機械の取扱い説明書ってどうやって作ればいいのでしょうか?何から進めていけばいいのかという手順と、それらを作ってくれるアウトソーシング先などを教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/06/29 10:58:17
  • 終了:--

回答(9件)

id:reply No.1

reply回答回数787ベストアンサー獲得回数02004/06/29 11:05:25

ポイント14pt

http://www.abss.co.jp/BookInfo.htm

取扱説明書の作成テクニック

こちらの本が参考になりそうです。

http://www.abss.co.jp/PL-2.htm

取扱説明書サービス一覧

こういったサービスをされているそうです。

では。

id:lobelia No.2

lobelia回答回数600ベストアンサー獲得回数12004/06/29 11:16:18

ポイント14pt

デザイン基礎研究所

トップページには書いてませんが

ここも取説作成のアウトソーシング先として

利用できるようです

id:paxil No.3

paxil回答回数375ベストアンサー獲得回数22004/06/29 11:18:55

ポイント14pt

お持ちの説明書を真似して自分で作るか、

http://www.abss.co.jp/BookCont.htm

アシーナ・ビジネス・サポート

あとはこんなところでしょうか?

id:kanetetu No.4

kanetetu回答回数2199ベストアンサー獲得回数112004/06/29 11:41:48

ポイント13pt

アウトソーシング先にはこんなところや

印刷会社兼編集があります。

大切なのは対象地域です。

海外製品ならPL法、国内ならISOなどを

どのようにするのかを検討してから

作成されるのがいいと思います。

海外に出荷されるのであればPL法をしっかり

理解していないと賠償責任問題になったときに大変ですよ。

id:mina_blue No.5

mina_blue回答回数14ベストアンサー獲得回数02004/06/29 12:22:14

ポイント13pt

どのような機械か、特に、誰が使うのか、によって取説の内容は大きく変わると思います。単語の選定、説明のレベル設定等が、そこで決まります。

マニュアルは、わかりやすさ、特に、「ある動作をするために、どのような順序で進めるか」が、どの程度具体的に示されるか、にかかっていると思います。

私の場合だと、取説の作成は、次のような流れで進めます。

私が書いたことがあるのは、ソフトウエア関連のものですが、概ね同じ流れになると思います。

1.テンプレート代わりになるマニュアルを探します。その際、「参考となる」、「自分でも使いたくなる」マニュアルを探すのがポイントです。

2.単語、動作等を自分の製品に置き変えて行く。この際、専門用語の使用は、顧客サイドで理解できる範囲にとどめます。また、特定の部位を指す単語については、図示したほうが、わかりやすくなります。

説明のみでわかりにくい場合、具体例を示すのも良いでしょう。物の名前が出てくるだけでも、イメージがわきやすくなります。

3.時間があれば、作成したマニュアルを見ながら、記載された手順に従い、一連の動作が正常に完了するかチェックします。

また、想定したすべてのパターンが網羅されているか、チェックします。(前進は記述したが、後進がもれた、など、「反対方向」ものは忘れがちです。)

5.各種規格に準拠しているか、チェックを入れます。この工程は、本文の記述中にも行うのですが、修正作業中にチェックもれすることがあるので、最終段階でも、もう一度チェックしたほうが良いです。

6.できれば、対象製品に触れたことがない方に、マニュアルを渡し、一連の動作を行ってもらいます。その際、安全のため、対象製品の操作に習熟した方を近くに配置してください。(その方が、操作について助言した場合は、その内容をメモし、マニュアルに反映させましょう。)

こんなところでしょうか。

作り手の側は、「分かっている部分」が、実際の使用者よりも多いので、「省略」を多用しがちになります。この点に注意されると良いと思います。

以上、長文になりましたが、ご参考まで。

id:finalvent No.6

finalvent回答回数321ベストアンサー獲得回数12004/06/29 12:22:55

ポイント13pt

MILスペックを重視すること。あるいは、それが理解できるアウトソーシングを検討すること。

宣伝になってはいけないのけど、一例だけ。

http://www.dom-frontier.com/

株式会社ディー・オー・エム フロンティア|ISO、ISMS、プライバシーマーク(Pマーク)コンサルティング

id:tyamaneko No.7

tyamaneko回答回数10ベストアンサー獲得回数02004/06/29 15:24:15

ポイント13pt

http://www.yamanouchi-yri.com/index.htm

わかりやすいマニュアル作成のために実践テクニカルライティングセミナー

ここなど参考になるのでは。

id:k318 No.8

k318回答回数2622ベストアンサー獲得回数22004/06/29 19:50:40

ポイント11pt

機械説明書の参考事例の図があります。

id:kucci No.9

kucci回答回数135ベストアンサー獲得回数12004/06/30 01:21:11

ポイント15pt

取扱説明書を作成するための国際規格があります。IEC(国際電気標準会議)作成なので電気電子分野と考えがちですが、実際にはISOも関与しており、機械の取扱説明書作成にも対応しています。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません