    学校でのツ反廃止についてはご存知だろうと思ったのですが質問文からちょっと判断がつかなかったので
    (管理者側か、保護者側か)

    他の方がご覧になるかも?と思っていわしに書きました

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません