「当サイトはリンクフリー」です

というのを英語で書きたいんですが。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/06/20 23:19:40
  • 終了:--

回答(1件)

id:knatt No.1

knatt回答回数231ベストアンサー獲得回数02004/06/20 23:22:32

ポイント40pt

単純に、”This site is link free.”で良いんじゃないでしょうか。

id:hinop

ですよね。

2004/06/20 23:22:47
  • id:sun-chan
    リンクフリーとは

    このサイトはリンクフリーです。。。そういう内容の表現を英語でこれ
    まで一度も見たことがなかったので、調べてみましたら、どうも
    link free は、和製英語のようです。

    アメリカでの話しですが、アメリカではもともと「リンクフリー」とい
    う概念、そして「リンクを規制する」という概念もないようです。
    下で紹介しているサイトでは、あえて言うなら
    「Please feel free to make links to my website.」と書くとあります。

    意味としては、「どうぞ気軽にリンク貼ってね」というものです。
    free はここでは無料とかいう意味ではなく、自由な、というほうの意味ですね。

    回答で紹介されているリンク先(グーグルの検索結果)も見てみました
    が、日系サイトが多いように感じました。違ったらごめんなさい。
    http://allabout.co.jp/computer/comicalsite/closeup/CU20021130A/
  • id:xnissy
    先を越されましたが

    同じようなことを書こうとしていました.
    ついでに下のリンク先(回答されているgoogleの検索結果の2番目)もお読みになるとよいのではないでしょうか.
    http://www.makikoitoh.com/archives/2004/02/08/link_free.php
  • id:knatt
    Re:先を越されましたが

    安易に回答してしまって申し訳ありません。
    リンク先読みましたが、非常に参考になりました。
    海外の国から見て、“this Japanese ”link free” phenomenon is quite quaint”と思われているのですね。
    もし質問者が海外の方向けのサイトを作ろうとしていらっしゃるのなら、私の回答は完全に誤りです。
    私たち日本人には、link-freeほどわかりやすい表現はないんですけどね(笑)
    今後、先走った回答をしないように気をつけます。
  • id:qwhr
    参考までに

    いわしにコメントしようとタラタラ調べてたら、もう訂正コメント付いてますね。せっかくなので参考までに。

    ■リンクフリー 【link free】(IT用語辞典 e-Words)
    http://e-words.jp/w/E383AAE383B3E382AFE38395E383AAE383BC.html
    > ちなみに、「リンクフリー」は和製英語なので、英語圏の人間には通じない(「リンクに許可が必要」という認識がこれほど広まっているのも、おそらく日本のインターネット文化に独特の習慣と思われる)。英語で「○○フリー」というのは「○○から自由な」つまり「○○のない」という意味(例えば、”sugar free” は「砂糖抜き」)なので、”link free site” を素直に解釈すると「リンクのないサイト」つまり「どこにもリンクしていないサイト」もしくは「どこからもリンクされていないサイト」というくらいの意味になる。

    ■「リンクフリー」と言う日本語(World Wide Walker)
    http://yoosee.net/d/archives/2004/02/07/002.html

    文法的にはこちらが参考になるかと。

    ■Glossary of Japanese Eng”r”ish(はなごよみ)
    > link-free ”Feel free to link”. Many web sites in Japan claim that they are ”link-free” sites, but the meaning is quite opposite. They really mean that they want you to feel free to link their sites - not complaining of the link nor making pages with no links! :)

    ■英語フレーズ集(English Cafe)
    http://english-cafe.net/english/back_number/japanese_english.htm
    > 日本人が使う「リンクフリー」に対応する英語は、以下のようになります。
    > ------------------------------------------------------------
    > ”Feel free to link to my page.”
    > 「私のウェブページへのリンクはご自由にどうぞ。」
    > ------------------------------------------------------------
    > feel free 〜 は「ご遠慮なく〜して下さい。ご自由に〜して下さい。」という意味です。
    >
    > もっと丁寧に言うならば
    > ------------------------------------------------------------
    > ”Please feel free to link your page to my page.”
    > ------------------------------------------------------------
    > となります。

    ■『こんにちわ』撲滅委員会
    http://park15.wakwak.com/~o0o0o0o0/bokumetsu/

    > リンクの許可云々を述べてあるサイトは日本のサイトぐらいで、英語圏のものにはほとんどない。リンクフリー(Link Free)は和製英語である上に、習慣的にもおかしいのである。

    ■J-English within Internet(brogue)
    http://www.wiredope.com/blog/archives/000019.html
    > ”Link Free”ですが、「インターネットは情報を共有するネットワーク」という概念がある欧米ではそもそも”Link Free”にあたる言葉が一般的には存在しません。全くないかというとそういうわけでもなく、最近ではあまり見かけなくなりましたが”Feel Free to Link Me”(日本で言うLink Freeと同じ意味)などと表記してある英語圏のサイトもあるにはありますが。

    質問者の方が日本人向けサイトへの記述を想定しているなら(日本人に通じる)「リンクフリー」で構わないし、英語圏相手ならそもそも「リンクはご自由に」と謳う必然性自体ないようです。
  • id:coxcomb
    Re:リンクフリーとは

    >アメリカでの話しですが、アメリカではもともと「リンクフリー」とい
    >う概念、そして「リンクを規制する」という概念もないようです。

    確かに国によって対応が違いますよね。
    中には米国企業であっても
    「Linkをするのは基本的に自由ではあるが、e-mailにて連絡をするように」
    っていうところもあって、困ってしまいます。

    よくよく突き詰めていくと、はてなって大丈夫かな?って思ってしまうので、なるべく深くは考えないようにしていますが。


    ちなみに私が使っているのは、
    >このサイトへのリンクに許可は不要です。
    >You don’t need permission to link to this site.
    という表現です。


    私もブックマークに入っているサイトの「Terms of use」を探し回った末に、この一文を見つけました。
    Link freeだと、tax free、caffein freeのように、「〜の影響下にない」(?)という意味になってしまいます。(多分)

    同じように悩んだ人が見つかってちょっと嬉しかったです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません