ある男性(彼の家系は近親間の結婚を繰り返していて、彼も兄と妹による子供)は見知らぬ女性との間に次々に子供を産ませたいという衝動、願望(実際に産ませてもいた)を持っていました。このことを「本能」以外で医学的、精神病学的などで説明できないでしょうか?

詳細な納得のいく説明を御教授いただいた方には300ポイント〜お礼させていただきます。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/06/11 11:38:47
  • 終了:--

回答(10件)

id:wise10 No.1

wise10回答回数71ベストアンサー獲得回数12004/06/11 12:45:59

ポイント30pt

http://www.macromedia.com/jp/software/studio/

Adobe - Adobe Creative Suite 3 Webエディション

(URLダミーです)

いくつかの角度から見ることが出来ると思いますが医学的には近親婚では奇形児が生まれる可能性が高いといわれていますね。

精神的なことをメインにとりあげますと

1.彼の親も近親婚だった現状のへ精神を病んでいる状態での反動(見知らぬ女性に、というところがキーワード)。

2.レイプ犯に習う心理状態(性的欲求が満たされないための犯罪ではなく力の誇示が動機、繰り返し行なう)

3.反動を抱きつつも家長としての父に大きな影響を受けている(家父長制文化における男性的セクシュアリティは、支配、暴力、征服、所有の究極的な形である)

以上が複雑にからみあい、相反する要素が微妙にゆがみながら「衝動」と「反動」を繰り返しているのだと考えます。

id:tengen

精神を病んでいる状態での反動というのは?3はなぜ大きな影響を受けるのかがいまいちわかりません…。ありがとうございました。

2004/06/11 17:42:09
id:madpoet No.2

madpoet回答回数292ベストアンサー獲得回数12004/06/11 14:37:06

ポイント13pt

URLはダミーです。

本能以外で解説して欲しいと仰られると、難しい問題ですね。男として、多くの女性とエッチしたい気持ちは良く分かりますが。。。

不特定の女性を妊娠させると言う願望ですが、これは征服欲と破壊願望を満たしたいのではないかと想像します。子を産むと言う行為は女性の一生を左右するイベントです。子を産ませると言う行為でその人の一生までも奪ってしまいたいのではないでしょうか?

あまり参考にならずに申し訳ありません。

id:tengen

なにかこのような衝動の医学的病名はないのでしょうかね…。ありがとうございます。

2004/06/11 17:43:29
id:izyu No.3

izyu回答回数2ベストアンサー獲得回数02004/06/11 14:44:36

ポイント30pt

http://d.hatena.ne.jp/izyu/

Throws to a garbage can from office...

こういう話題が好きなので。。。

親近間での結婚への嫌悪感の裏返し。

はどうでしょうか?

彼が「親近間での結婚はタブー」という道徳が存在するコミュニティーに

所属している事が必須条件です。

その条件に一致しているのであれば、彼の出自は自身に対しての多大な

ストレスになります。

無意識的な選択か、意識的な選択なのか、自らその悪因を絶つ事でストレス

を発散させようとしているとは考えられないでしょうか?

また、病理で考えるならば、親近間で結婚を繰り返した結果、

変異が発生し性欲が肥大してしまったと考えることも可能かと。

親近間での婚姻の繰り返しによって、障害を持った子が生まれる可能性は

高くなります。

特に、知能面での障害が発生した場合、欲求を抑える機能が働きにくくなる

事が考えられます。

エジプトやローマの暴君、平安時代や江戸時代の残酷な君主を

イメージしもらえば良いかと。

(それぞれ、権力や財産の分散を防ぐ為に親近間での婚姻が多かった)

彼らの知能が低かったかどうかは不明ですが、感情を抑える・欲求を抑える

能力が格段に低かったのは間違いないかと。

この2つが絡み合った場合、「そのような事」は起こりえるのではないでしょうか?

・性欲の拡大。

・性欲が高い事を自我が認めることが出来ず、欲求をその行為の結果(=子供を作る)にすり替える。

・子作り(性欲)の対象は、嗜好により無作為に選択されるが、親近者との行為は避けざるを得ない。

専門用語無し、付け焼き刃ですが、こんな感じで。

id:tengen

上記、確かにそのようなことが予測されるのですが、具体的な専門用語での説明がほしいです…すみません。御丁寧な御回答ありがとうございます。

2004/06/11 17:48:21
id:bean No.4

bean回答回数126ベストアンサー獲得回数02004/06/11 22:07:11

ポイント13pt

以前、tengenさんが質問されていた利己的遺伝子では説明がつかないのでしょうか?

id:tengen

しつこくてすみません。利己的遺伝子はあくまで仮説なので…。医学的な根拠がないものかと模索しております。御丁寧にありがとうございます!

2004/06/11 22:27:47
id:jo_30 No.5

jo_30回答回数655ベストアンサー獲得回数532004/06/11 23:04:23

ポイント30pt

http://www.hatena.ne.jp/1086921527#

ある男性(彼の家系は近親間の結婚を繰り返していて、彼も兄と妹による子供)は見知らぬ女性との間に次々に子供を産ませたいという衝動、願望(実際に産ませてもいた)を持.. - 人力検索はてな

表記の行動の「病的」な側面は、

1)見知らぬ女性との間、にこだわっている?らしい点

2)一人でなく次々と繰り返す点

そして、その理由?としてあげられているのが

3)近親婚を繰り返した家系

です。特に(2)から、彼がこの行為に非常に偏執的なこだわりをみせていることが伺われます。(1)が異常かどうかは判断が分かれる所ですが、(2)の「次々と」の条件を満たすためには特定の相手に絞り込むことが難しくなってしまうからではないかと想像されます。

(3)の近親婚が実際問題としてどの程度危険かはさておくとして、彼の中ではある種の抑圧として働いていたことは想像されます。

おそらくこれは、「精神病」というほど大げさな物ではなく、要するに「自分が正常である(正常な子孫を残す能力がある)ことを常に確認していたい」という一種の恐怖感からくる行動ではないかと推察されます。

id:tengen

推察では…。ありがとうございます。

2004/06/12 09:39:01
id:wise10 No.6

wise10回答回数71ベストアンサー獲得回数12004/06/11 23:40:43

ポイント30pt

一番上の回答者です。

わからないというところに補足説明をします(ただの補足ですのでポイントは除外してください)

>精神を病んでいる状態での反動というのは?

まっとうな精神で「そうはなりたくない」と思うのであれば近親婚だけを回避して、正当な配偶者と結ばれ家庭を築くでしょう。

病む、というのはそうはなりたくないと思いつつも、衝動に駆られて通常では考えられない行動をとる方法に行動を転換してしまうということです(簡単にいうと「おおげさに反動している」とでもいうべきでしょうか)。

>なぜ大きな影響を受けるのかがいまいちわかりません…。

それは「教育心理学」の分野になるかと思います。tengenさんは自分で父親の影響を受けていると思いますか?

無自覚でも人は親の影響を受けるものです。

特に男性は父親の影響が大きいとされています(最近の日本は男女の役割に変化が出たので微妙に変わってきているらしいですが)。

良しにつけ悪きにつけ、彼も「嫌だと思っている親からも知らずに色濃く親に似た傾向を持っている」ということです。

結局はじめの疑問と共通するのですが、反動は近親婚への嫌悪・忌避、影響というのは父親の支配欲や征服欲(近親婚をするほどの血脈へのこだわり、またそれを承知させる周りへの支配力)の継承、といったところでしょうか。

この問題は彼だけでなく親の性格や背景なども考慮して考えなければ追求できない問題だと思います。

URLは教育論について…というには参考程度ですが、教育心理学の書籍には父の影響力についてかならず扱われています。

id:tengen

教育心理学の分野ですか。調べてみます!御丁寧にありがとうございます。心より感謝しております。

2004/06/12 09:42:07
id:hashi-tomo No.7

hashi-tomo回答回数5ベストアンサー獲得回数02004/06/12 05:26:28

ポイント13pt

http://homepage3.nifty.com/bansoukou/ac4.htm

4、アディクションと共依存

僕は、臨床心理の専門家ではないので、稚拙な答えになると思いますが、参考になれば幸いです。

アダルトチルドレンは薬物依存や、ギャンブルへの依存、宗教への依存等々の、嗜癖(アディクション)を症状として持つことがあるそうです。その嗜癖の中には、性的なことや、性的な関係へ異常なこだわりをもつケースがあるようです。

アダルトチルドレンは、アルコール依存者がいる家庭に生じやすいとのことですが、なんらかの抑圧のある家庭や機能不全におちいった家庭でも、子どもはアダルトチルドレン的傾向を持つようです。彼が、特殊な家庭に育ったことで(または、特殊な家庭であることを気にしたことで)、そのような嗜癖をもったとは考えられないでしょうか。(もっともアダルトチルドレンをめぐる最近の言説がどういうふうになってるのか、私は知りません。また、アダルトチルドレンという語がどれぐらい精神医学的に正確かもわかりません。)

個人的な感想ですが、彼は女の人が好きなのではないでしょう。すきだったら、大切にするはずです。彼にとって、不特定多数の女性と関係を持つのは、女性一般に対する軽蔑かもしれません。女性嫌悪(ミソジニー)と性的に「犯す」ことが結びついている可能性はあります。その場合、彼と母親の関係が重要な参照項となるでしょう。 

手元にある緒方明『アダルトチルドレンと共依存』(1996年 古い!)を参照にしました。中央法規出版から吉岡 隆(編)『性依存―その理解と回復』という本が出ているようです。

性依存、嗜癖(アディクション)、共依存などをキーワードに探されたらいいのではないでしょうか? (よみづらい文章でごめんなさい…)

id:tengen

なるほど!女の人が嫌いという視点は気付きませんでした。参考にさせていただきます。ありがとうございました。

2004/06/12 09:44:18
id:kichyo No.8

kichyo回答回数13ベストアンサー獲得回数02004/06/12 16:09:28

ポイント30pt

http://member.nifty.ne.jp/windyfield/paraphilia.html

@nifty:@homepage:移転のお知らせ

彼がご両親の関係をどの程度ご存じなのか、

また、ご両親が兄妹であることを彼がよくご存じなら、

その事実をどのような形で知ることになったのかを知りたいところです。

兄妹での性的な関係を汚らわしい、受け入れ難いと認識(意識化)

することは、自分の親を否定することでもあります。

けれども彼は、愛すべき自分の親を心から否定することは

できないのではないでしょうか。

彼は女性を汚すことによって、無意識的に、受け入れ難いものを

相手の女性に担わせているとも考えられます。この場合、

見知らぬ女性を対象とするのは、自分自身が汚らわしくなることはできないので、

衝動は知人や身内には向かないのかもしれません。

虐待をされた子どもが、親になったときに自分の子どもに

虐待をしてしまう、というのと似ているようにも思います。

汚らわしい関係から生まれた自分を、彼が受け入れられないとすれば、

その役割を別の人格、もしくは他者に委ねる必要があります。

少し無理があるかもしれませんが、専門的な用語を使うなら、

解離傾向があると言えます。また、メインの症状は特定不能の性嗜好異常

であると考えられます。

すっきりとした説明ができなくて申し訳ないです。

id:tengen

強姦ではなく、子供を産ませるという行為に執着することも女性を汚すということになるのでしょうか?ありがとうございます。

2004/06/12 18:19:49
id:neoarcheologist No.9

neoarcheologist回答回数776ベストアンサー獲得回数02004/06/12 16:44:43

ポイント13pt

http://www.netman2.com/scr/xml2html/4588003755.html

内容紹介:エディプスの謎―近親相姦回避のメカニズム〈上〉

近親相姦回避のメカニズム、です。

近親相姦で奇形になる、とかよくいわれますが、実は正当な根拠はないようなのです。あっても、疑似科学的です。なので、近親相姦を回避する衝動を医学的に説明しようとしても、それも難しいのです。人類学や文化論的な本の方が役に立つと思いますので、上の本を参考にしてください。

id:tengen

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

2004/06/12 18:20:25
id:kichyo No.10

kichyo回答回数13ベストアンサー獲得回数02004/06/12 21:22:26

ポイント30pt

URLはダミーです。

>強姦ではなく、子供を産ませるという行為に執着することも

>女性を汚すということになるのでしょうか?

確かにおっしゃる通りですね。「見知らぬ人」というので勝手に

強姦に近いものを想像していました。すみません。

女性の妊娠は彼にとって美しく清らかなるものかもしれません。

彼の無意識が「俺の精子で汚してやる」か「俺の精子できれいにしてやる」か。

彼の行為にはその両者が共に含まれ、象徴されているように思います。

そのアンビバレントさが病理の根本ではないでしょうか。

id:tengen

なるほど…御丁寧に御返事ありがとうございます!

2004/06/14 16:16:15

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません