竜のたくさん(最低10匹以上)書かれている絵画を探しています。日本人画家限定でお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/06/02 02:04:54
  • 終了:--

回答(3件)

id:sougetsu No.2

sougetsu回答回数519ベストアンサー獲得回数152004/06/03 00:24:45

ポイント15pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0764312014/qid=10861888...

Amazon.co.jp: Bushido: Legacies of the Japanese Tattoo: 洋書: Takahiro Kitamura,Katie M. Kitamura

この本の中に出てくる羽のある九頭の龍の墨絵が、私のお薦め作品です。(10匹以上でなくてすみません)

洋書ですが、取上げられているのは日本の大御所彫師さんです。

日本の彫師さんが描く龍の絵の量は半端ではないので、かなり熟達した見事なものを数多く見かけます。

山口晃なんかが、近代的ビルに龍をあしらった絵を描いているかと思ったのですが、ちょっと見つかりませんでした。(もしかすると昔書いていたかもしれません)

「主な個展」の下のリストをクリックするといくつか展示作品を見ることができます。

お好みに合うかもしれないので、参考まで。

id:hakuron

有難うございます。

今年?かな、シム・シメール展があったときに、日本人画家の絵画も一緒に展示されていて、竜の絵画があり心引かれたのですが、35万で高かったから手が出せなかったんですが、どうしてもあきらめきれず、さがしています。画家の名前を忘れたけど、絵の印象は鮮明に覚えています。

その画家は、「ふくろう(みたいな、画家の空想で書かれている)」や木・果物などを一緒に書くのが、特徴と説明を受けた記憶があります。

2004/06/03 00:36:46
id:reply No.3

reply回答回数787ベストアンサー獲得回数02004/06/03 22:55:03

ポイント39pt

作家名 内尾和正

作品名 朧宮の風

制作年 2004年

技法 ジークレー

イメージサイズ 縦67.0cm × 横47.0cm

シム・シメールの作品を扱っているサイトを片っ端から探して、なんとなくはじめの説明に近い絵があったので、紹介します。

間違っていたら、ポイント返しますので、申告してください。

会場と時期が分かれば、展示者が分かりますので、展示場に問い合わせるのも早道かもしれません。

id:hakuron

有難うございます。この作品です。

やっと購入することが出来ます。

2004/06/03 23:36:32

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません