近代より前の、船にエンジンがついていなかった時代は、川舟はどうやって川を上流に向かってさかのぼったのでしょうか。

ヨーロッパなどの緩やかな流れだったら、櫓やオールや、帆でどうにかなったのかもしれませんが、日本の川でそういうところは少なそうに思います。
また、縄で引っ張るにしても、どうやってやったのか。また現在の川にそういった河岸道路のような遺構があるものなのでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/06/23 17:31:43
  • 終了:--

回答(10件)

id:ponta_3rd No.1

ponta3rd回答回数196ベストアンサー獲得回数02004/06/23 17:37:23

ポイント15pt

一例ですが、帆をはって上流したか、縄で。

と記載されています。

id:takeuchi_k

なるほど。中流から上は縄ですかね。

2004/06/25 11:27:25
id:yulu No.2

しましま回答回数31ベストアンサー獲得回数02004/06/23 17:39:16

ポイント15pt

http://www.kunaicho.go.jp/koutaishi/kouen-h15.html

第3回世界水フォ−ラム開会式における皇太子殿下記念講演

「船が航行する場合,下流に向かう場合は問題がありませんが,遡る場合は,人が集団で綱で船を引いたことが記録に残っています。中世のヨーロッパですと,川を航行する船は綱をつけて馬で引き,そのためのフットパスと呼ばれる道も川の両側に整備されていたようですが,日本の中世では,私の知る限り馬で川船を引いた例は見あたりません。 」だそうです。歴史学者でもある皇太子の話ですから、それなりの裏付けあるのでしょう。

加えて私見では、河口近くでは潮の満ち引きなどを利用できたのではないかと思います。

id:takeuchi_k

なるほど。この中でもフットパスについて触れられていますが、今の淀川を見るに、綱を引っ張るには適さないように思えます。どうしていたのでしょう。

2004/06/25 11:32:19
id:actual No.3

actual回答回数610ベストアンサー獲得回数12004/06/23 17:45:45

ポイント15pt

棹で進んだんですよ

id:takeuchi_k

下流や湖沼はそうでしょうね。

2004/06/25 11:34:02
id:lobelia No.4

lobelia回答回数600ベストアンサー獲得回数12004/06/23 17:46:16

ポイント15pt

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/about/shisetsu/library/referen...

博物館<施設のご案内><図書室-レファレンス事例集平成15年度版>

江戸時代の舟運で使用した小舟を上流に移動させるには、どのような手段をとったのか

舟運で使った小舟は、河川の遡航に適した細長い船型の喫水の浅い船で、高瀬舟とよばれています。図録『富士川の舟運 第34回企画展』(富士市立博物館・M54/FU-4/11)には、富士川の舟運についての資料と詳しい解説があります。同書によると、川をさかのぼるのには、舳先に綱をつないだ舟を川岸を歩く船頭が曳くという方法をとり、下りの場合一日あれば到着するところでも、上りでは四日もかかった場所もあったようです。舟の曳き方は、一人が押上竿で舟を押し、残りが舳先につないだ綱を胸にかけて前かがみに曳きました。綱は肩に斜めにかけるのではなく、舟の重みで後に引っ張られたときにすぐ脱げるように、輪にして首から胸にかけていました。船頭は、舟を渾身の力をこめて曳けるように、アシナカ(足半)と呼ばれるかかとのない草履を履きました。また、

id:takeuchi_k

なるほど。具体的ですね。

2004/06/25 11:35:15
id:honkaku No.5

ほんかく回答回数201ベストアンサー獲得回数12004/06/23 17:48:33

ポイント15pt

「ところで、川を下った船はどうやって上流の出発点へ戻るのでしょうか。実は、国道9号線では毎日大型トラックに載せられて亀岡方面へと運ばれる船の姿を見ることができます。トラックのない時代は川沿いの道を船頭が船を引っ張って走り、川を上らせたとのこと。」

「上りは川の流れに逆らって進むため、「曳き船」といって、川岸から船を引いていました。」

舟を引くときは「曳く」という漢字を使いますが、ずばりの地名が都内にありますね。

舟を曵いている浮世絵があります。

一人で一艘を曵くんですね。

「川の両側の土手から、人が綱で水上の舟を曳いて通った」そうです

id:takeuchi_k

ありがとうございます。画像があるといいですね。

2004/06/25 11:38:13
id:zabuza No.6

zabuza回答回数36ベストアンサー獲得回数02004/06/23 17:56:37

ポイント15pt

http://www.hatena.ne.jp/list?op=1&so=0&st=t&c=#

人力検索はてな - 質問一覧

オールでは?

id:takeuchi_k

どうも違うみたいです。

2004/06/25 11:38:33
id:shishi No.7

shishi回答回数59ベストアンサー獲得回数02004/06/23 18:36:47

ポイント15pt

http://www.nime.ac.jp/~saga/images/yodoriv2.html

淀川両岸一覧(2), Banks of the Yodo River

上りの船も下りの船も船頭の竿で進んでいます。

id:takeuchi_k

淀川の淀〜大阪間でも流れは一定でないので、竿で進めるところは竿で進み、流れの急なところでは曳いたのかもしれませんね。

2004/06/25 11:39:41
id:tarohbin No.8

tarohbin回答回数108ベストアンサー獲得回数02004/06/23 21:17:39

ポイント15pt

馬に曳かせたのでは?

id:takeuchi_k

ヨーロッパではそうしていたようです。

2004/06/25 11:40:01
id:fkdhaz No.9

fkdhaz回答回数19ベストアンサー獲得回数02004/06/23 22:35:29

ポイント15pt

一つ。イギリスのナローートは、汽車の線路が引かれる前に、交通の経路として施設され、その動力は両側を歩く馬でした。

id:takeuchi_k

ありがとうございます。

2004/06/25 11:40:18
id:akiaki9 No.10

akiaki9回答回数12ベストアンサー獲得回数02004/06/24 22:49:01

ポイント15pt

「また港で荷物を積み替えて川を上るときは、ツナヒキ船頭と呼ばれる人たちが、川岸から船を網で上流まで引き上げていました」

ということらしいです。

id:takeuchi_k

ありがとうございます。

2004/06/25 11:41:27

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません